ブログ

カテゴリー "真中朋久"

あちこち豪雨がつづく。風も強い。
避難が必要になる場面もあるかもしれません。気を付けてお過ごしください。

風も強いので、停電とか、それに伴う断水とか。

   *

とりあえず、安全な場所で古い書物などをぱらぱらめくる(でもないのだが、目を通すべきものに目を通したり)。

なんだこれは……と、笑いつつ、しみじみ味わう。こういうこと、あったなあ。

   うんこの賦          中河幹子
みどり兒の便(つうじ)よろしくこの日ごろ母はうれひのなきこゝちすれ
消化よき黄なるうんこの美しさ言わかぬ子にほめてきかしつ
みどり子を抱きあるきつつうれしけれさはやけき夏のあしたの庭を

歌集には収録されていない。掲載は「主婦の友」(昭和4年8月号)であるらしい。
「言(こと)わかぬ」は〈言葉を理解しない〉ということだろう。

ちゃんと出るものが出るのはよいことだ。大人もいろいろ悩む。
 
ところで、『中河幹子全歌集』の年譜を見ていたら、昭和5年にこんなくだりがあった。

七月、赤坂山王下「幸楽」で白秋会出席。近くに家を借り「ごぎやう託児所」を設ける、女性が時間を得るためなり。十四日「家庭婦人と短歌」と題してラジオ放送す。

「ごぎやう」は作者が所属していた短歌の雑誌。

かつてうちの子どもたちがちいさかったころ、全国大会に託児室をつくって、子連れで参加しやすくしようとしたことがある。その後、長く続いたが、子ども連れで参加しようという人が少なくなって、ちょっと中断の状態だったか。去年も今年も全国大会そのものを断念。集まることができていない。
短歌会の託児所というのは「塔」が初めてのことじゃないか!?などと思っていたが、そうでもなかった。常設?というのもぜんぜんレベルが違う。

もっとも「ごぎやう託児所」は歌人のためというよりは、社会活動に近い様子。ではあるが、たぶん上記掲出歌に登場する子を抱えて、自身の文業と両立させるためというものあっただろうか。
当時のことを思えば、女中さんに子守をまかせるというほうが一般的だっただろうけれど、そうではなく(おそらくかなりの私費を投じて)「託児所」を開設したわけだ。

翌年昭和6年の作品。「ごぎやう」掲載のはず。

託兒所に子らがたのしくうたふ聲わか仕事する部屋にきこえ來

90年ほど前のことである。

雨になるだろうという朝。
クマゼミの声に雨?と思ったらまだ降り出していなかった。

が、ほどなくして降り出す。音を立てて降っている。

ト音記号を最後に書きしはいつなりしか広げし白紙に雨音ひびく/河野裕子『体力』

雨音は、概ねト音記号の音域。
雷鳴は、とくに遠雷はヘ音記号であらわすような低音域か。

8月12日は河野裕子さんの命日だ。

朝のうち、近所をひとまわりしてくる。

泳いでいるのは、おまえは、スッポンか。
やや長い鼻というか口さきというかを水面から出している。目も出ている。

別ショットをクローズアップ。

あまり楽しそうな顔はしていない。
が、それを見つける側の人間はちょっと楽しい。

汽水湖につながる濠のよろこびよスッポンの首、鱸の魚影/藤原勇次『草色の手帳』

ここは淀川下流の汽水域には、まだだいぶ距離があるが、いろいろ生物がいて面白い。

くだんのスッポンは、直前にナマズとぶつかりあっていた。
そういうこともあって機嫌が悪いのか。

スッポンの顔色というのもよくわからないが。

台風9号が近づいて、風が強まってきた。
みなさんお気をつけください。

近所の水田。住宅地の間に、いちまい、にまい という単位で残っている。
出穂までは、まだもうちょっとかかるだろうか。

日本の米栽培は、手間をかけて大切に育る。水の管理がそのひとつ。
稲が育ってきたら、水を抜いたり、また水を入れたりする。

いっとき水を抜いて、泥にひび割れなどもできていたが、先週はまた水が入った。
水が入って喜んでいるのは、このかたたち。
 

明け方から合唱している。

限りなき蛙の聲は暁にひとつ響きに迫るごとしも/高安国世『Vorfruhling』

この界隈にいるのは、ヌマガエルという種類であるらしい。小型のカエル。

田んぼが干上がっていた時期にどうしていたかというと、たとえばこんな感じ。
泥のひび割れの奥でじっとしている。
少しでも湿ったところに入って、水が戻るのを待っていたのだろう。

縦型の写真を貼るのは、以前はうまくいかなかったのだが、できるようなので貼ってみる。

わが家の鉢植えのタンポポ。
在来種系の群落が近所にあったので、そこから種をもらってきて育てている。
 
毎日見ていて気づくことがある。
そういうことは、当然知ってる人は知ってることなのだが

花を開く高さよりも、種=絮(わた)の毬は、ずっと高いところに掲げている。
考えてみれば、風の力で種を飛ばそうとすれば高いところが有利なのは当たり前のことだ。
 
花が咲いて、そのあとしばらく花茎は横に倒れて種の成熟を待つ。
種が成熟するころに、立ち上がってぐんぐん伸びる。

そうして絮を開くことになる。
 
ついでなので、クローズアップしてみる。

ひとつひとつの種の形は《棍棒》のようで、その表面は細かい皺というか襞が刻まれている。
おそらくこれ、地面に落ちたときに、少しでもそこに定着できるように、ひっかかりやすくなっているのだろう。
 
こういうものを、ここまでしげしげと見たことはなかった。

スマホのカメラで接写すると、肉眼で見過ごしていたことも、いろいろ見えてくる。
 
歌の題材になる?
 
細かすぎるといえば細かすぎるが、面白いと思ったら歌にしたらよいのだろう。
読者が面白がってくれなくてもいいのです。
 

以前にも書いたことだが、
在来種系のタンポポは自家受粉しない。
つまり、虫が花粉を運ばないと結実しない。

結実しなくても絮はできるが、弱弱しく、上の写真で見たようなしっかりした種はできない。
 
虫が来てくれると「ごくろうさん」と声をかけたくなる。
写真のこの方、おそらくヒラタアブのなかま。

虫が来なくても、人の手で花と花を引き寄せて受粉させたりすれば、そこそこの結実率になる。

今年もテレワーク/ステイホームの日々に、そんなことをやっている。

試歩のびて今日は来し草地タンポポの全円の穂絮かすか揺れ合う/田中栄『海峡の光』

さぎ山の樹々の秀の上に集う鷺ダイサギ・チュウサギ・コサギ・ゴイサギ/澤辺元一『燎火』

サギにはいろいろ。これはコサギ。

サギというと、川べりとか、水の中にじっと立って獲物を待っているものだと思っていた。
もちろん、コサギもそんな感じで、じっと水を見ていることもある。

だが、ああコサギがいる!と思って見ていると、結構忙しく歩き回っていることも少なくない。
すこし歩いて、黄色い足先(がコサギの特徴)を水の中でぷるぷるっと動かす。
またすこし歩いて、ぷるぷるっ。

泥の中を探っているようでもある。
 
詳しい人に聞くと、水底の泥を動かして、驚いて飛び出してくる虫や魚、小動物を捕まえるのだとか。

そういうのがコサギの漁法。

嘴の先で水面に波紋を起して、そこに寄ってくる魚をつかまえることもあるらしい。波紋漁法。

ゴイサギでもそういう漁法が観察されるという。

こちらはダイサギ。
足先が黄色くないことと嘴が黄色いことかがコサギとの違い(コサギは嘴が黒くて足が黄色)。
チュウサギとダイサギの区別は難しいが、目尻のあたりに違いがあるのだそうだ。
望遠で撮影して、あとで拡大しないとわからない。

チュウサギやダイサギはじっと待つ漁法。
アオサギもだいたいそんな感じ。

塒から出勤するみなさん。

この5羽はおそらく全部コサギだが、昨日の朝は、コサギ数羽とアオサギ1羽がいっしょに飛んでいた。

それから、この下は閲覧注意かもしれません。あしからず。

アオサギ。

 
大きな獲物をつかまえたはいいものの、もてあましているところ。

めざむればいたく搖れゐる電線と雀の聲とわが窓のへに/高安国世『眞實』

春のスズメはにぎやかだ。

そのへんの電柱の、枝木というか、桁というか、四角いパイプの中に出入りしているのをよく見かける。
電線と電柱、電柱と電柱で声をかけあっている。
電柱から出掛けて、しばしばペアで行動している。

そんなスズメを見て「かわいい」という印象をもつのが普通だが、近くで見るとなかなか。

だいたい、黒目がちな動物の目はかわいらしく見えるものだが、よく見るとちゃんと虹彩とか瞳孔とか。
ぎろり と睨んでくるのは猛禽類のような感じでもある。

スズメというと米粒とか草の実とかばかり食べているように思われてるところがあるが、繁殖期には動物性のものもよく食べる。

ひえびえしき日陰となれるクローバのゆたかなる中に雀下りたり/高安国世『Vorfruhling』

桜の花の蜜を(花ごとちぎって)舐めたり、春の草が生長する時期には草の芽をつまんで食べたりもする。
 
見ていると、なかなか楽しい。
(歌の題材にもなるかもしれない)

夕方です。
眠くなってきました。

おやすみなさい。

きょうの鴨川。
見慣れない水鳥がいる。
ときどき水に潜ったりしている。
 
家に帰って調べてみると、これはたぶん カワアイサ(川秋紗)の♀。
頭の毛=冠毛がふさふさしているが、♂はそうでもないらしい。

このあさけ水面に細き筋ひきて秋沙が飛べり水に触れつつ/落合けい子『じゃがいもの歌』

頭上には、こんなのとか

こんなのとか


 
にぎやか。

コロナ感染を警戒してなのか、寒さのためか、人間は少なめでした。

七草を入れたる粥のよろしさよ松の明けたるわが身を浄む/三井修『海泡石』

正月らしい正月でもなかったが、それでも節目ふしめを、それらしく。

ゆふかげの差しつつ寒き葭の間(ま)の水には群れて幾つ軽鴨/岡部文夫『晩冬』

カルガモが2羽。
もうすこしくっついたら温かいだろうと思うが、それぞれ。
顔を羽の中に入れている。

寒に入って寒々としている。
雪の多い地方はたいへんなことでしょう。
気をつけてお過ごしください。

ページトップへ