ブログ

カテゴリー "永田淳"

皆さんのお手許に毎月届く「塔」は京都市内の創栄図書印刷さんで印刷されています。1995年からですから創栄さんとは四半世紀を超えるお付き合い。所在地は二条高倉上ル、といういかにも京都らしい地名です。京都をご存知ない方にはピンとこないかもしれませんが、京都御所の南端から南へ500mほどです。入口はこんな感じ、先日ちょっとした野暮用で訪ねてきました。

本社社屋は5階建て、他に吉祥院(京都市内の南西の方)に工場があります。
手前の自転車は、父が乗らなくなったのを僕が乗っているもの。先日、2万円もかけてチェーンとギアを交換しました。買った方が安い、などと最近は言われますが…どうもその発想が嫌い。僕の事務所から創栄さんまでは賀茂川沿いを自転車で下って行って、20分ちょっと。話が逸れました。

入口を入ると、こんな版木がディスプレイされていたり、

本が出来上がるまでがイラストで紹介されたパネルや、書籍の各部の名称を教えてくれる楽しげなパネルが迎えてくれます。

昔はこんな看板を掲げておられたのでしょうか。いま、日本で活版印刷で書籍を組んでくれる印刷所さんは管見の限りでは知りません。

こちらは担当の吉田さん。数年前の「塔が出来るまで」以来のご出演(出演??)。
吉田さんが窓口となってくださり入稿や印刷のスケジュール、印刷・製本・発送の手配をして下さっています。(ちなみに後の台車に乗っているのは「塔」ではありません)

創栄図書さんの宣伝をしても、塔の会員にとっても、創栄さんにとってもあまりメリットはないかもしれませんが、たまにはこんなご紹介も。

創栄図書印刷HP
https://www.soei-pb.co.jp

創栄図書印刷Twitter
https://twitter.com/soei001

 

 

NHK学園で「聞いて感じる、万葉集~大伴旅人と山上憶良ー心の交友」というオンライン講座が開かれます。

講座では「大伴旅人と山上憶良ー心の交友」をテーマに、加賀美さんの読み、永田さんの読みで深まる奥深い万葉集の世界、とのことです。

お申し込み先は
●オンライン受講申込
https://coubic.com/ngaku-online/416049

●リアル教室受講申込
https://www.n-gaku.jp/lifelong-school/course/6796

ご興味のある方はお申し込みください。

6月7日に予定されていたNHK学園の伊香保短歌大会が中止となったそうです。予定されていた方々は残念でしょう。ところが、瓢箪から駒、とは正しくこのことで、なんと花山多佳子さんと穂村弘さんの対談が中継されて、全国どころか世界中から視聴出来ちゃいます。

まぁ、伊香保温泉に浸かれないのは仕方ないですが、これはチャンスです!
みなさん、聞き逃す勿れ!オンタイムじゃなくても、YouTubeで残るのかどうかは不明です。

折角なので、伊香保の歌を一首。

電車をみっつ乗り換えるたび君は起き、そして眠って伊香保への旅  上澄 眠『苺の心臓』

翌日は俳句大会もあって、こちらでは片山由美子さん、高柳克弘さんの対談があるそうです。

二度美味しいですね。

仕事場の前の大島桜がそろそろ満開となってきました。
この品種は染井吉野よりも開花が一週間から10日ほど遅いようで、僕は未だに桜を楽しめてます。まぁ、枝垂れ桜とか御衣黄とかもまだこれからでしょうけどね。

大島桜はその白さが素敵。ただ、なんで大島桜は白くって、染井吉野はピンクなんだろう、と去年まで漠然と思っていました。花弁自体は染井吉野も結構白いのに、なんで?と。で、今年になって初めて謎が解けたのです!

こちら大島桜。近寄ってもやはり清楚な白さ。

こちらが染井吉野。ピンクですね。

そうなんです、染井吉野は萼が赤みを帯びてるからそう見えるんですね。
ああ、なんて漫然と花を見てたのか、と愕然としました。大島桜の萼は緑色。

こうして細かく観察してみると、詠うことってまだまだありそうだ!とちょっと元気を貰った感じ。

速達の檄文とどく夕べにて飛花しろじろと峠こえゆく
馬場あき子『飛花抄』

うわぁ、ゾクゾクする歌ですねぇ。

昨日からの大雪で東北や北陸地方は車の立ち往生など起きているみたいですが、みなさんのお住まいの地域は大丈夫でしょうか?

私の住んでいる京都洛北、岩倉は古来「京都のチベット」と呼ばれ、雪深いことで知られていました。(古来って、いつの時代?)

ともあれ、山沿い(いや、正確には山中?)ですし標高も高いのでよく積もるのですが、昨シーズンはまったく雪も降らずでした。せっかく12月の初めにスタッドレスタイヤに交換したのに、という感じ。

ということで、久しぶりに雪を見たなぁ、と庭駆け回る犬よろしく、夜雪撮影に。これはこれで楽しいのです。

降りすぎる雪も困りものですが、やはり冬にはちゃんと寒くなってもらって雪も降らして貰わないと、色々と困ることが起きてくる。雪解け水が色んな場面で大事な役割を果たしていますしね。

けど去年は雪不足でスキー場は大変でしたが、今年はせっかく雪があってもお客さんあるのかな。そっちはそっちで心配。

今年もあと2週間!

 

降りはじめの空の暗さもゆつくりと雪は真白に染めてゆきたり  小林真代『ターフ』

本来なら、明後日には全国大会があって、皆さんとお会いする筈でした。
で、気付いたのですが、毎年この時期にブログ当番が回ってきます。これはもう天の配剤としか思えません。何がって?いや、僕の誕生日がくっついてくるからです。
あ、今日がその誕生日でもうあまり目出度くもありませんが、47歳になりました。

こんな公の場で誕生日を宣伝しても仕方ないのですが。

本来なら全国大会の準備に慌ただしくしているころだったんですけどね。年に一度のお習字もしませんでしたし、大会参加者の詠草を読むのもなくなりましたし。(こんな切羽詰まった直前にやってたの?というのは内緒の話)

大会がないと、なんだか夏を終わらせられないようなそんな気がするのは僕だけじゃないでしょうね。

で写真は相変わらず何の関係もありませんが、晩夏の光のなかで繰り広げられたドラマの一場面。油蝉の背後からハラビロカマキリが狙っています。

で次の瞬間がこちら

なんだかよく分かりませんよね。シャッタースピードが遅かったので、こんな残像になってしまいましたが、カマキリがアタックしたものの、見事に油蝉に逃げられところです。左下の赤くぼやけてるのが蟬、緑色がカマキリです。なんか一首になりそう。

あまりにも短歌と関係ないことばかりなので、せめて一首なりとも

帰り来る悔こそひとり蟷螂(かまきり)も机上の壺も夕暮の燐  『子午線の繭』 前登志夫

ただいま、8月19日の午後9時前ですが、塔の10代、20代のまだ特集に原稿を出していないみなさん、実はまだ間に合うのです!(え?言っちゃっていいの?)

ここだけの話(って、めっちゃオープンな場じゃないですか?)、まだ猶予があります。
今から7首かき集めて、ちゃちゃっと200字ぐらい何でもいいので、書いて出しましょう!

母が「なんでもいいから、日本語が並んでればよろし」と口癖のように言ってました。
事前に周到に用意して、推敲に推敲を重ねて作るのはもちろん大事です。けど、それ以上に欠詠しない、チャンスに乗り遅れないことの方が遙かに大事です。

僕自身はこの10代20代特集が始まった最初から参加していて、多分8回ぐらい出しています。塔に歌を出していない休眠状態の時でもこの特集にだけは出していました(せこい!笑)

出さなければ、必ず後から後悔しますので、是非に!(具体的にいつまで猶予があるか、ということは言えませんが、まだなんとかなります)

で、写真はまったく関係なく、自宅でやっと咲き始めたタカサゴユリかな?テッポウユリかな?

気持ちのいい季節なのに、外出もままならず鬱々とした日々を過ごされている方も多いのではないでしょうか。
畢竟、ネットをウロウロする人も多くなっている筈。
そんな方は是非、こちらをご覧ください。
塔のあの方がついに、中学生がもっともなりたい職業、そうYouTuberになられました!

https://www.youtube.com/watch?v=webi5HPoOsQ

え?誰か分からないって?この声に聞き覚えありませんか?
分かる人はすぐ分かりますね。取り敢えず、ネタバレは一週間は禁止にさせてください(笑)

ではもう一方、こちらはご自身がちゃんと出ておられます。

https://www.youtube.com/watch?v=Wbc9h1bg5Hw&feature=share&fbclid=IwAR04tu2Pi87KUVDqPWGnXjVZ17-ZyOp8MVidUl48ILwChp7wZwZybtmr9XU

「私もYouTubeやってるよ!」という方、おられたら是非お知らせください。

って、全然短歌の話ではなかった。。。

なにかと騒々しいですが、皆さんお元気にてお過ごしでしょうか?
「第7回誌上短歌大会」という大会が、NHK学園主催で行われます。
普通でしたら、各歌会などでチラシを配布して皆さんに告知するのですが、現下の状況ですのでチラシ配布もままならず作品がほとんど集まらない、と担当者さんが嘆いておられます。

今回からネットでの投稿も可能となったそうです、こちら↓
https://www.n-gaku.jp/life/topics/5579

なんといっても「誌上」です。大会会場まで出向く必要もありません。多くの方と出会うことも、隣り合うこともありません(寂しいですけどね)。

家に籠もってばかりでつまらない、と思っているそこのあなた、気分転換に歌をササッと2~3首作って、リンク先をポチッと押して、スイスイ先に進んで、投稿してみる、というのはいかがでしょう?ちょっとは気分が晴れるかもしれません。

あ、ちなみに永田もちょろっと、選歌などさせていただくことになっております。

福島駅前に佇むこのお二方、誰だか分かりますか?(って、タイトルでもう答を言っちゃってますね)そう、蕉翁と曽良さんです。
どっちが芭蕉?ってのは野暮な質問。

先週のことになりますが、福島歌会にお邪魔してきました。いわゆる忘年歌会ですね。

詠草に

わたしにも新しい名前ほしくなるできれば鳥か魚の名前  小林真代

という一首が出ていまして(もちろん、作者名は伏せてありました)、この歌に吉田健一さんから「私もですね、魚の名前なんかが欲しくなったりする訳ですよ。例えば「吉田シーラカンス」とかですね」といった爆弾(!?)コメントが出て、あの吉田さんが真面目な顔でこんなお茶目なことを言うものだから、会場は笑いの渦に。東北歌会、忘年会まで含めて大変楽しゅうございました。

で、翌日、折角福島まで来たのだから、と二日酔いの体を引き摺りながら福島市内を散策。駅前にこのお二人が。で、このお二人の足跡を辿ることに。

まずはバスで岩谷磨崖仏へ。

みなさん、美男美女でいらっしゃる。福島市内も遠望できていいロケーションでした。

そこから阿武隈川まで歩いてみることに。

この前の台風の傷跡があるのかな?
滔滔と流れるいい川でした。京都の鴨川も悪くはないけど、東北の川は(一部しか知りませんが)流量が豊かで好きです。

で、ここでバスに乗ろうかと思ったら定刻を過ぎてもなかなか来ない。どうしたものか?とちょっとうろうろしている隙にバスが通過!!!次のバスまで1時間以上あります。

ということで、文知摺観音(もちずりかんのん)まで歩くことに。2〜3㎞かな?着いて帰りのバスの時刻を確認すると、あんまりゆっくり出来ない。逃すと次は2時間後。

ここは百人一首にもなっている

陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにしわれならなくに  河原左大臣

の舞台となった場所。源融がお忍びで来て(お忍びで京都からここまで来るかねぇ?とも思いますが)、ここの虎女と恋に落ちたとのこと。ま、詳細はどこかで検索してください。もちずり石の写真を撮ってくるのを忘れました。

資料館には芭蕉の真筆なども展示されていました。(資料館内は撮影禁止)

早苗とる手もとや昔しのぶ摺  芭蕉

涼しさの昔をかたれ忍ぶずり  子規

子規の句は格好いいなぁ。

ということで、福島歌会の皆様、大変お世話になりました。

こらっせ福島の金の大草鞋前にて。

ページトップへ