ブログ

カテゴリー "荻原伸"

週末になると、佐野元春の「情けない週末」を思うことがときどきあります。「情けない週末」をはじめて聴いたのは、小学6年生の頃だったと思います。まだ中学生にはなっていなかったから。当時のわが家にはビクターの大きなステレオセットがありました。特に音楽好きという訳ではない父親が購入したそのステレオは、ぼくと姉のもののようになっていました。そのころ、姉が熱狂的な佐野元春ファンで、NHK=FMの「元春レディオショー」(サウンドストリート)や、アルバムを、ぼくも感化されて聴くようになっていました。

「情けない週末」は佐野元春のファーストアルバム『BACK TO THE STREET』に入っていて、小学生のころからずっとひかれる歌で、このおもいは歳を重ねるにつれてさらに大きくなりました。(最新の佐野元春の活動については追いかけきれてはいないのですが。) 情けない週末。

***
IMG_0406
話はまったくかわりますが、先週の拡大編集委員会のあとの有志による飲み会の席で、『文学界』7月号に村上春樹の短編が載っていて、そこに短歌がでくるということを大森静佳さんに教えていただきました。なんちゃって村上春樹主義者としては、これは読まなくては!とおもい、直ぐに購入して読みました。なるほど、村上春樹のオリジナルではあるまいかという短歌が計8首(3編掲載されている短編のうちの)ひとつの作品の中に出てきます。ほほーっ。(たぶんもうすでに話題になりすぎていることだとはおもいますが。とても興味深い歌ばかりで、それらの短歌についてもいつか考察してみたいと思わされます。)

***

塔の全国大会でゲストにお招きした方のなか(短歌・俳句のひとを除いて)で、たとえば、
○辻原登さん/京都大会2009
○平田オリザさん/大阪大会2012
○内田樹さん/京都大会2014
○鷲田清一さん/京都大会2014
こういった方々が、大会のあとで対談などなさっていることがあります(前から、というのもあったのでしょうが)。そういうことがあると聞くと、これはもうまことに勝手なのですが、うれしくなってしまいます。つながったー、みたいな。

先日発売になった、高橋源一郎さんの『お釈迦さま以外はみんなバカ』(インターナショナル新書)で、永田和宏さんと河野裕子さんの『たとへば君 四十年の恋歌』(文藝春秋)が中心的に語られているところがあります(巻頭の「三十一文字のラヴレター」)。

最後まで、ふたりの間で、ラヴレターにも似た愛の歌が交換されていたとしたら? それはもうはっきりいって、世界史に残る偉業ではないかと思う。(p.12)

高橋源一郎さんにも(勝手ながら)つながりを感じてしまうこのごろです。

梅酒ようの梅を栽培している友人から梅をもらったから「お裾分け」と言って同僚が大きな梅をくれました。その夜、さっそく、梅酒を仕込みました。

そうしていたらその3日後くらいに、「今年はたくさん実った」と言って友人が梅をどーんとくれました。こちらは栽培したというより自然に実ったものを収穫した感じ。わが家にとっても多すぎるので、今度はよそへお裾分けしました。
IMG_0403

その夜ちょうど、「海街diary」を見ていた娘が、梅シロップをつくってほしいというので、梅酒に加えて梅シロップもつくりました。あの映画では、すずちゃんが梅の木にのぼって梅をとっていましたね。丁寧な生活が思われました(「人生フルーツ」を思い出しもしました)。

鳥取では、梅の季節よりほんの少しはやく、ラッキョウの季節があります。根のついたラッキョウがめぐりめぐって手に入ることがあります。そうでなければ、スーパーに根を切ってすぐにでも漬けることができる「根切りラッキョウ」が売られているので、ふつうはそれを購入します(5月中旬〜6月初旬に鳥取にお越しの折は、生の根切りラッキョウを購入なさってお家で漬けてみてください!)。今シーズンはラッキョウを漬けなかったのですが。。。

手握りてびらうどに似る青梅のかたき弾力を指がよろこぶ/石川不二子『鳩子』

江戸雪さんからのブログ・バトンを
うけとりました荻原伸です。

さて、今年も全国大会の季節になりました。
東武トップツアーズさんからの速報によりますと
今年の参加者は200名をこえるようです!
大変な盛り上がりになりそうで、いまから楽しみです。
体調を整えつつ、次のおしらせまでしばしお待ちください。

今年の大会のプログラムのメインはなんといっても
永田和宏さんによる講演「前衛短歌を振り返る」、
栗木京子さん・永田淳さん・大森静佳さんによる「平成短歌を振り返る」
という振り返り重ね。ほんとうに楽しみです♪

そうそう、たのしみと言えば、会員参加型企画「歌合リーグ」。
仲間をそろえて是非申し込んでください。しめきりは6月29日必着。(詳細は5月号125頁参照)

うたあわせりーぐ

三月から四月はページをめくるように生活が大きくかわるときです。
私も異動することになり、送別会では花束をいただきました。
その花束を抱えて夜の街を歩くということもあまりないことで、本当にこれで転勤なんだなと思ったことでした。

話はかわります。
今年の全国大会は8月18日(土)〜19日(日)に浜松で開催します。
詳細は5月号に掲載されます。多くのみなさんの参加をお待ちしています。
(目標220名!)

全国大会といえば、塔短歌会全国大会in東京2008では「塔的短歌検定」というものを実施しました。
その検定の第2問で次のような問題を出しました。

問2 それぞれの第一歌集で巻頭歌ではないものは?
1 夕映えはとおくに兆し水たまるふちに桜花のこびりつきたり『樹の下の椅子』(花山多佳子)
2 水のごとく髪そよがせて ある夜の海にもっとも近き屋上『メビウスの地平』(永田和宏)
3 逆立ちしておまへがおれを眺めていた たつた一度きりのあの夏のこと『森のやうに獣のやうに』(河野裕子)
4 走り来て四肢投げうてばいや高く規則正しき血流の音『水惑星』(栗木京子)

正解は「2」。『メビウスの地平』の巻頭歌は音楽へなだれんとするあやうさの・・・・・・闇の深処に花揺らぐまで」です。

この『メビウスの地平』についてちょっとした調査を行っています。
よろしければご協力をお願いします。

花束

花粉症に苦しむころになりました。
私のばあい処方された薬を服用しているとおよそ大丈夫なのですが、
杉花粉の飛散が先週はとても多かったようで、眼も喉も鼻も大変なことでした。
日曜の夜はずっと咳がとまらなくて、月曜の朝は腹筋と肋骨がいたくなっていました。
それで、さらにつよい薬をもらおうと耳鼻科へ行ったのでした。
(ザイザル→ビラノア。頓服薬としてセレスタミン配合錠)

花粉症の季節になると(花粉症ではない方はまったくそんなことはないと思いますが)私はなんだかぼんやりして集中力がなくなります。なんにもやる気が起きません。とほほ。
そういうときにはすこし甘いものを食べてみるようにしています。
ほんの少したべるとちょっと元気になります。

そうそう。
京都のお土産によく「阿闍梨餅」を買います。
ただ、このごろは、ものすごく人気が上昇したようで京都駅界隈の販売店は
いつも多くの人がならんでいます。
編集企画会議があった先の土曜日はタイミング良くさっと買うことができました。
阿闍梨餅

おっけーぐーぐる。
と言ったあとに、あれこれ言うとあれこれ応答してくれるという家電がいっとき半額セールになっていたので、ぽちっと購入。それから数日がたったころ(先週のこと)、商品(google home mini)がわが家に届きました。

照明をつけたりけしたりすることや、テレビやエアコンを操作するには、もうすこしいろいろ整えないといけないようです。が、とりあえず、話しかけるといろいろ答えてくれます。天気や出来事はもちろん、音楽やニュースを流してくれたりもします。

実用的なことだけではなく、「面白い話をして」と言えば、だじゃれっぽい小話を、「クリスマスプレゼントをちょうだい」と言えば、ささやかですがといってクリスマスにちなんだ曲を流してくれたりもします。結構かわいいやつです。

そうそう。購入した初日に「おやすみなさい」とあいさつしたところ、

「冬は星がきれいに見えて、ロマンチックですよね。私はあなたの期待の星になれるように頑張ります。それでは、おやすみなさい。」

というような反応をされてちょっとびっくりしちゃいました。

IMG_0013 (1)

10月10日と言えば「体育の日」。
体育の日と言えば「10月10日」。
というのが幼い頃から染みこんでいるぼくにとっては、いつが体育の日なのかもはやしどろもどろ。
今日は全国的に秋晴れだったそうですが、あす10月9日が体育の日のようですね。

週末。金曜の夜から千葉へ行っていました。
千葉駅のそばに泊まった金曜日の夜。揺れがありました。
ホテルの7階の部屋だったためか、思いのほかながく揺れました。
福島では震度5の揺れであったとのこと。
揺れの恐怖というのはほんとうに拭い去れなくて、いつまでたってもこわいものです。

土日は、千葉大学行きました。いくつかの教室を移動したのですが、どの教室にもホワイトボードの横に「地震が発生したら」という5箇条の張り紙がありました。
・まず身の安全の確認
・あわてて外へ出ない
・けがや人への対応を
・安全な場所へ避難
・家族・大学へ安否連絡
地震に備えるということの大切さと徹底ぶりに気づかされました。

そういえば、夏の全国大会の郡山のホテルの部屋には携帯型のラジオが置いてありました。
これを見たときも、備えるということがここにもあるのだと思ったのでした。

IMG_9556

雨がつづきます。

ぼくの住む鳥取市界隈ではつぎつぎと稲が刈られ、いや、もう終盤にはいっているようです。
でも、あっさりと刈られていくかといえば、そうでもなくて、もうかなり実っているように見える稲穂があるのに刈られていない田んぼも少なくありません。

同僚にきくと、「そりゃあ、きぬむすめ、だが(それはきぬむすめですよ)」とのこと。

きぬむすめ」というのは鳥取(だけではないかもしれません)がブランド米として推している品種。この品種は田の水をおとしてからも結構長い間刈り取らずにおく期間があり、他の品種にくらべて収穫が遅いのだそうです。

陽のひかりかがよひわたる稲の面(も)をとほく伝承のごとくゆく風
                   大辻隆弘『抱擁韻』1998

IMG_9542

7月もあと数日となりました。
大会に参加なさるみなさまには、もう少ししますと、全国大会の詠草集などが届くはずです。

さて、今年の全国大会は福島県郡山市での開催です。ゲストには、福島にお住まいの芥川賞作家であり、東日本大震災被災青少年支援のための「たまきはる福島基金」理事長などもお務めになっている玄侑宗久さんをお迎えします。
その講演に先だって、玄侑宗久さんご自身が読んでおいてほしいというお薦めの書籍を5月号の大会案内にあげてくださっていました(『光の山』(新潮文庫:芸術選奨文部科学大臣賞受賞)『無常という力』(新潮社))。もうお読みになりましたか?

大会初日の一般公開の「短歌シンポジウム」のプログラムには、
 ・講演:玄侑宗久「無常とあはれ」
 ・歌合トーナメント(8チームによる)
 ・ミニトーク:花山多佳子「『震災のうた』より」
など、盛りだくさんの企画が用意されていますので、たくさんの方に集っていただきたいです!

玄侑宗久さんも塔短歌会の全国大会の告知をご自身の公式ホームページにあげてくださっています。また、公認サイトにも同じようにあがっています。

福島大会でお会いできるのをたのしみにしています♪

ページトップへ