ブログ

カテゴリー "荻原伸"

もう春だとおもっていましたら、一転して寒くなってきました。

もうすぐ春といえば、キャンディーズ。
もうすぐ春といえば、恋をしてみませんか♪
・・・
もうすぐ春といえば、お別れの季節。

先日、ちいさなお別れの宴があって、件の日本料理店にいきました。
お店に入ると写真のとおりすこしこぶりの白磁のすてきな花瓶が飾ってありました。

IMG_1164

鳥取には、白磁をきわめて人間国宝になった前田昭博さんという陶芸家がいらっしゃいます。
もしや、と思って店主にたずねると、そうですよということでした。

ぼくは片田舎の小さな公立の小学校に通っていました。田舎の小学校なのに、というとよくないですが、音楽や図工にとても熱心でした。小学校なので教科担当制ではなく、担任の先生がほとんどの教科科目を教えてくださっていたのですが、図工の時間だけは図工の先生に習っていました。そしてその図工の先生こそ、人間国宝の前田昭博さんのお父さんでした(前田先生)。

当時、前田先生は子どもさんが白い焼き物を作っているからといって全クラス(1学年2クラスずつ)に白い花瓶を持ってきてくださいました。いまならば白磁の壺とか白磁の花瓶とかいうのですが、当時は「白い花瓶」といっていました。週に何度かは、花の水かえをするために、その大きくて白くて美しくてつるんとした花瓶を両手に抱えてもって手洗い場にいきます。しばらくして、隣のクラスの白い花瓶が水かえをしているときに割れてしまいました。つぎには、ぼくたちのクラスの白い花瓶も割れてしまいました。さらに時間がたつと、あっちでもこっちでも白い花瓶は割れていきました。前田先生のお子さんが一生懸命お作りになった花瓶だということで(もちろん当時は無名だったと思いますが)みんなで大切にしようと言っていたのですが、水の入った白い花瓶の一つ一つは小学生にとっては大きくて重い花瓶だったので、手をすべらせて割ってしまっていたのでした。

2年ほど前に、ある宴で前田昭博さんとすこしだけお話する機会がありました。ぼくは小学校のときの前田先生の思い出と白い花瓶の話をしました。昭博さんは、そうでしたか、となんだか少し恥ずかしそうにでもうれしそうに笑顔で言葉を交わしてくださいました。

人間国宝の手による白磁の花瓶は、購入することはできないほど遠くにいってしまったのですが、ぼくにとってはあの白い花瓶は前田先生の熱心な図工の授業とともにときどき思い出されるのです。

この冬、鳥取市にはほとんど雪がつもりませんでした。
あたたかくて過ごしやすい冬でした。

「あーあ、せっかくスタッドレスに履き替えたのになー」
「ほんと。ぜんぜん降らんかったなー」

などという会話を何度かしました。「スタッドレス」というのは冬の雪道ようのタイヤです。鳥取では11月下旬から12月初旬には車のタイヤをこのスタッドレスタイヤに交換します。

ガソリンスタンドや車屋さんで長い待ち時間の末に交換してもらうこともありますし、自宅でよいしょよいしょと自力で交換することもあります。そういうことから、「せっかく履き替えたのになー」という言葉がでてきちゃうわけです。

この「せっかく履き替えたのに」というのは、なんだか「せっかく履き替えた」のだから「少しくらいは雪が降ってほしかった」ということを言っている感じがしてしまいます。でも、雪かきや渋滞を思えば雪が降り積もらないことはとてもありがたいことなので、どう考えても「雪が降ってほしかった」というはずはありません(一部の人や犬を除いて)。

あれこれ考えてみますと、「せっかく履き替えたのにー」というのは、「少しは降ってよね」という感じではなく、降らないのなら降らないとあらかじめ告げてくれていたらあんなに苦労してタイヤを「履き替えなかったのになー」という感じなのではないかと思うのです。

さて。そんな冬が終わって、もう花粉の季節です。

  七月の温度が高いとスギはストレスを受け翌年花粉飛散量が増大する
一本の杉の花粉は渦巻きのごとき天文学的数値 /花山周子『林立』2018 p.59

詞書がリアルすぎておびえています。(洗濯も部屋干し)

IMG_1153

センター試験まであと30日をきりました。
塔短歌会の受験生のみなさん、家族に受験生がおありのみなさん、緊張感のある日々をお過ごしのことでしょう。
健康第一でその日を迎えることができますように。

ことしも残すところ10日をきりました。
ことし2018年。
たとえば、ぼくのばあい、ワインの好みがかわりました。
これまではどちらかと言えば凝縮した味わいのものがすきだったのですが、
そうではなくてもっと繊細というかゆるやかな味わいがいいなと思うようになりました。

ある日、ワインの好きな先輩と飲むことになりました。
メニューをみながら、「このごろは、ピノ・ノワールがいいんだよな」と先輩。
それで、店主のおすすめのピノ・ノワールを1本お願いしました。
パンチがきいているとか、酸味がいいねとか、そういう感じではなく、
すーっとはいってきてひろがっていく感じがなんだかすごく心地よいのでした。

ピノ・ノワールといえばブルゴーニュみたいな浅い知識となんだかはっきりしない
味だなという印象しかもたないまま避けてきていたのですが。
年を重ねてようやくよさがわかるようになってきたようです。わーい♪

写真はピノ・ノワールとは全く関係ありません。
実家のみかんの木に実ったみかんです。
IMG_0948

こんばんは。
荻原伸です。
もうすぐ12月20日です。

12月20日といえば、2019年上半期分の会費の振込しめきりです!

かくいうぼくもうっかりしていてつい先日振り込んだところです。
ぎりぎりー。

わー、まずい。とお思いになった方は、
11月号(最新号は12月号です)に振込用紙が入っています。
必ず振り込んでくださいね。ゆうちょ銀行です。
あきらめたらそこで試合終了ですよ。(安西監督ふう)。
まだ間に合います!

スクリーンショット 2018-12-19 22.10.24

9月11日になりました。
もう日付がかわってしまいましたが。

2001年9月11日(現地時間)午前9時にもうすぐなるというころ。
日本時間で言えば、夜10時くらいだったでしょうか。
まことに情けないことなのですが、ちょうどそのとき、
ぼくは仲間たちと家の近くでお酒を飲んでおりました。(まだ独身でした。)
夜11時くらいになってどういう要件であったのかは忘れましたが、若人から電話がかかってきました。
「ニュースステーションみてますか?」と言われ、
そこでようやくあの映像を目にしのでした。あれからもう17年なのですね。

今年の夏の全国大会がおわってもうすぐ1月が経とうとしています。
浜松のみなさんのおかげで思い出ふかい大会になりました。ありがとうございました。
一般公開の部も大盛況で、当日は外部から90名の方があつまってくださいました。
来年は創立65周年の京都大会です。
IMG_0631

9月9日(日)には編集企画会議が京都の事務所で行われました。
ふたつきにいちどの大切な会議なのですが、行くことができませんでした。
ぼくの住む鳥取はひどい雨で、前夜から公共交通機関がストップしてしまい、
また高速道路が封鎖され、どうすることもできませんでした。

ずいぶん涼しくなってきました。
北海道は寒いくらいになっているのではないでしょうか。
あたたかくすごせますように、祈っています。

週末になると、佐野元春の「情けない週末」を思うことがときどきあります。「情けない週末」をはじめて聴いたのは、小学6年生の頃だったと思います。まだ中学生にはなっていなかったから。当時のわが家にはビクターの大きなステレオセットがありました。特に音楽好きという訳ではない父親が購入したそのステレオは、ぼくと姉のもののようになっていました。そのころ、姉が熱狂的な佐野元春ファンで、NHK=FMの「元春レディオショー」(サウンドストリート)や、アルバムを、ぼくも感化されて聴くようになっていました。

「情けない週末」は佐野元春のファーストアルバム『BACK TO THE STREET』に入っていて、小学生のころからずっとひかれる歌で、このおもいは歳を重ねるにつれてさらに大きくなりました。(最新の佐野元春の活動については追いかけきれてはいないのですが。) 情けない週末。

***
IMG_0406
話はまったくかわりますが、先週の拡大編集委員会のあとの有志による飲み会の席で、『文学界』7月号に村上春樹の短編が載っていて、そこに短歌がでくるということを大森静佳さんに教えていただきました。なんちゃって村上春樹主義者としては、これは読まなくては!とおもい、直ぐに購入して読みました。なるほど、村上春樹のオリジナルではあるまいかという短歌が計8首(3編掲載されている短編のうちの)ひとつの作品の中に出てきます。ほほーっ。(たぶんもうすでに話題になりすぎていることだとはおもいますが。とても興味深い歌ばかりで、それらの短歌についてもいつか考察してみたいと思わされます。)

***

塔の全国大会でゲストにお招きした方のなか(短歌・俳句のひとを除いて)で、たとえば、
○辻原登さん/京都大会2009
○平田オリザさん/大阪大会2012
○内田樹さん/京都大会2014
○鷲田清一さん/京都大会2014
こういった方々が、大会のあとで対談などなさっていることがあります(前から、というのもあったのでしょうが)。そういうことがあると聞くと、これはもうまことに勝手なのですが、うれしくなってしまいます。つながったー、みたいな。

先日発売になった、高橋源一郎さんの『お釈迦さま以外はみんなバカ』(インターナショナル新書)で、永田和宏さんと河野裕子さんの『たとへば君 四十年の恋歌』(文藝春秋)が中心的に語られているところがあります(巻頭の「三十一文字のラヴレター」)。

最後まで、ふたりの間で、ラヴレターにも似た愛の歌が交換されていたとしたら? それはもうはっきりいって、世界史に残る偉業ではないかと思う。(p.12)

高橋源一郎さんにも(勝手ながら)つながりを感じてしまうこのごろです。

ページトップへ