ブログ

カテゴリー "鈴木晴香"

みなさんこんにちは。鈴木晴香です。Stay homeの毎日、どうか健康に過ごしてくださいね。

家で過ごす時間が多くなって、今まで読めなかった本を読んでいる人も多いのではないかなと思います。

この機会に私が読んだのが原田マハさんの『楽園のカンヴァス』。

そもそも私は画家のルソーを愛していて、何年か前にニューヨークに行った目的も、1番は友人に会うためで、2番はMoMAにあるルソーの「眠るジプシー女」を見るため、それ以外にはない、と言う感じでした。

それなのに、ルソーの絵画が主人公である『楽園のカンヴァス』を積んでおいたのは不覚でした。『夢』というルソーの作品にまつわるミステリー。どきどきする展開に心も体も引き込まれて、ますますルソーが好きになったのでした。

ルソーといえば、NHK・Eテレの「びじゅチューン」。井上涼さんが「眠るジブシー女」をモチーフに作った「ルソー5」という音楽とアニメーションは「びじゅチューン」の中でも最高の作品で、ボヘミアンとライオンとマンドリンと枕と壺と一緒に踊っちゃいます。

みなさんこんにちは。鈴木晴香です。

stay homeの毎日を、いかがお過ごしでしょうか。

無理に充実して過ごさなくても、ただ元気でいることが大事なんだと誰かが言っていました。本当にその通りだと思います。

塔短歌会宛に、みやざき神話のふるさと短歌大会のパンフレットが届きました。

本当なら歌会などでお配りするところなのですが、各地の歌会が中止となっておりますので、ここにお知らせしますね。短歌作品の募集と、短歌大会の開催です。開催日は11月22日。この頃には平穏な世の中になっていますように。

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/miyazaki2020/event/end-20191004142352.html

こんにちは。鈴木晴香です。

いよいよ大晦日。2019年もあと数時間です。

縁起が良さそうなので、今年の思い出のひとつ、白鳥の写真を載せることにします。

白鳥といっても、これは不忍池のスワンボートです。
私はこの近くで育ちました。が、近いと案外来ないもの。
久しぶりに訪れて見ると、ビルの中に突然池がある、ちょっと奇妙な景色だなあと思いました。

白鳥といふ一巨花を水に置く  中村草田男

白鳥は冬の季語だそうですが、スワンボートは夏のような気がします。

みなさん、良い新年をお迎えください。

こんばんは。鈴木晴香です。

今日はクリスマス・イブです。

クリスマスというと、ホールケーキを思い浮かべるけど、個別の(というのかな)ケーキもクリスマスの装いで、可愛いものがたくさんあります。

でも胃袋は1つしかないのが悲しい。

食いしん坊といえば正岡子規。彼はケーキよりも柿のほうを喜ぶかもしれません。

柿にまつわる作品をたくさん残しています。

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

という俳句はあまりにも有名ですが、

柿の実のあまきもありぬ柿の実のしぶきもありぬしぶきぞうまき

籠にもりて柿おくりきぬ古里の高尾の楓色づきにけん

というような短歌からも、子規がいかに柿を好んでいたかを知ることができます。

下の写真の柿は先週くらいに撮ったもの。渋柿のようです。しぶきぞうまき。しぶすぎるか。

こんにちは。鈴木晴香です。

フランス・パリには「パリ短歌クラブ」という短歌会があり、歌会を開催したり、年に1度、『パリ短歌』という雑誌を刊行したりしています。

パリ短歌クラブの活動の中でも、一段と盛り上がるのが「パリ短歌イベント」。9月7日に開かれたこの催しに参加して来ました!会場はパリ国際大学都市日本館です。(舞台上には藤田嗣治の大きな絵が飾られています。)

私は「短歌が開く世界ー31文字の地図」という題で、地図をテーマにいくつかの短歌を紹介してお話ししました。海外では触れることが難しい新しい歌集も、積極的に紹介しました。

パリ短歌イベント2019

後半は歌会&パリ短歌賞授賞式。4人のメンバーによる選評は、それぞれの視点が生きていて、とても興味深いものでした。

オープニングイベントにはピアノとフルートの演奏、懇親会は持ち寄りのおつまみやお菓子とたくさんのワイン、という、フランスらしさいっぱいの1日でした。

 

 

 

みなさんこんにちは。鈴木晴香です。

8月24日に開催された塔短歌会主催・現代短歌シンポジウム in KYOTO。
小島ゆかりさんと吉川宏志さんとの対談の中で、明恵上人の歌が話題に上りました。

あかあかやあかあかあかやあかあかやあかあかあかやあかあかや月

小島さんは、この歌の「あかあかや」にあるa音の連なりと、最後の「月」の音の鋭さとの対比に触れ、その韻律の美しさについてお話されました。

以来、この歌を大好きになっていたのですが、
先日、図書室で本をめくっていたら、偶然にもこの歌の英語訳に遭遇しました。

あかあかや英訳

川端康成著・サイデンステッカー訳『美しい日本の私 その序説』より。

brightの[ai]の音は、「あかあか・・・」のa音の連なりを、再現しているように思いました。

こんにちは。鈴木晴香です。

九州北部から、近畿地方にかけて、まだ梅雨入りしていません。

22日の時点で過去2番目の遅さということ。このまま梅雨入りしなければ、1963年以来、56年ぶりのことになるそうです。

というか、56年前に梅雨のない年があったということが、気になります。

写真は、紫陽花。下から咲くって知りませんでした。消えかける花火のようで可愛い。

紫陽花

こんにちは、鈴木晴香です。

夏が近づいて来て、
職場の近くに狸が出てくるようになりました。

狸

はじめ1匹だったのが、
次の日は2匹。

この2匹のうち、とちらかが
はじめの日の1匹だったという証拠もないのに、
「家族を紹介しに来たのね」
なんて言ってしまうのは、
遠野物語のような民話が、心に眠っているからなのかもしれない。

窓をトントンと叩くと、
小さな歯が並んだ口をイーッと開けて威嚇してから
逃げて行ったので、
家族を紹介しに来たのではないのは明らかなのでした。
(そもそも家族かどうかもわかりません。
絶賛恋の駆け引き中の二匹である可能性もあるわけで。)

みなさんこんばんは、鈴木晴香です。

先日、「artとscienceの共同研究室」というイベントに参加してきました。
京都市立芸術大学と京都大学の学生さんたちが、
科学・芸術の分野の交流や相互作用の意義を、
展示やワークショップを通して伝えるというものです。

芸術や科学の研究者の研究発表を

研究者による芸術や科学の研究発表を、
文字で書き取るだけでなく、絵でスケッチしたり、粘土で表現したり・・・
私は短歌を書きました。
研究発表という空間が、多面的、立体的に捉えられているようで、
とても新鮮な体験でした。

artとscience

通路には、言葉や絵が散りばめられていて、
これもまた、いつもとは違う空間へ連れ出されたようでした。

こんにちは。鈴木晴香です。

平成に入ってから、スイーツはいくつものブームを辿ってきたようです。
ティラミス、ナタデココ、タピオカ、ベルギーワッフル、エトセトラ。
(エトセトラというスイーツもおいしそうだ。)

ブームであろうがなかろうが美味しいものはいつだって美味しいのですが、
そこは人の心。移り気なもので、申し訳ない。

ちょっと前、パリに住んでいた頃に食べていた、
日本では見たことのなかったスイーツ、それが
トロペジェンヌ。

トロペジェンヌ

ブリオッシュ生地にクリームが挟まって、
上にじゃりじゃりの砂糖が乗っているというとてもシンプルなもので、
ケーキというよりはパンに近い食感。
写真にはないですが、お好み焼きくらいの衝撃サイズのものもありました。
南仏サントロペのお嬢さん、ということでトロペジェンヌ(パリジェンヌのジェンヌですね)
と名付けられているこれは、ブリジット・バルドーもお気に入りだったということ。

さて、今週ついに、このトロペジェンヌとの再会を果たしました!
日本への上陸にあたり、大きさも味も上品になっている様子。
果たして、ブームとなるかどうか。

ページトップへ