ブログ

カテゴリー "真中朋久"

通勤経路であったり、ときどき行く出張先までの道みち、草むらがあって、花が咲いていたり、いろいろな虫がいる。このところはテントウムシ。
 
足をとめて写真を撮ったりしていると、通り過ぎてゆく人に怪訝そうな顔をされたりすることもある。
 
テントウムシの代表的なのはナナホシテントウとナミテントウ。ナミテントウは星が2つのもの、4つのもの、もっと多いものであったり、ナナホシテントウに似て赤い地に黒い星であったりする。先日は多星タイプのナミテントウも見たが、すぐに逃げられてしまった。

tentou1 tentou5
tentou2 tentou3

 
テントウムシの歌はたくさんある。その一部を。
 

斑(ほし)ぼしを七つ数へて掌(てのひら)ゆ発たせてやりぬ春の天道虫(てんたう)/河野裕子『歳月』
風立ちて昏れゆく海に対いいて掌(て)の上にあり天道虫ひとつ/田中栄『冬の道』
天道虫手にのせやれば幼子はおどろきて泣く逃げられて泣く/大塚洋子『雲迅く』

 
小さくてかわいらしいから手にのせて遊ぶ。星の数を数えて、あらためてナナホシだねえと言ったり。
刺したり噛んだりすることもないから、と子どもの手に乗せてやったり。それでも、びっくりしてしまうことはあるのだろう。
 
とはいえ、びっくりするのはテントウムシのほう。
 

運命の如く出あいし我の掌に軽しかるしテントウムシの仮死/高安国世『虚像の鳩』

 
昆虫学の言葉では「仮死」ではなくて「擬死」というらしい。死んだふり。
 

ほそながき枯れ草の上くりくりとテントウムシの赤翅(あかばね)うごく/吉川宏志『鳥の見しもの』
せかせかと天道虫は窓を行き枠に当たりて向きを変えたり/天野和子『絵本を開く』

 
わりあいよく動く。人に見られていることに気付いたりするとき、とくに「せかせか」と動いたり。半球型だから「くりくり」でもある。
 

丹沢に異常発生の天道虫鎌倉までを手提げに入りて/中西よ於こ『薔薇葉』
雲迅く飛ぶあしたにてオリーヴの葉裏に遊ぶ天道虫あり/三井修『砂の詩学』

 
地名の入ってる歌を2首。集団で冬越ししていたりするのを見付けてびっくりすることがあるが、異常発生ということもある。ひとつふたつなら可愛いが、たくさんあると、ちょっと圧倒されるようなこともあるだろう。手提げに入っていたのはそんなたくさんではないだろうが。
三井さんの作品は第一歌集。商社マンとして中東方面に駐在していた頃の作品。オリーヴの葉裏にもテントウムシがいるということは、彼の地にもアブラムシがいるということか。そうではなくて、草食性でオリーヴの葉を食害する種類(そういうのもいる。よくいるのはテントウムシダマシ、その他にもテントウムシに似た虫が)だったのか。
 

天道虫(てんとむし)は赤色だと一口にいうてはならぬバーミリオンもあればカドミウムオレンジもある/北川色糸『光追う日日』
足もとを見下ろしたれば蕗の葉に赤一色の天道虫が/花山多佳子『木立ダリア』

 
同じナナホシテントウやナミテントウでも、赤の色は少しづつ違う。さらに、別種の黄色いテントウムシもいるらしい。画家でもある作者は色にこだわっている。
花山さんの見た「赤一色」は何か。ナミテントウのバリエーションの中で、ときどきそういうのもいるらしい。
 
気をつけてみていると、いろんなものがいるのだろう。
 
 
最後に、蛹と幼虫。これはたぶんナミテントウ。ぼんやり成虫に似た色あいであったりするという。ナナホシテントウとナミテントウは、幼虫のときからアブラムシを食べるのだとか。

tentou4 tentou6

だいぶ前に、ここでヒイラギについて書いた
 
晩秋~初冬のころに香りのよい花をつけて、そののち黒い実がつくはず……と思って待っていたわけでもないが、毎日通る道の植え込みに柊の実が黒熟してきたので写真をとっておく。
 
hiiragi
 
ネズミモチのような実。ネズミモチが(モチノキ科ではなく)モクセイ科であり、ヒイラギもまたモクセイ科。そのとおり、という感じの実。
 

柊の黒の実こぼれ堅土に弾むあはれもたまゆらのこと/安永蕗子『朱泥』
柊(ひひらぎ)の青の実ひとつ地に落ちてけぶらふときぞ秋光の鬱/同『藍月』

 
黒といえば黒い実。青みを帯びた黒い実だ。
 
 
写真を撮ってから気づいたが、棘のない葉がけっこうある。
 
老木になると葉の棘がなくなるということは、前回ここで書くときまで知らなかったが、古木というほどでなくても、けっこう棘のない葉がまじるようだ。

わが家で餌付けしているわけではないのに、他所でご飯粒もらってきてここで食べてるスズメ。お客さん、持ち込みは困るなあ。
 
suzume1
 
彼らの目的のひとつは、砂浴び。

最近、まめに花を植えたりしていないので乾いた土だけの植木鉢やらプランターやら。その土や砂を盛大に散らかしてくれる。杉花粉の飛ぶ時期には洗濯物を外に干さないので、彼らの砂浴びもある程度自由にさせることにして、砂浴び用プランターのまわりに別の鉢を置いて、飛散防止を図っていた。

スギ花粉の季節が終わったということで、家人から「なんとかしろ」との要求。仕方ありません。
 
まことに勝手ながら今季の砂場は閉鎖させていただくことになりました。
 
石を置いたり鉢受けの皿をかぶせたり。
 
suzume3
 
それでも毎日やってくるスズメたち。
あまり汚さないでほしいのだが。

suzume2

スズメの数が少なくなったと言われるが、いなくなったわけではない。

目の前の日なたの地に来て砂あびる思へば雀も可愛き小鳥/木下利玄『全歌集』

先週末5月27日は北摂歌会のみなさんと吟行。琵琶湖疏水記念館とその周辺。山縣有朋別邸であった無鄰菴の二階をお借りして歌会。窓を全開にして心地よい風の通る中で、作品について語り合いました。
 
それにしても、このあたりは題材ありすぎ。
 
疏水にしても、主だったところだけでも京都府知事、設計したひと、測量したひと。建設賛成や反対の議論をしたひと。当然ながら直接携わった人は膨大な数にのぼる。
記念館の展示は、そういう人たちの様子なども想像させるものでした。
 
sosui
 
無鄰菴のほうも、これまた見どころがたくさん。
とくに、疏水の水を引いて東山を借景とした庭園はよく知られたものですが、庭園の管理にあたって、雑草を適度に残したりするなど、きめ細かい配慮をしているのことにも驚きました。 

murinan
 
当日の作品だけでなく、いろいろ思い返しながら、まだまだ作品はできそう。
3ヶ月ぐらいしてから参加者のみなさんの作品が「塔」に載ります。お楽しみに。

京都の白川は岡崎でいったん琵琶湖疏水に入り、琵琶湖疏水からふたたび白川として流れ出す。その白川の三条から南に少し下ったあたり。

白い小さな花が咲いている。

クレソン
 
なんだろう? と思って調べてみると、これはオダンダガラシだ。
  

二種類のオランダガラシ吾がかばふ青きを押しひしぐ黒き野生ども/土屋文明『自流泉』

 
ずいぶん嫌われたものだが、文明が大切にしているものを圧倒しているなら、そんなふうにも言いたくなる。
じっさい、かなりの生命力。

クレソン2
 
以前にも書いたが、「雑草」とは、大切に育てているものの間に侵入してくる草のことを言う。それぞれ名前はあるけれど、草の名前ではなくて、カテゴリーとして「雑草」なのだ。
そういう意味で、これなどは文明にとっては「雑草」と呼ぶほかはないものだが、別の場面では「クレソン」と呼ばれて肉料理のつけあわせになったりする。こんなふうに花が咲いてしまったら、もう食べる段階ではないのだろうけれど、若い芽のうちに摘んだら、ぴりっと辛みを伴う美味なものだったりする。
 

野良ねこは誰れの猫でもありません 群がり咲けるオランダガラシ/村山悠子『卵の番』

 
ネコはそうか。そうかもしれない。(餌付けの責任はどうなる?とも思うが)
 
水辺の草はどうなのだろう。水そのものは、水利権などいろいろあるが、雑草として生えている草はどうか。春になって若菜を摘みに行ってもいいものか。

晴れれば暑い5月。それでも曇りや雨よりも晴れている日の外出は気持ちいい。

和歌山城
 
先々週、5月14日は「和歌山で短歌を楽しむ会」。昨年の夏の大会での「マンガと短歌」の話題を、別バージョンでお話させていただいたあと、歌会。ふだんインターネットで短歌を楽しんでいる人たちとも共催で、新しい出会いがあり、楽しいひとときでした。
 
夏靄にかすむような和歌山城。「城内に入るとひんやりする」というのは、十数年前に経験したことですが、この日は交差点から見るだけ。
 
松本城
 
先週、5月20日は長野歌会のみなさんと。じっくりたのしく歌について語り合いました。
 
この日の会場は松本で、常念岳と蝶ヶ岳の鞍部から、ちらりと槍ヶ岳が見える(スマホで撮ったような写真ではわからない)天気。
あまり時間がなくて、松本城は行列ができていたので入らず。博物館をひとめぐり。それでも発見がいくつもありました。
 
 
 
和歌山歌会のみなさん、長野歌会のみなさんにはお世話になりました。
ありがとうございます。

tower

「天網」というのは、悪人や悪事をのがさないように、天が張りめぐらした網のことで「老子」に出て来るが、近年ではこれを「インターネット網」のこととして言及されることもあるが……と思いながら、坂井修一さんの子の作品も、既に20年以上前のものだったのかと、すこし感慨深い。

英雄の尿(いばり)のごとくかがやくは天網かはたインターネット/坂井修一『スピリチュアル』

デジタルの、しかもどこでも接続できる携帯電話であったり無線LANであったりというのが当たり前になってきたが、それ以前の、通信手段といえば「電話」であった。ふだんの生活と関係するのは公衆回線網であり、同じしくみで通信経路を固定した専用線上に、役所や銀行のシステムが構築され、テレビ局の中継通信なども行われた。

市内の電話回線は電柱にかけた電線。中・長距離はマイクロ回線。

太い網のつなぎ目が鉄塔(のある建物の中の設備)。細かい網は町の中の電柱を張り渡した電線の束で、ところどころに電線を繋ぎ合わせるボックスなどが吊られていた。

マイクロ回線というのは、無線。無線というと、どこでもつながるような印象があるけれど、大容量の通信を行うためには、基本はパラボラアンテナとパラボラアンテナが対向する必要があるから通信経路は直線。その直線を中継局で中継してゆくことになる。

電話局には大きな鉄塔が立って、その上に所せましと巨大なパラボラアンテナが、あちらこちらを向いていたのだ。

こういう鉄塔があることが、役所か電話局の目印のようでもあった。

いま、高速・大容量の回線は、ほとんどが地上(といっても、たいてい地下だが)光ファイバーによるものとなった。だから鉄塔の上のパラボラアンテナもおおかた撤去されて、携帯電話網のための鉄塔と化しているものが多い。

   *

ところで、電話網や電話局の作品を拾っていたら、こういうものも見付けた。1962年の歌集。

窓透きて立つ電話局夜のふけを自動交換の灯が点滅す/高安国世『街上』

電話回線網の草創期は、人手による接続。電話交換手(多くは若い女性)に口頭で呼び出し先を告げてつないでもらうしくみ。これが日本では関東大震災以降、大都市の市内回線が自働交換機に置き換えられてゆく。
自動交換機もいくつか世代があるようだが、市外通話も含めて自動交換機による接続が完了するのは1970年代の後半だという。

「自動交換」などというところに関心がゆくのは、まだ新鮮なことだったのだろう。

それと、こういった機械の稼働が、窓から(ブラインド越しに?)見えるというのは、長閑な時代だったのだとも思う。

通信網のような重要なインフラは、耐震性のある建物の、窓のない部屋や地下室で厳重に運用されていて、こんなふうに目に触れることはほとんどない。

   *

「老子」のそれは理念としてのそれ。だが、情報網をいかにかいくぐるかということが地上勢力の「戦場」にもなるし、秩序を保たなければいけない立場にしてみたら、監視しなければならない、という考え方も出て来るものだ。是非や効果は別問題だが。

「窮鼠」というのが出て来たら、まずほとんどすべて比喩である。もともと立場の弱い者が、立場の強い者に対して一矢報いるというような。とはいえ、捨て身の戦いであるから窮鼠が猫を噛んで、その一場面を切り抜けて生きのびることができるとは限らない。
よくあるのは職を辞して、しかしその原因をつくった上役の悪行を、どこかで露呈するように工作してゆくような場合。理をつくし真正面からやりこめたなら立派なことだが、なかなかそういうことにはならない。会社の中だけでなくて、元請・下請けの関係などでも、いろいろとある。

勤めいし三十年の間には窮鼠が猫を幾度か咬みき/三井修『薔薇図譜』

三井さんは、咬むほうだったのか。咬まれるほうだったのか。あるいは横で見ていたり、事態の収拾にあたる立場だったか。

   *

ところで、先日、早朝のランニングをしていて出会った場面を3枚貼る。これも動画から切りだしたので画質は粗い。

cat_mouse_1
cat_mouse_2
cat_mouse_3

まだ若い猫だろうか。私が見ていることを気にして集中力散漫というのもあるが、ドブネズミの「ねこだまし」に、ていよくやられて、とりのがす一部始終である。

こうやって見ると「窮鼠」という印象ではない。かなり対等に戦っている。

ネズミもいろいろだが、ドブネズミあたりになると、かなり手ごわい。1匹なら、こんなかんじだが、何匹かいると、ネコのほうが負けてしまいそうだ。

どぶ鼠に猫くはれしといふ話けふ何よりも感動したり/二宮冬鳥『靜黄』

あなおそろし。

感動している場合でもないのかもしれない。

ランニングのコースの一つにしている近所の川の河川敷。この日は走るのではなく歩き。まだ明るさの残る夕暮れの草地に、ふと見ると何かがごそごそやっている。

猫ほどの大きさだが、どうも猫とはちょっと違うような感じ。
こちらをちらりと見て、しかし、驚いたふうでもなく、のそのそと迷惑そうに水に入って泳いでいった。

しまったという顔でないヌートリア岸に上がって我に出あって/池本一郎『萱鳴り』

まことに、そんな感じ。

「ビーバー!」と言うひとがいるが、ビーバーはもっと尾が幅広い。「カピバラ!」と言うひとがいるが、カピバラは顔がでかい。

動画からクリップしたので画像は粗いが3枚ほど。

nu2
nu3
nu4

大島史洋さんの『四隣』の「ヌートリア」5首は、これはなかなか大袈裟で面白く、しかも切ない。

木曽川の河川工事に追われつつヌートリアは北上すわが故郷へ
ヌートリアの興国の祖は五十年前毛皮となるため拉致されて来し
帝国の裔に生きつぐヌートリアその面立ちは種を守りたる
ヌートリアわれらと戦後を共にしていま木曾川をさかのぼるとぞ
五十年ひそみつづけてたくわえし力はふたたび弾圧されむ

日本に連れてこられ、野性化して、それが話題になるほどに増えるのに、そのくらいの時間がかかったのか。それはまさしく戦後という時間であったのだ。

京都・河原町の「ギャラリー古都」で開催中の竹田武史写真展「バーシャ村の一年」は2月28日まで。

takeda_takeshi_photograph

タイトルの「一年」というのは「春夏秋冬」という意味。

中国の奥地での、さまざまな取材を重ねて来た竹田さんの、とくに繰り返し訪れ、長い期間そこに滞在して村の人と生活をともにしながら撮影してきた自然と文化、人々の表情。「桃源郷」とも言える自給自足の村も、次第に貨幣経済に呑み込まれてゆく。その直前の貴重な記録でもある。

ふりかえって思えば、私たち日本人の暮らし方もずいぶん変わってきた。好むと好まざるとにかかわらず、さまざまなものを失ってきたのだろう。そのいっぽうで、芯の部分には変わらないものもあるのだろう。さらに言えば……と、いろんなことを考えさせられる。

稲作の原風景というところにも興味はつきない。
稲は餅稲というこだが、田植するときの、苗がかなり大きい。
稲刈りは、穂にちかいところから刈り取る。

そういう細かいところを見るのも面白かった。

ページトップへ