ブログ

カテゴリー "永田淳"

昨日(10月29日)は大阪歌人クラブの秋の大会でした。

台風22号が接近する中、大阪天満橋にある「エルおおさか」へ。(カメラを持参していなかったので写真はなしです)

台風の影響もあり、諸結社のもろもろの行事が重なったようで、出席者はいつもの半分以下とのこと。人数が少ないのは寂しいながら、アットホームな雰囲気。塔からは山下洋さん、落合けい子さん、朝井さとるさん、大地たかこさん、長谷部和子さんと永田が参加。

安田純生さんの講演が抜群に面白かったので、レジュメを紹介。(ブログで紹介するならもう少しまともな字で書き込みするべきだった…)実はトラブルがあって、安田さんが講演することが決まったのは4〜5日前とのこと。安田さんは一度原稿に書いたことや、どこかで話したことは繰り返さないという主義とのこと。急遽決まった講演なのに手持ちのネタではなく、短期間でこれだけ綿密なレジュメもすごい。

20171030130607

会場のエルおおさかのある天満橋近辺がどのように詠われてきたか、というお話。この近辺は昔は「大江岸」と呼ばれていた、今では少し内陸になっているが昔は海辺であって、ここから魚介類が京の都に船に乗せて運ばれ、京都から船に乗って人が下って来ていた。というようなことを、多くの資料を基に説明される。「岸」は海辺の岸という意味もあるが、「山岸」などというように「崖」の意味もあったという。天満橋より南は上町台地といわれる高台なので、この「大江岸」はその二つの意味であった、など。

そして「大江岸」がどのように歌枕となっていったか。最初に大江岸が詠われるのが良暹法師の一首(レジュメ1枚目なかほど)で、大江岸は生駒山と対になって詠われるようになる、あるいは源氏物語の須磨の段を典拠として松が対になる、など詳細は書き切れませんがともかく実証的に、まるで推理小説を繙くように説明されるのがとても楽しく、1時間20分ほどがあっという間に過ぎてしまいました。

台風が近付いているので帰りの交通のことも考えて会は早めに解散。その後、塔のメンバーと喫茶店で1時間ほどお茶を飲んで帰りました。

帰宅途中、出町柳で乗り換えて発車を待っていると模試帰りの長男が乗ってきてびっくり。

そんな日曜でした、というご報告です。

前にもお知らせがありましたが、来る11月11日に河野裕子短歌賞の表彰式およびシンポジウム「選ばれる歌のポイント、私の作歌法」が行われます。お時間のある方は是非お越し下さい。詳細はこちら

https://www.eventscramble.jp/e/kawano

皆さんのところでは台風の被害ありませんでしたでしょうか?
昨夜の京都はまた結構雨が降ったので、鴨川はまだ水が落ち着かない感じです。

 

_DSC9110

 

 

 

オオサンショウウオでも流されて来ていないか、と探したのですが見つかりませんでした。

また今週末も台風が近付くとか、こうも降り続くと陽ざしが恋しいですね。夕方にはちょっと陽が射しましたが、暮れるのが早いので一瞬でした。

まぁ、なんというかネタがないのです。

台風21号の影響で京都の三大祭りである時代祭りが中止されました。前回中止になったのは昭和天皇の病が重篤だったから、とのこと。実に29年ぶり、しかも台風で。同じ日に行われる鞍馬の火祭りは無事行われたようです。

それらの影に隠れて目立たないのですが、私の住む岩倉でも10月23日に近い土曜日に石座(いわくら)神社の火祭りが行われます。
火祭り1

松明が灯されて幻想的な風景が浮かびます。奥には神輿が。

 

 

 

 
今年は22日の土曜未明、二時半から神事が執り行われ、3時に10メートル以上にもなる大松明2本に点火します。祭りの由来は、むかし岩倉の地に雌雄の大蛇がいて、農作物を荒らすなど悪さばかりをしていた。そこで神様に祈願したところ、松明を焚いて退治せよ、とのお告げがあったのが始まりだとか。

火祭り2午前3時に点火です。

 

 

 

 

 

老若男女、沢山の人が毎年楽しみに集まります。土曜は神輿が出るのですが、雨だったのでどうだったんでしょうか。旧月歌会に出ていたのでよく分かりません。お祭りを見学して帰って寝たのが5時過ぎだったので、歌会の眠かったことよ。。。

 

火祭り3

 

 

 

 

 

まぁ、奇祭のひとつではありますよね。また来年も行われますので、興味のある方はどうぞ。ただ、当たり前ながら深夜なので、しかも田舎なので、公共交通機関はまったくありません。私の家からは歩いて5分ですが。

_DSC8421

河野裕子短歌賞の応募締め切り(8月21日)が近づいております。皆様、ぜひこぞってご応募ください。応募用紙は「塔」6月号に同封いたしましたが、なければ

https://www.eventscramble.jp/e/kawano

にてダウンロードできます。昨日から宣伝(昨日は自分の誕生日の宣伝)ばかりで申し訳ありません。私の誕生日プレゼントだと思って応募してください!(笑)

金曜日は毎週恒例のバスケ自主練の日です。5年ほど前から子供の学校のPTAのバスケ同好会に入っております。ここしばらく右膝および右脚が痛くて自粛していたのですが、一昨日に整体に行ってだいぶよくなってきたので再開です。
小学校5〜6年生の頃に近所をボールをつきながら歩いていたぐらいで、中学に入って1年間だけバスケットボール部に入ってました。経験はそれだけで、30年ほどの時を隔てて新たに始めました。

ってことで、10月号の選歌後記が書けたら行くのだ!

えっと、ハルジョオンでしたっけ?ヒメジョオンでしたっけ?(毎回分からなくなる)

DSC8404

さて、今年も8月となりました。例年通り夏の全国大会が8月19〜20日と福島・郡山で開催されます。福島では初開催、東北でも10年以上前に松島で開催して以来となりますね。今年も魅力的なプログラムが組まれています。初日は一般公開ですので、申し込まれてない方、塔会員以外の方も是非どうぞお越し下さい。
詳細については7月27日付けの荻原さんのブログを参照ください。
7月下旬までに詠草集とプログラム、振込用紙など送ります、とお知らせしておりましたが、少し遅れているようです。近日中に届く筈ですので、どうぞご心配なく。以上、事務連絡でした。

さて、ここからが重要な話なのですが、去年もお知らせいたしましたが、大会二日目の8月20日はなんとワタクシ・永田淳の誕生日なんです!!(毎年この時期にブログ当番が巡ってくるなんて、神の配剤ですな)

しかし、毎年同じことを書くなんて、1年経ってもなんの進歩もないってことですね、つまりは。

与謝野晶子俱楽部20周年記念として「晶子フォーラム2017 ―愛と理性と勇気を求めて―」

http://www.yosanoakiko-club.com/html/event.html

というシンポジウムが開かれます。今週末と迫っていますが、まだ申し込み大丈夫だそうです。

申込先は

TEL、FAXで受付
氏名、住所、TEL番号/FAX番号、参加人数を記載の上、
与謝野晶子倶楽部事務局 (堺市文化部文化課内)まで
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3-1
TEL 072-228-7143 FAX072-228-8174

とのこと。

最後に私もお話しすることになっていますので、よろしければ冷やかしにでも来て下さい。
実は何をお話しするかがまだ決まっておらず、レジュメも作っていないのですが…(汗
知らない方ばかりだと緊張するので、知った方が「うん、うん」と頷いてくださるだけでも有り難いものです。

5月31日に群馬県伊香保温泉で「河野裕子の魅力」と題したNHK伊香保短歌大会が開かれます。

http://www.n-gaku.jp/life/competition/etc/docs/伊香保短歌お知らせ2017.pdf

河野裕子をよく知る、大島史洋さんと池田はるみさんが対談されます。現在、当日の参加者を募集中とのことですので、お時間の許される方は是非ご参加ください。
もう投稿の締切は過ぎていますが、当日参加は可能とのこと。
リンク先にもありますが、詳細は

NHK学園伊香保短歌大会事務局
042−572−3151
までお問い合わせください。入場無料、入場券ご希望の方はこの番号までお電話ください、とのことです。ただ、入場券がなくても入場可能とのこと。

僕も去年この大会に行きましたが、新緑の季節のとてもいい温泉でした。ついでにこのホテルの裏山にはニホンアナグマもいました。
投稿の締切は過ぎていますが、当日詠というのもあるそうです。こちらはなんと抽選(!)で伊香保温泉宿泊券も当たります。

是非お一人でも多くのご参加を。

昨日はもう「これでおしまい!」みたいな投稿をしてしまいましたが、よく考えたらまだ休みまでもう一日ありましたね。←典型的な休みボケ

で、街のあちこちで木香薔薇が満開です。(ここの接続詞「で、」もよく分かりませんが)

あ、決して女性が美人だったから盗撮、というんではありませんよ。(言い訳すればするほど怪しくなりますよ)
木香薔薇

 

木香薔薇と言えば

花山多佳子歌集『木香薔薇』。

ということで、もう一回最初から読み直してみたんですが、なんと

裂けて立つ木の名は知らずうらうらと木香薔薇の花のなだるる

の一首だけしかないんですね。もっとあったように思ったのはおそらく気のせい。けど、昔に読んだ歌集を読み直すと面白いですね。あの大根の歌、

大根を探しにゆけば大根は夜の電柱に立てかけてあり

も『木香薔薇』に入ってたんですね。

せっかくなのでもう一つ、トピックを。

雉最近、事務所の近所で雉の番がいることを妻が見つけました。これまでたまに出会すことはあったのですが、こうして毎日見かけられるのも嬉しくって、しょっちゅう見に行ってます。
なかなか男前でしょ?奥さんはせっせと食餌中。もう少ししたら草の丈が伸びてしまって見つけられなくなるんだろうな。無事、子ども沢山産んでくれたら面白いなぁ。

で、今週はおそらく、これで更新終わりです。自宅にもPCあるのですが、写真を取り込む機能がありませんし、なにより連休ですので♪

ではでは〜〜

先週の金曜日、京都産業大学のキャンパスでぼんやり山を眺めながら大森静佳さんが
「今年初めて、新緑がこんなに綺麗だと感じました」
と言い出してびっくり。大森さんは山近くの田舎育ち(失礼!)なので
「え?だって小さい時から見てたでしょ?」
って訊いたところ
「見てはいたけど、綺麗と思ったのは今年が初めて」
とのことでした。(あ、隣に池本一郎さんもいたので、残念ながらデートといった雰囲気ではありませんでした。大森ファンの方々どうぞご安心ください)

けど、この感覚はよくわかるような気がする。うちの子供達、特に小さい方の二人、なんか桜や青葉をみて「綺麗やなぁ」って同意を求めてもまったく知らん顔をします。上の二人も付き合いで「うん、うん」とは言ってくれますが、心底綺麗とは思ってないみたい。

新緑

個人的なことですが、母方の祖父が亡くなったのが15年前の5月5日。その亡くなる三日前に、もう随分と弱ってきたので一度京都に連れてきていろいろ見物させておこうということになりました。滋賀県から京都まで僕が運転して助手席に乗せてきたのですが、京都の白川通の中央分離帯の欅が芽吹いたところで、頻りに「きれいなぁ、きれいなぁ」と言っていたのを、この時期になるといつも思い出します。あんなに心底、新緑を「きれいなぁ」と言っている言葉は聞いたことがありません。三日後、本当にあっけなく急死するんですが、京都に連れ出してよかったなぁ、と思う反面、あれが死因につながったのではないか、とも思わないでもありません。

話を戻しますと、齢を重ねるとやはりモノの見方も変わってくるんだ、と改めて感じた次第です。自分に引きつけて考えてみると、いつから青葉がきれいだと感じるようになったんだろう。

ま、今後の大森さんの歌に新たな展開があるのではないか、と期待ですね。

新緑 水面

個人的にはこんな、水面に映る青葉も好きだったりします。

1年365連休だ!という方も、9連休だ!という方も、暦通りだよ!という方も、GWってなんの略ですか?って方も、どうぞよい日々を!(連休を!と書きたかったのですが、最後の一つを書いてしまったがためにこんな中途半端な。。。)

鳶web用

節分らしく鬼の写真を探したのですが、手持ちにありませんでした。で、関係ないのですが、酉年らしくトンビでも貼ってみます。大森さんなら鬼のお面とかいっぱいありそうなんですが…(あ、大森さんは般若かな)

まぁ、折角短歌のHPなんで

愁いもつわれ夜の人 くらがりに追儺(ついな)の豆を靴にふみたり 岡部桂一郞『木星』

好きな一首です。

あ、今日で永田淳の後厄も終わりました。よかったよかった。

ついでに宣伝です。月刊「同朋」という雑誌で対談しています。

https://books.higashihonganji.or.jp/defaultShop/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=19543&dispNo=001001

よければご覧下さい。

ページトップへ