ブログ

カテゴリー "永田淳"

本来なら、明後日には全国大会があって、皆さんとお会いする筈でした。
で、気付いたのですが、毎年この時期にブログ当番が回ってきます。これはもう天の配剤としか思えません。何がって?いや、僕の誕生日がくっついてくるからです。
あ、今日がその誕生日でもうあまり目出度くもありませんが、47歳になりました。

こんな公の場で誕生日を宣伝しても仕方ないのですが。

本来なら全国大会の準備に慌ただしくしているころだったんですけどね。年に一度のお習字もしませんでしたし、大会参加者の詠草を読むのもなくなりましたし。(こんな切羽詰まった直前にやってたの?というのは内緒の話)

大会がないと、なんだか夏を終わらせられないようなそんな気がするのは僕だけじゃないでしょうね。

で写真は相変わらず何の関係もありませんが、晩夏の光のなかで繰り広げられたドラマの一場面。油蝉の背後からハラビロカマキリが狙っています。

で次の瞬間がこちら

なんだかよく分かりませんよね。シャッタースピードが遅かったので、こんな残像になってしまいましたが、カマキリがアタックしたものの、見事に油蝉に逃げられところです。左下の赤くぼやけてるのが蟬、緑色がカマキリです。なんか一首になりそう。

あまりにも短歌と関係ないことばかりなので、せめて一首なりとも

帰り来る悔こそひとり蟷螂(かまきり)も机上の壺も夕暮の燐  『子午線の繭』 前登志夫

ただいま、8月19日の午後9時前ですが、塔の10代、20代のまだ特集に原稿を出していないみなさん、実はまだ間に合うのです!(え?言っちゃっていいの?)

ここだけの話(って、めっちゃオープンな場じゃないですか?)、まだ猶予があります。
今から7首かき集めて、ちゃちゃっと200字ぐらい何でもいいので、書いて出しましょう!

母が「なんでもいいから、日本語が並んでればよろし」と口癖のように言ってました。
事前に周到に用意して、推敲に推敲を重ねて作るのはもちろん大事です。けど、それ以上に欠詠しない、チャンスに乗り遅れないことの方が遙かに大事です。

僕自身はこの10代20代特集が始まった最初から参加していて、多分8回ぐらい出しています。塔に歌を出していない休眠状態の時でもこの特集にだけは出していました(せこい!笑)

出さなければ、必ず後から後悔しますので、是非に!(具体的にいつまで猶予があるか、ということは言えませんが、まだなんとかなります)

で、写真はまったく関係なく、自宅でやっと咲き始めたタカサゴユリかな?テッポウユリかな?

気持ちのいい季節なのに、外出もままならず鬱々とした日々を過ごされている方も多いのではないでしょうか。
畢竟、ネットをウロウロする人も多くなっている筈。
そんな方は是非、こちらをご覧ください。
塔のあの方がついに、中学生がもっともなりたい職業、そうYouTuberになられました!

https://www.youtube.com/watch?v=webi5HPoOsQ

え?誰か分からないって?この声に聞き覚えありませんか?
分かる人はすぐ分かりますね。取り敢えず、ネタバレは一週間は禁止にさせてください(笑)

ではもう一方、こちらはご自身がちゃんと出ておられます。

https://www.youtube.com/watch?v=Wbc9h1bg5Hw&feature=share&fbclid=IwAR04tu2Pi87KUVDqPWGnXjVZ17-ZyOp8MVidUl48ILwChp7wZwZybtmr9XU

「私もYouTubeやってるよ!」という方、おられたら是非お知らせください。

って、全然短歌の話ではなかった。。。

なにかと騒々しいですが、皆さんお元気にてお過ごしでしょうか?
「第7回誌上短歌大会」という大会が、NHK学園主催で行われます。
普通でしたら、各歌会などでチラシを配布して皆さんに告知するのですが、現下の状況ですのでチラシ配布もままならず作品がほとんど集まらない、と担当者さんが嘆いておられます。

今回からネットでの投稿も可能となったそうです、こちら↓
https://www.n-gaku.jp/life/topics/5579

なんといっても「誌上」です。大会会場まで出向く必要もありません。多くの方と出会うことも、隣り合うこともありません(寂しいですけどね)。

家に籠もってばかりでつまらない、と思っているそこのあなた、気分転換に歌をササッと2~3首作って、リンク先をポチッと押して、スイスイ先に進んで、投稿してみる、というのはいかがでしょう?ちょっとは気分が晴れるかもしれません。

あ、ちなみに永田もちょろっと、選歌などさせていただくことになっております。

福島駅前に佇むこのお二方、誰だか分かりますか?(って、タイトルでもう答を言っちゃってますね)そう、蕉翁と曽良さんです。
どっちが芭蕉?ってのは野暮な質問。

先週のことになりますが、福島歌会にお邪魔してきました。いわゆる忘年歌会ですね。

詠草に

わたしにも新しい名前ほしくなるできれば鳥か魚の名前  小林真代

という一首が出ていまして(もちろん、作者名は伏せてありました)、この歌に吉田健一さんから「私もですね、魚の名前なんかが欲しくなったりする訳ですよ。例えば「吉田シーラカンス」とかですね」といった爆弾(!?)コメントが出て、あの吉田さんが真面目な顔でこんなお茶目なことを言うものだから、会場は笑いの渦に。東北歌会、忘年会まで含めて大変楽しゅうございました。

で、翌日、折角福島まで来たのだから、と二日酔いの体を引き摺りながら福島市内を散策。駅前にこのお二人が。で、このお二人の足跡を辿ることに。

まずはバスで岩谷磨崖仏へ。

みなさん、美男美女でいらっしゃる。福島市内も遠望できていいロケーションでした。

そこから阿武隈川まで歩いてみることに。

この前の台風の傷跡があるのかな?
滔滔と流れるいい川でした。京都の鴨川も悪くはないけど、東北の川は(一部しか知りませんが)流量が豊かで好きです。

で、ここでバスに乗ろうかと思ったら定刻を過ぎてもなかなか来ない。どうしたものか?とちょっとうろうろしている隙にバスが通過!!!次のバスまで1時間以上あります。

ということで、文知摺観音(もちずりかんのん)まで歩くことに。2〜3㎞かな?着いて帰りのバスの時刻を確認すると、あんまりゆっくり出来ない。逃すと次は2時間後。

ここは百人一首にもなっている

陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにしわれならなくに  河原左大臣

の舞台となった場所。源融がお忍びで来て(お忍びで京都からここまで来るかねぇ?とも思いますが)、ここの虎女と恋に落ちたとのこと。ま、詳細はどこかで検索してください。もちずり石の写真を撮ってくるのを忘れました。

資料館には芭蕉の真筆なども展示されていました。(資料館内は撮影禁止)

早苗とる手もとや昔しのぶ摺  芭蕉

涼しさの昔をかたれ忍ぶずり  子規

子規の句は格好いいなぁ。

ということで、福島歌会の皆様、大変お世話になりました。

こらっせ福島の金の大草鞋前にて。

浜竹
各所で静かなブームを呼んでいる、相原かろさんの歌集『浜竹』の批評会が下記の要領で行われます。
まだ残席あるようなので、ご興味とお時間のある方はお申し込みください。
なんと閏日、というかろさんらしい日での開催です。

【要領】
相原かろ第一歌集『浜竹』批評会を、下記のとおり行うこととなりましたのでお知らせいたします。
〇日時:2020年2月29日(土) 13時~17時
   (受付開始12時30分)
〇場所:主婦会館プラザエフ(8階 スイセン) 
   ※JR四ツ谷駅 麹町口前(徒歩1分)
〇会費:2,000円
〇レポーター:永井祐、本多真弓(未来)、徳重龍弥(塔) ※敬称略 
〇司   会:宮地しもん(塔)
                   * 
批評会終了後、四川料理「食為鮮」(プラザエフから徒歩3分)で懇親会を開催いたしますので、ぜひご出席ください。
〇懇親会:17時30分~20時(会費4,000円)
〇お申込み締め切り:1月17日(金)までに下記あてにお願いいたします。
懇親会の出欠席についても同時にご連絡ください。
*会場の都合上、席数に限りがありますので、お申込みはお早目にお願いいたします。
〇お申し込み・お問い合わせ先:田中律子 
  MAIL:shirorincat(アットマーク)nifty.com

と言っても、餃子で有名な某店ではありません。
昨夜、九州から帰って京都新聞をパラパラ繰っていたら、「!!」つい三日前に旧月歌会でご一緒していた顔が!
ただいま、e歌会でも活躍中のいわこしさんが第63回京都王将戦で優勝されたとのこと。もちろん、ここでは「いわこし」という筆名ではなく、実名でしたが。
ともあれ、おめでとうございます。

しかし、将棋や囲碁の有段者も塔にはおられますし、これだけ会員も増えてくると多彩(多才?)な方々が世の中にはおられるんだなぁ、と変に感心してしまいます。

 

20190925102357

「サワガニとカワセミ」う〜ん、どっちが先でも「月とタニシ」みたいな語呂の良さにはならないな。

ということで、前々回の大森さんのブログで「サワガニを見てたら、カワセミを見逃した」というところにビビッドに反応いたしまして。ここは是非、我が家の田舎ぶりを発揮しようと思った訳です。

で、朝に連れ合いに「カワセミいないかなぁ」と言ったら「そこらにしょっちゅういるやん」との返事。まぁ、確かに時折は見かけるのですが。「どして?」と訊かれたので「写真撮りたい」と伝えていました。すると、仕事に向かった連れ合いがすぐに戻ってきて呼び出されて…

19.09.18カワセミ

はい、カワセミです。近寄りすぎたので逃げてしまい、この一枚のみ。まぁ、確かに「翡翠」というだけあって、飛んで行く様は青(蒼?碧?)を一閃、と言った感じです。自宅の裏の川にて。

で、折角なのでサワガニも。こちらは簡単。川辺に降りていって一つ目の石をめくったらハズレ。二つ目で

19.09.18サワガニ

はい。この子は左のハサミがとれてましたね。また生えてくるでしょう。大雨の後など、うちの勝手口でも普通に歩いてますね。

と、まぁ、永田家の朝の一コマでした。

折角なのでアキアカネも。19.09.18アキアカネ

 

千葉方面の方々は大丈夫なんでしょうか、ちょっと心配。

19.09.17年鑑回顧

なんだか味気ない写真で申し訳ありません。

この3連休の土日と北海道は札幌に行ってきました。そうです、タイトルにあるように毎年12月号掲載の年間回顧座談会のためです。出来て3年目の札幌支部の方々に今年は担当してもらうことに。

土曜日は朝の6時20分発(下手したら何時もの僕が寝る時間)の地下鉄、リムジンバス、飛行機、JRを乗り継いで札幌へ。この日は歌会を開いて下さるということになっています。開始は13時30分。順調にいきすぎて、札幌に11時半には着いちゃったので、重いリュック(何と言っても「塔」1年分とノートPCなどが入っているのだ)を担いで市内観光。時計台を見学したあと、大通公園に行ったら「オータムフェスト」なるものを開催中。公園を埋め尽くすように屋台が出ていて、あちらこちらから旨そうな匂いと、クラフトビールやワインのグラスを持ちながら歩く人々。歌会前だぞ、歌会前だぞ、とアルコールを自重するのに必死でした。

予定通り、13時半から歌会、出席は10名。会場はノースエイム。

タルタルソースべつたりと付け論じ合ふわれらに遠き昭和の歌を  千葉優作
ムクドリが群がりさわぐゆふぐれの なぜわたくしを神は選べる  栗山洋子
与へ給へ大気が地球を包むごとパンをあまねく(…できればアンパン)  品田一郎

個性的な歌も結構あって、楽しく17時に終了。そこから札幌駅まで移動して懇親会。まぁ「1年分の塔を読み返さなきゃならない週間」でしたから、珍しくアルコール抜きの一週間だったのです。
ので、まぁ、ビールが染み渡る訳です。明日が本番だ、というのに。二次会まで行って、お開き。

翌日曜は僕の帰りの飛行機の都合もあって、午前9時半から同じくノースエイムで年間回顧座談会。6名で各々、意見を述べる。内容は12月号をお楽しみに。先ほど、録音を聞き直しましたが、面白い話も随所に出てきています。

で、冒頭に戻る訳ですが、なんでこんな味気ない写真かというと、前述の通り荷物が重すぎてカメラを持って行く気になれなかったのです。「じゃ、携帯で撮ってくればいいじゃん」って声が聞こえてきそうですが、僕はいまだガラケーでして、そんな精細な写真は撮れないのです。(ついでに言うと、携帯などで写真を撮りたくない、という意固地な気持ちもあります)だから大通公園の華やかなフェストも札幌の抜けるような青空も、新千歳空港の秋の夕空もありません。

ページトップへ