ブログ

カテゴリー "小川和恵"

今日は、京都平日歌会を紹介(宣伝?)したいと思います。
本日、5月京都平日歌会が開催されましたので、その様子を。
みなさん、普段自分の行かない歌会がどういうものなのか、知る機会は案外少ないと思うので、書いてみようと思いました。

京都平日歌会は、毎月第4木曜日に、塔短歌会事務所に於いて開催されています。
事務所には24個しか椅子がなく(これ以上は物理的に入らない)、つまり24人がMAXです。
これは、机のない椅子だけの席も含めての数なので、机のある「いい席」は争奪戦です。
その結果、この歌会は開始30分以上前の段階で7~8割の人が既に着席している、という変な(!)歌会です。

その上、今日はなんと満席!24人きっかり出席!
聞くところによると、実は25人目、26人目に申し込まれた方もいて、泣く泣くお断りになったとか。
(こんなことは滅多にありませんが。)

歌会の前には選歌をします。
今回は一人4首選。
みなさん、詠草集を前にじっくり読んで、何度も読んで、一生懸命考えて選びます。
「選びたい歌が5つも、6つもあって、ああ困ったわぁ…」なんてことも、ときにはありますが、無情に4首に絞ります。

歌会の冒頭に、出席者が自分の選んだ歌の番号を発表します。
私なら「小川和恵です。○番、○番、○番、○番」といったように。
そして、出席者は予め配られている秘密兵器、じゃなかった一覧表にそれを書き込んでいきます。
全員が発表し終わると、こんな感じになります。

IMG_6656 - コピー
(一番右の欄に記入された個人の氏名は消してあります)

どの歌に誰が票を入れたか、一目瞭然です。
怖いですね~!
ただ、ここで何票入ったとか、全然入らなかったとか、それはあまり重要ではありません。
それよりも
①「いい歌を選ぶぞ」という気持ちを持って、全ての詠草にしっかり向きあう時間をまず取る
②これを議論のきっかけにする
というところに意味があるのだと、私は思っています。

京都平日歌会では、票の多寡には関係なく、1番から順番に進めていきます。
概ね、まず票を入れた人に当てる(1~2人)→入れなかった人に当てる→自由に発言、といった進行になることが多いです。
歌会の最中は、こんな感じ。

IMG_6660 - コピー

IMG_6658 - コピー

(なお、これらの写真に写っている方については、このブログに掲載する許可を得ています。)

ご覧になるとお分かりかと思いますが、結構狭くて、参加者の密集度がすごいです。
私は、この狭さ・密集具合が、京都平日歌会の特徴であり、いい所だと思っています。

まず、比較的意見が言いやすいのです。
それから、聞いている人の反応が伝わりやすいです。
ちょっとした表情の変化や、手の動き、頷きや首振り、それこそ息づかいさえも感じられるほどです。
そういった、参加者のダイレクトな反応を感じ取りながら発言し、また議論が進んで行く、それが「生きた批評」「生きた議論」につながりやすいのではないか、と感じています。
そういった議論の中で、歌がむくむくっと動いたり、大きくなったり、あっという間に位相を変えたり、そういった場面に立ち会うと「ああ、今日は歌会に来て本当によかった!」と思います。

京都平日歌会は、そういうことが起こりやすい歌会だと思います。
もの凄い大激論になることも、しばしばです。
また、最初は1~2票しか入っていなかった歌が、議論によってどんどん立ちあがっていって、「おお、実はこんなに素敵な歌やったんや!」となることもあります。
それは、本当に感動ですね。

今日は24首と、歌数も多かったのですが(いつもは20首前後が多いです)、司会の大地さんの巧みな進行もあって、きっかり16:00に終了しました。
3時間、びっしり歌会をして、とても充実した時間! 

で、終わった途端に疲れがどっと出て、お腹が減るのもいつものこと。
なので、終わった後は有志でお茶に行くのも恒例です。
短歌に関係あること、ないこと、みんなでしゃべりまくります。
こういった時間は、一見何でもない時間のように思えて、実はとても大切な時間ではないか、と思います。
そして「また来月も必ず来よう!」と決意して、家路に向かうのです。

近畿圏の方も、そうでない方も、ぜひ一度、京都平日歌会に起こしください。
お待ちしております。

(神戸の休日①の続き)

写真 2018-05-20 11 40 56 - コピー

写真 2018-05-20 12 07 29 - コピー

というわけで、目的その②は、ほっともっとフィールド神戸に行くこと、でした。
お目当ては、プロ野球のオリックス・バファローズvs埼玉西武ライオンズの試合です。

ほっともっとフィールド神戸は、私が行ったことがある中で、一番好きな球場です。
(そんなにたくさんの球場に行ったことがあるわけではありませんが。)
土と天然芝のグラウンドは、それはそれは美しい!
特に、こんなよく晴れた日の眺めは最高です。

この球場はオリックス・バファローズの準本拠地球場。
ただし、私は埼玉西武ライオンズの30年来の大ファンです。
(注:埼玉生まれの埼玉育ちなのです。)
なので、来るのはもっぱらライオンズ戦。

しかし、残念なことにここでライオンズ戦があるのは、せいぜい年に1~2度。
今年は、この土日の2連戦だけ(あとは全部京セラドーム大阪)。
なので、今回は少々無理をして、この日曜日に来たのです。

観戦した席からの眺めは、こんな感じです。

写真 2018-05-20 11 37 47 - コピー

私のお気に入りの、3塁側フィールドシートです!
フィールドシートは、グラウンドレベルで、つまり選手が実際に試合をするのと同じ視線で見ることのできる座席で、フェンスやネットもないので、ここで試合を見ると本当に迫力があります。
ちなみに、今でこそ様々な球場にフィールドシートがありますが、日本で初めてフィールドシートを導入したのは、このほっともっとフィールド神戸です。

プロ野球の試合前の練習は、通常、ホームチーム→ビジターチームの順番なので、開門したときにはビジターチームの選手が練習しています。
なので、贔屓のチームがビジターの試合を見に行くのは、実は練習風景を見ることができて、ちょっぴりお得なのです。
でも、普段はテレビの中でしか見たことのない選手やコーチたちが、目の前で練習していたり、誰かと話していたり、ウロウロしていたりするのを見るのは、とても不思議な感じがして、なんだか現実感がありません。
陳腐な言葉ですが「夢の中の世界」といった感じがしてしまいます。

写真 2018-05-20 11 38 02 - コピー

それとフィールドシートで観戦することの特典のひとつは、運がよければ選手にサインしてもらえることです!
時間がある選手は(中継ぎのピッチャーが多いですが)、比較的丁寧にファンに接してくれて、時間が許す限りサインにも応じてくれます。
声を掛けるのはちょっと、否かなり緊張しますが、本当にうれしいですよ。

試合中は、当然のことながらファウルボールが飛んでくることもあります。
この試合では、ライオンズのメヒア選手が打ったライナー性のファウルボールが、もの凄い低さとスピードで突き刺さるがごとく飛んできて、もの凄く怖かったです。
運良く、座席ではなく、座席と座席の間の通路に飛んだので、誰にも当たらず済みましたが。

試合は、残念ながらライオンズが負けてしまいましたが、お天気にも恵まれて、神戸の休日②を十分堪能させてもらいました。
来年もまた見に行けたらいいな。

今日の近畿地方は、どちらかと言えば「初夏!」という感じの、よく晴れた気持ちのいいお天気でした。
そんな日に、久しぶりに遠出して、神戸まで行ってきました。
目的は2つ。
今日書くのは、その1です。

その目的地は、神戸市営地下鉄・海岸線の新長田駅。
これをどうしても生で見たかったのです。

IMG_6398 - コピー

…って、これではよく分かりませんね。
では、お目当てのもののアップを。

IMG_6402 - コピー

はい、坂本花織選手(フィギュアスケート・平昌オリンピック代表)の赤ちゃんのときの手形・足形です。
オリンピックが始まる少し前に報道されたので、ご存じの方も多いかもしれません。
地下鉄海岸線が開通した2001年に、その前年の2000年に生まれた子どもの手形・足形を募集したところ、坂本選手のご両親も応募され、展示されたそうです。

この坂本選手の手形・足形は一番上段に展示されていたのですが、なんだかひときわキラキラ光っているような気がしました。
絶対に生で見たかったので、やっと念願叶った!
一番上段だったので、撮るのにはちょっと苦労しましたが(笑)

で、目的の1つ目を完遂して、地下鉄海岸線…には乗らずに、西神・山手線に乗って、次なる目的地へ。
それは、ここです!

写真 2018-05-20 11 05 44 - コピー

写真 2018-05-20 11 00 24 - コピー

写真 2018-05-20 11 25 09 - コピー

本当に空が青くて、風が心地よくて、様々な濃淡を持った緑が眩しくて、絶好の○○日和!
(②に続く)

こんにちは、小川和恵です。
住所変更等の受付窓口を担当しています。

3月・4月は、進学・就職・転勤等で、引越の多い時期ですね。
塔の会員の方の中にも、転居される方が多くいらっしゃるかと思います。

転居等に伴い、毎月の「塔」の発送先が変更になる場合には、必ず私・小川まで届け出てください。
(連絡先は「塔のひろば」末尾の「原稿などの送付先 届出・問合せ先一覧」を参照のこと。)

また届出は前月の20日までにしていただく必要があります。
例えば、4月号から変更の場合には、3月20日までに届け出てください。
したがって、できれば実際に転居してからではなく、新住所が決まり次第、できるだけ速やかに届け出ていただくことが望ましいです。

届出が21日を過ぎた場合には、翌々月号からの変更になります。
この届出が遅れたために「塔」が受け取れなかった場合には、原則再送いたしません。
前住所まで取りに行く、もしくはバックナンバー購入の手続をとっていただくことになります。

なお、「塔」の発送はヤマト運輸のクロネコDM便を用いて行っております。
したがって、郵便局に転居届を出されて転送サービスに登録されていても、「塔」が転送されることはありません。

また、ヤマト運輸の「転居転送サービス」は、クロネコDM便についてはそのサービスの対象外となっています。
したがって、ヤマト運輸の「転居転送サービス」に登録されていても、やはり「塔」が転送されることはありません。

転居等で発送先が変更になる場合には、決まり次第できるだけ速やかに私・小川まで届け出ていただきますよう、お願いいたします。

写真は、一昨日朝の大阪府立体育会館前です(本文とは全く関係ありません)。
例によって、前を通りがかっただけですが…。
IMG_6158

1ヶ月ほど前のことになりますが、2月4日(日)、滋賀歌会に参加しました。
毎年2月は滋賀歌会に行っているのですが、半分は「かるた歌会」に釣られてです。
2月の滋賀歌会は近江神宮・勧学館という場所で開催され、前半は通常の歌会ですが、後半はかるた大会(百人一首)で楽しみます。
私は子どものころからかるたが好きなのですが(と言っても素人のお遊びの域を出ませんが)、近年はかるたをする機会もほとんどないので、この時ばかりはと喜んで行っているのです。

この会場の「近江神宮・勧学館」というのがミソで、ここは名人戦・クイーン戦や、高校のかるた選手権大会が行われる場所なのです。
近年は、映画「ちはやふる」のヒットもあって、にわかに注目を浴びていますね。

近江神宮自体も、結構これでPRしていました。

IMG_6095-2

これは入口の隣のスペースなのですが、こんなのは去年まではなかった!

そして、畳に近づくとこんな表示が。
IMG_6098

「ちはやふる」の俳優さんたちも訪れたらしく、サインが飾ってありました。
IMG_6105-2

そして、グッズもたくさんの種類が販売されていました。
私がゲットしたのは、もちろんこれ↓
IMG_6154

またコレクションが増えましたo(*^▽^*)o~♪

みなさんも機会があればぜひ近江神宮を訪れてみてください。

平昌オリンピック、終わってしまいました。
冬季オリンピックの競技は、見るのが好きな競技が多いです。
夏季の競技以上に「とても人間業とは思えない!」と思う競技が多いからかもしれません。
普段はなかなか見ることのできない競技も多いので、つい一生懸命見てしまいました。
「あー」「わー」「うー」と言っているうちに、あっという間に終わってしまった気がします。

そして、今日はスケート教室の日でした。
この火曜日の教室は、一般滑走の時間にリンクを一部仕切って行います。
教室がだいたい1/4くらいで、残り3/4は一般のお客さんが自由に滑っています。

11月下旬くらいから、団体客も多くなります。
ほとんどは学生さんで、授業の一環としてくることが多いみたいです。
今日も団体が入っていたのですが、見たところ小学生が100人くらい!
…100人の小学生が(もちろんほとんどが未経験者)自由に動き回っていると、ちょっとすごい光景になります。
教室が終わったあとは、私たちもフリー滑走できるのですが、予測できない動きをする子どもたちと衝突しないよう、かなり気を遣います。

で、騒ぎまくっている彼らの言っていることをよく聞いてみると…

「イェーイ、パシュートだ~!」(何人もつながって)
「おれ、小平みたいやろ?」
「羽生結弦の最後の振り付けって、こんなんちゃうかった?」

まさに平昌オリンピック余波!
すばらしい滑り・演技は、小学生の心にも衝撃を与えていたのですね。

IMG_6129

写真は本文とは全く関係ありませんが、リンクからの帰りの空です。
あまりにもきれいな青空だったので、思わずパチリ。
難波でも、こんなに空がきれいな日もあるのです。

今日は第2金曜日。
私が1ヶ月の中で最もハードだと思っている日です。
なぜなら、朝6時起きで午前中は難波でアイスダンス教室(教室1時間+フリー滑走1時間)、その後はその足で約1時間半かけて京都に移動し、塔事務所で初校作業、という一日だからです。
実際、翌日の土曜日はぐったりしていることが多いです(笑)

なんですが、今日はその後、さらにもう一つ用事を入れてしまいました。
↓これです。

写真 2017-12-08 17 02 09

写真 2017-12-08 17 02 26

なんと言っても30年以上の『ガラかめ』Fanですから!
(おそらく北島マヤが歴代演じてきた演目・役名はほとんど空で言えるのではないかと…)
もちろん、自宅にも全巻揃ってます。

主に原画が数多く展示されていたのですが、…もう「感激」などという言葉では言い表せません。
原画を生で初めて見た、大切なあのシーンはこうやって書かれたというのを見た…。
…いやあ、人間本当に感動すると極めてボキャ貧になる、というのを改めて実感。

私は、美術館や美術展などは絶対に一人で行きたい派です。
とにかく、自分のペースで、自分のこだわりを持ってじっくり見たいのです。
今日はもちろん一人でしたし、幸い混んでいなかったので、心ゆくまでじっくり原画を見ることができました。
ああ、なんと至福の時間よ!

先週、青蟬の会が主催しているクロストークに行って、「絵画と短歌」というテーマで吉川宏志さんと松村正直さんのお話を聞く機会があったのですが、その話を聞いた上で、今回の展示に行ったので、より一層味わい深いものになった気がします。
美内すずえさんが制作するときの息づかいのようなものまで感じ取れた気がしました。

で、最後は「くりあふぁいるこれくたー」を自認する私ですから、こうなります(笑)
写真 2017-12-08 22 15 02

写真 2017-12-08 22 18 24

これら全て、今回の「ガラスの仮面展」オリジナルのもの。

ちなみに、↓このクリアファイルは
写真 2017-12-08 22 20 54

白い紙を挟むと、こうなります。
写真 2017-12-08 22 21 59

「マヤ、恐ろしい子!」

美術館「えき」KYOTOで、12月25日まで。

前回「もう12月です!」と書きましたが、みなさんは「12月」と聞いて何を思い浮かべますか?
クリスマス、年賀状の用意、年越しそば…。
いろいろあるかと思いますが、私が思う一つは「第九」です。

私は大学時代、大学のオーケストラに入っていたのですが、そのオーケストラの年内最後の練習のときには、恒例行事がありました。
「お遊び」です。
ここで言う「お遊び」とは、初見大会のことです。
事前に募って決めていた数曲を、その場で譜面を配り、みな初見で(つまりその場で初めて譜面を見て)演奏して楽しむ、というものです。
これはオーケストラをやっている者にとって、最高に楽しい遊びの一つでした。

この「お遊び」は年に2-3回やっていたのですが、年内最後の「お遊び」のときは、「必ずこの曲で締めくくる」という曲がありました。
そう、ベートーヴェン作曲交響曲第9番「合唱付」、いわゆる「第九」です。

ご存じのとおり、この曲では第4楽章にソプラノ・アルト・テノール・バリトンの合計4人のソロに、混声4部の合唱が入ります。
これらの「歌う部隊」も、ソロも含めて全員団員がまかないます。

私はこのソプラノソロのパートを、社会人になってからも含めて合計6回ほど務めさせてもらいました。
きっかけは、1回生のときに歌う先輩を見て「ああ格好いいな!」と思っていたところ、その先輩が就職して続けられなくなったので、「じゃあおまえやれ」とお鉢が回ってきたことです。
思い切り歌うのは気持ちよさそうだし、何よりど素人が「第九」のソプラノソロを歌えるなんていう機会は、まずないじゃないですか。
それに、私は高音を出すことに関しては、少しばかり自信があったのです。

歌うことになったのはよかったのですが、歌詞は全てドイツ語!
ドイツ語を習ったことなどない私には、歌詞の意味はもちろん、発音も分からない…。
でも、先輩の「まあローマ字読みしておけば、ほぼ間違いない」との指導(?)により、何となくそれらしく歌うことはクリア。
あとは音程をとることで、BOXのぼろいピアノで何度も旋律を弾いては歌い、どうにかたたき込みました。

で、やっぱり気持ちいいんですよね!
発音もめちゃくちゃなら、音程もちゃんと取れていたか怪しいものですが、すごく充実感を感じました。
そして、そこから6年ほど連続して歌うことになったのです。

1994年の年末は、翌年、つまり1995年1月に定期演奏会を控えていました(私は出なかったのですが)。
その定期演奏会では、客演指揮者に、あの佐渡裕氏を迎えることになっていました。
佐渡さんというのは大変気さくな方で、この年末の「お遊び」に、特段その日に佐渡さんを迎えての練習があったわけでもないのに、わざわざ来てくださったのです!
その年の「第九」は、もちろん指揮は佐渡さん。
そればかりか、なんとバリトンソロも佐渡さんがこなすという、二刀流!
佐渡さんのバリトンソロを間近で拝聴するなんて、無茶苦茶贅沢でしたね。

この時も私はソプラノソロを担当したのですが、佐渡さんの指揮で歌うと、もう抜群に歌いやすいのです。
これまでの学生指揮者の方には申し訳ないですが、もう全然違いました。
指揮に合わせて歌う、というよりも勝手に私の中の声が引き出されてしまう、という感じ。
私にとっては、本当に貴重な経験になりました。

この時の様子が、なんと写真に残っているんですね~。
左端で、合唱団の方に振り向いて指揮をしているのが佐渡さんです。
94.12.28 第九の写真3

で、この話には続きがあります。
1995年1月の定期演奏会は、京都公演が17日でした。
そう、あの未曾有の災害として記憶される、阪神・淡路大震災の、まさに当日でした。
とんでもない地震が起きたという認識は十分すぎるほどあり、しかしながらあまりにも大きな地震だったため、この時点では被害状況も全容が全く分からない中、この演奏会は行われました。

演奏会の冒頭、指揮台に立った佐渡さんは、おもむろに客席の方に向き直りました。
そして「この演奏を今日の震災で亡くなられた方々に捧げます」と静かな声で告げた後、再びオーケストラに向かって演奏を始めました。
曲は、マーラー作曲の交響曲第9番でした。

こんにちは、小川和恵です。
もう12月です!この前「2017年になった」と思っていたのに…。
大阪もだいぶ冷え込む日が増えてきて、寒がりの私には少々つらい季節ですが、「こんなんで寒がっていては東北や北海道の方に申し訳ない」と思いながら耐えています。

さて、私の生まれ育った埼玉県川口市には、その名も

  十二月田

という地名があります。
正確には行政区画としての町名からはすでに消えてしまったのですが、今でも「十二月田小学校」「十二月田中学校」などには残っています。
この地名、結構難読で、埼玉県民でない人にはもちろん、埼玉県民であっても川口市民でない人なら読めない人も多いのではないのでしょうか。
さて、なんと読むでしょう?

正解は

  しわすだ  

です。
聞いたら「なぁんだ!」という感じですよね。
川口市も広くて、当時私の住んでいたところからはだいぶ離れていたので、残念ながら行ったことはありません。
でも、母の知り合いの娘さんが十二月田中学校に通っていたりして、地名だけはばっちり知っていました。

では、なぜこの地域が「十二月田」と呼ばれるようになったのか。
それを調べてみました。
すると、『新編武蔵風土記稿』という江戸時代に編纂された地誌の「巻之140 足立郡之6」に「十二月田村」という記述があり、そこにはこんな記載がありました。

新編武蔵風土記 十二月田村

 十二月田(シハスダ)村
 十二月田村は、昔十二月晦日、狐來りて、杉葉を以て田を植るさまをなせしより、
 此村名起れりと云奇怪の説なり。

(読みやすくするために、カタカナはひらがなに直し、適宜句読点を補充しました。)

要するに、大晦日に狐がやって来て、杉の葉で田植えの真似をした、というのが起源らしいのです。
なにか、かわいらしいですね。

この辺りには「十二月田稲荷神社」という神社もあります。
もちろん、総本山は京都の伏見稲荷大社。
稲荷信仰は、古くから稲作とも深く関わっているので、そういったものも背景に、地元の農民の五穀豊穣を祈願する思いが、このような伝承につながったのでは、と考えられているそうです。

ちょっと行ってみたくなりました。
そこで、狐が杉の葉を持って田植えの真似をしているのを想像するのも楽しそうです。

セリーグでは、今日、広島が2連覇を達成しましたね。
阪神ファンの私としては、悔しい限りですが、まずは素直におめでとうございます。

さて、この夏の我が家での(と言っても二人しかいませんが)人気メニューが「夏野菜カレー」でした。

17.09.18 夏野菜カレー

見た目はなんてことはない、普通に家庭で作るカレーなのですが、中身を少し工夫しています。
ナス、ズッキーニ、カボチャ、パブリカ、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、etc.…

夫が「このカレーのお陰で、今年は夏バテがだいぶましだった」と言うのに気をよくして(笑)、今年は何回も作ってしまいました。
圧力鍋を使って煮込むと、野菜の甘い味が存分に出て、それがいい感じです。
3連休もあっという間に終わってしまいましたが、これを食べて、また明日からがんばろう!

ページトップへ