ブログ

カテゴリー "小川和恵"

セリーグでは、今日、広島が2連覇を達成しましたね。
阪神ファンの私としては、悔しい限りですが、まずは素直におめでとうございます。

さて、この夏の我が家での(と言っても二人しかいませんが)人気メニューが「夏野菜カレー」でした。

17.09.18 夏野菜カレー

見た目はなんてことはない、普通に家庭で作るカレーなのですが、中身を少し工夫しています。
ナス、ズッキーニ、カボチャ、パブリカ、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、etc.…

夫が「このカレーのお陰で、今年は夏バテがだいぶましだった」と言うのに気をよくして(笑)、今年は何回も作ってしまいました。
圧力鍋を使って煮込むと、野菜の甘い味が存分に出て、それがいい感じです。
3連休もあっという間に終わってしまいましたが、これを食べて、また明日からがんばろう!

大相撲秋場所も始まりましたが、早々に我らが髙安が休場してしまいました。
まだ大関になるなど想像もつかないころから(一部の人間が)応援していた塔短歌会としては残念でなりません。
一日でも早い快復をお祈りいたします。

さて、ここをお読みの方の中にも、さまざまな物の「コレクター」がいらっしゃると思います。
切手収集なんていうのは、昔も今もポピュラーですよね。

私も子どものころから、いろいろなもの(例えば、切手、折り紙、かわいい付箋、などなど)を集めるのが好きでした。
で、今現在はまっているのは、クリアファイルです。

日常生活や仕事上でも、ごく普通の透明の物は、みなさんも頻繁にお使いのことと思います。
しかし、今私が集めている(というかつい買ってしまう)のは、きれいな柄や写真が入ったものです。

きっかけは確か、数年前にアイスショーを見に行ったとき、そのショーのオリジナルのクリアファイルが売っていて、すごく素敵だったので買ってしまった、といったところだったと思います。

17.09.15 クリアファイル1

これは、それよりはもう少し後のですが(左が2016年、右が2015年)、こんな感じです。
クリアファイルだと、1枚(もしくは2枚組)で、せいぜい数百円なので、記念としては割と気軽に買えます。
(これがタオルとかバッグになると、やはり2000円以上はしてしまいます。)
しかも、実用的です。

こんなのもあります。
17.09.15 クリアファイル2

これもフィギュアスケート柄です。
色使いも柄も素敵なので、つい買ってしまったものです。
右の2枚は、少し小さいでしょ?
通常のクリアファイルはA4サイズですが、この右の2枚は半分のA5サイズです。
これ、小さめのバッグにもそのまま入るし、意外と便利なんですよ。
私は、領収書やレシートを整理したり、葉書やメモなどを持ち歩くのに使っています。
振込に行くときに、振込用紙を入れていくのにも便利です。

17.09.15 クリアファイル5

これもA5サイズのものです。
なんだか、私らしさ全開のものですが(笑)、これは甲子園球場で選手弁当を買うと漏れなくついてくるものです。

17.09.15 クリアファイル3

これも私らしさ全開ですね(笑)これは普通のA4サイズ。
今年の交流戦限定のクリアファイルです。
特に一番右の「菊池×菊池」が一番のお気に入り。

最後に、今最も惚れ込んでいる(?)クリアファイルたち。
17.09.15 クリアファイル4

あと2種類発売予定なので、それも間違いなく買っちゃうな (*´σー`)

以前、6月にこのブログで朝顔と絵日記という記事を書きました。
この朝顔の元となった種は、会員のFさんからいただいたものですが、そのときに実はもう一種類種をいただきました。
綿です。

綿ってどういうふうに育つんだろう?
どんな花が咲くんだろう?
あのフワフワッとしたコットンって、どんなふうにつくんだろう?

そんなワクワク感と共に育ててきました。

まずは、これが花。

17.09.11 綿の花3

17.09.11 綿の花4

上が朝の5時半ころ、下が8時ころです。
何かの加減で朝早く目覚めてしまったときに見に行ったら、たまたま花が開きかけのところだったので、「ラッキー!」と思い撮影したのが上。
その後、十分開いたところを撮影したのが下です。
ご覧のように、開いているときは薄いクリーム色をしています。
でも、萎むと薄紅色に変わります(こっちの写真は、なぜか取り損ねています…すいません…)。
そんなに目立つ花という訳ではないけど、なにか見ているだけでほっとするような花です。

それからしばらく経って、全国大会から帰ってほどなくして、ついに綿の実がはじけましたヽ(^◇^*)/

17.09.11 綿の実3

17.09.11 綿の実4

なんかねぇ、これを初めて自分の目で見ると、ほんと感動します。
生まれてすぐから、今に至るまで、綿製品にお世話にならなかった日はないと思うのですが、それもここから始まっているんだなぁ、と。
何より、弾けたてのフワフワの綿って、とてもかわいいです。
(と書きながら、短歌をやっている人間とは思えないほどのボキャ貧ぶりに泣きたくなります…)

今も、まだ数個、実がなっているし、これから咲きそうな蕾もあるし、どんどん増えていくのかと思うと、ゾクゾク。
たくさん集まったら、何に利用しようかな…。
素敵な活用法があったら、ぜひ教えて下さい。

1週間ほど前、ご近所の方から、それはそれは立派なにんにくを、それもかなりの量いただきました。
こんな感じです。

写真 2017-06-24 17 50 19

こんな大きくて泥付きのにんにくは、初めて見ました。
スーパーなどでは、まずお目にかかれませんから。

私はかなりのにんにく好きで(笑)、ガーリック味のパスタや丸焼きも大好きです。
取り急ぎ、ガーリック味のほうれん草のパスタは作ってみました(^_^)v
とは言え、さすがに一遍にはとても使い切れません。
そこで、前から興味のあった味噌漬けと醤油漬けを作ってみることにしました。
まずは、外皮をとりました。
写真 2017-06-24 17 50 35
中身も相当立派です。

そして、薄皮も剥ぎます。
写真 2017-06-24 17 50 52

それから、予め煮沸消毒しておいた瓶に、味噌や醤油と一緒に漬け込みました。
写真 2017-06-24 17 51 11

一ヶ月くらいで食べられるようになるんでしょうか。
漬けた方の味噌や醤油も、調味料として美味しいらしいので、それも楽しみです。

4月下旬、会員のFさんから朝顔の種をいただきました。
ここ数年、園芸なんてやったことのない私でしたが、久しぶりに挑戦。
5月のゴールデンウィーク明け頃に、植木鉢2つに蒔いてみました。
それから、毎朝話しかけながら水を遣ったり、摘芯をしたり、伸びてきたら支柱を立てて蔓を誘引してあげたり。
なかなか楽しいものです。

そして、先週、早くも花が咲きました!
植えてから1ヶ月ちょっとで咲いたので、こちらもびっくり(⑅ ॣ•͈૦•͈ ॣ)꒳ᵒ꒳ᵎᵎᵎ

その後も、順調に咲き続けています。

IMG_5152

IMG_5153

これは今朝の様子。
小ぶりの朝顔ですが、なかなかきれいに咲いているでしょ?

朝顔を育てるなんて、おそらくは小学校1年生のとき以来だと思うのですが、そう思うと思い出すことがあります。
絵日記です。
当時、私は親から言われて、毎日絵日記を書いていたのですが、学校に行っているときはともかく、夏休みは、そうそう毎日書くことがあるわけもありません。
それで、書くネタに困ると、いつも「きょうは、あさがおが、○つさきました。」とごまかしていました。

証拠品

IMG_5154

絵も字も、絶望的に汚いですが(泣)、それでも小学校に入って4ヶ月足らずの子が一生懸命書いたと思うと、ちょっとかわいくないですか(笑)

この日の日記には、余談がありまして、実はこの前日の日記には
「あしたは、おとうさんとさっちゃん(注:妹)と、あおきこうえんのプールにいきます。とってもたのしみです。」
とあります。
なのに、何故そのプールのことが出てこないのか。
それは、この当日、私は高熱を出して寝込むはめになってしまったからなのです。
もちろんプールには行けませんでした。

そのことがとても悔しくて、当時の私は「プールにいけなかった」ことを日記に書くのがどうしても嫌で、それをごまかすのに、朝顔のことを書いたのです。
まさに「困ったときの朝顔頼み」。
でも、このときの悔しくて情けない気持ちは、何故か今でも鮮明に覚えています。
どうしてこんなどうでもいいことを覚えているのか、自分のことながら、ちょっと不思議です。

近畿地方は2週間ほど前(6月7日)に梅雨入りが発表されました。
確かに、その日は結構な雨降り。
しかし、それ以降本日に至るまで、大阪では一滴も雨が降っていません!
外出するときには、お天気なのは助かるのですが、こうも雨が降らないと、水不足などが心配になってきます…。

さて、梅雨と言えば 青梅 です。
昔はよく、この季節になると梅酒を漬けていました。
焼酎(ホワイトリカー)が定番でしたが、プランデーで漬けたことも。
自分で作った梅酒は、本当に美味しかった ~(=^・・^)ノ>゚)##)彡
特にロックで飲むのが好きでしたが、寒くなったらお湯割りで飲むのもおつでした。

しかし近年は家でお酒を飲む機会も、とんと減ってしまい…。
そこで、今年はこれを漬けてみました。
2017.06.19 梅はちみつサワー

梅はちみつサワー です。
(余談ですが「うめはちみつさわー」と入力したら「梅は緻密サワー」と変換された!)
元々お酢を飲むのも好きなので、挑戦してみました。
青梅+はちみつ+お酢を一緒に漬けるだけですが、果たしてどんなお味に仕上がるか。
7月下旬ころには飲めるようになると思うので、今から楽しみです。

…と、ここまで書いたら、気象庁が梅雨入りの時期を見直すかも、というニュースが。
うーん、そうですよね。

本当は私のブログ当番はまだなのですが、どうしても書いておきたいことがあったので、フライングで (*^.^*)

昨日は京都平日歌会でした。
歌会後は、いつものように有志で「BRUN BRUN(ブラン ブリュン、ブルンブルンではありません)」でお茶&おしゃべり。

そこで松村正直さんが注文したのが…

17.05.25 チョコレートかき氷(2)

期間限定・チョコレートかき氷です!

実は一週間ほど前に塔の事務所に行ったときに、ちょうどこのBRUN BRUNの前を通ったのですが、この「チョコレートかき氷」のポスターが気になって気になって…。
本当は私が頼みたかったくらいなのですが、やや胃の調子がよくなかったので、松村さんを唆して(?)注文させてしまいました(笑)

BRUN BRUNは、地下鉄・丸太町駅と塔の事務所のちょうど間にあります。
この夏、塔の事務所に来る機会がありましたら、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

今日は、午後から永田家で、4月号の再校、及び5月号の割付作業がありました。
多くの方は、京都市営地下鉄で終点の国際会館駅まで行き、そこから皆さんでタクシーに乗り合わせてくるのですが、私は路線の都合もあって、京阪電車で出町柳に出て、そこで叡山電車に乗り換え、岩倉駅で下車してから歩いて永田家を目指します。

まず、出町柳駅で叡電に乗ろうとして、この表示にびっくり(ノ゜⊿゜)ノ!!

2017-03-19 叡電出町柳駅

な、なんですかこの「日本酒&ワイン電車」というのは?!
叡電には随分長いことお世話になっていると思うのですが、こんなのは今まで見たことがありません。

で、改札をくぐって、くだんの電車を見て納得。
横長の座席と座席の間にテーブルがしつらえてあって、そこには大量の日本酒とワインの瓶が!
そして、既に着席している老若男女がワイワイガヤガヤ。
(本当は写真も撮りたかったのですが、一般の方を至近距離から撮ってしまうことになるので、さすがに止めました。)

気を取り直して、「貴船口・鞍馬」行きに乗り岩倉駅まで。
そこで下車して、永田家までは徒歩15~20分くらいです。
今日のようなおだやかな気候の日は、歩いていて心地いいです。
少しずつ春の花も咲き始めていたり、緑も増えてきていたり、いろいろなものを見ながら、心持ちゆっくりと歩きます。

そして永田家に到着。
と、庭ではタンポポ&シロバナタンポポが出迎えてくれました。

2017-03-19 永田家のタンポポ

なんだかほっこりします。

今日の再校・割付作業は(も)、みなさんからの差し入れがたくさんありました。

2017-03-19 パンとお焼き

右上は「清水ベーカリー」こと清水弘子さんお手製のパン。
左下は、齋藤弘子さんお手製の、大葉入りお焼き。

2017-03-19 能面もろこし

こちらは、大森静佳さんが山形・黒川で買ってきたという、能面もろこし。
そのリアルさに、みなびっくり。
能面大好きな大森さんらしいお土産でした。

2017-03-19 ミネストローネ

そして、毎度おなじみ木村食堂、木村輝子さんが永田家の台所で作ってくださったミネストローネです。
他にも、さまざまな差し入れがあったのですが、全部は載せきれないことご容赦ください。
どれも大変美味しく、ややお腹減り気味で来ている我々には、大変ありがたいことでした。

こんなことを書くと、なんだか食べてばかりいるようですが、もちろんそんなことはありません。
みなさん、あくまでメインは再校・割付の作業です。
できるだけ誤植がないように、できるだけ正確な誌面を作れるように、誰もが真剣に取り組んでいます。
でも、長時間ずっと集中力を保つのは困難ですし、ミスにもつながります。
ですので、適宜こうしたおやつを食べながらリフレッシュして、そしてまた取り組むのです。

間違いをできるだけ少なくするために、校正の際に少しでも疑問点があれば、すぐ隣の人や、その事に詳しそうな人に聞きます。
知らないことを聞くというのもありますし、複数人の目を入れて再確認する、というのもあります。
そういうときに、今まで知らなかった知識を得ることもしばしばです。
こういうのは校正作業の醍醐味ですね。
これまで校正作業の際に得た知識は、それこそ数え切れないほどあると思います。

今日は少し長くかかったので、17:30ころに永田家を出て帰途に着きました。
お彼岸間近の今くらいの時期は、この時間帯ちょうど夕陽がきれいです。
夕陽が沈む少し前の西の空ってほんまにきれいやなぁ、と思いながら、またぶらぶらと岩倉駅まで歩いていきました。

出町柳駅でいったん地下に潜って京阪電車に乗り換え。
その京阪電車が七条を過ぎて、再び地上に出るころには、とっくに陽は落ちて、すっかり夜になっていました。

先日刊行された、山下洋さんの歌集『屋根にのぼる』を読んでいたところ、次のような一首に出会い、とても驚きました。

 菜の花のパスタを前に一年の浪人ぐらし終えし子祝う 
             山下洋『屋根にのぼる』

なぜ驚いたかというと、ここ数年の間「菜の花パスタ」は、この季節の我が家の大好物なのです。

きっかけは、数年前に私があるレストランで、菜の花のパスタを食べたことでした。
それが大変おいしく、「何とか家でも再現できないか」と考えた私は、早速菜の花を買ってきて試してみたのです。
無茶苦茶いい加減な作り方ではあったのですが、その割にはおいしくでき(本当に再現できたかどうかは、かなり怪しいですが…)、そしてまた幸運なことに家人も気に入ってくれたのです。
それ以来、店頭に菜の花が並びはじめると、我が家の食卓にはかなりの頻度で「菜の花パスタ」が出るようになりました。

菜の花が店頭に並ぶ期間は短いので、「菜の花パスタ」が食べられる期間もまた限られています。
それもあって、惜しむように作っては、惜しむように食べるのです。
もしかしたら、週に1度くらいは食べているかも(笑)

今年も菜の花が出ている季節は、もうすぐ終わってしまいますね。
食べられる期間もあと少しかと思うと、ちょっと寂しい。
でも、きっと期間が限られているからいいんでしょうね。
もし一年中食べられることになったら、むしろおいしさが半減してしまうかもしれません。

というわけで、今晩も作ってみました、「菜の花パスタ」

2017-03-17 菜の花パスタ

我が家では、シンプルにオリーブオイル+スライスしたニンニク+岩塩+粗挽胡椒で味付けしています。
いくつか試したのですが、結局これが一番おいしいということで、落ち着きました。
山下家の合格祝いの「菜の花パスタ」はどんな味付けだったのだろう?
そう言えば、菜の花のおいしい時期は合格発表の時期でもありますね。
旬の味と相まって、きっと素敵なお祝いの席だったのだろうな、と思いました。

昨日のブログで「大阪はだいぶ春めいてきました」と書きましたが、そこは春の初め、まだまだ油断はできません。
案の定、今日はだいぶ冷え込みました。
私は寒いのが苦手なので、冬はあまり好きでありません。
外に出るのも億劫になって、ついつい出不精(デブ症ではありません)になってしまいがちです。
早く本当に暖かくなってくれるといいな、と思います。

私が冬を苦手としているのは、寒さだけが理由ではありません。
私の天敵《乾燥》がきつくなるのも、もう一つの理由です。
部屋の空気が乾燥すると、てきめんに喉をやられてしまいます。
そして、私の場合、喉をやられると、かなりの確率で風邪を引いてしまうのです。

ですから、冬は乾燥対策が欠かせません。
帰宅時の手洗い・うがいや、加湿器の稼働はもちろんですが、もう一つ必須アイテムがあります。
それは、マスク です。

多くの方は、主に外出時の風邪の予防・悪化防止、花粉症対策などでマスクを使用されると思いますが、私の場合は少し違います。
就寝時に使用するのです。
どうも私は寝ているときに口を開けていることが多いらしく(自分で見たことはありませんが)、朝起きると、どうも喉や口の中がカラカラ、ということもしばしばでした。
あるとき、就寝時の乾燥対策にマスクを使用するといい、という記事をどこかで読み、試してみました。
すると、朝起きてもそれほど喉や口の中も乾燥することがなかったのです。
以来、冬の就寝時はマスクが欠かせなくなりました。

最近は、手作りのマスクも流行っているようです。
手芸店などに行くと、マスクの材料であるガーゼ生地(カラフルなものや、かわいい模様がプリントされたものもたくさんあります)や、マスク用のゴムなども数多く店頭に並んでいます。
また、マスク用の材料が全部揃っている「手作りマスク用キット」も、よく売れているようです。

そこで、私も一つ作ってみました。

2017-03-15 マスク写真

いかがでしょうか?

このようにいろいろ乾燥対策をしているのですが、いくら対策をしていても、どうしても喉をやられてしまうことも、たまにあります。
そのようなときは、ゆず茶+すりおろし生姜に熱湯を注ぎ、少しのウイスキーを入れたものを飲んで、早めに寝てしまいます。
そうすると、たいてい翌朝には大丈夫です。
風邪っぽいときには、お薦めです。

ページトップへ