ブログ

カテゴリー "大森静佳"

EJpuif9UEAAM6dx

来年の1月19日(日)に岡崎のみやこめっせで第4回文学フリマ京都が開催されます。
塔では、第1回からブースを出して、「塔」バックナンバーや歌集歌書、グッズなどを販売しています。
文学系同人誌のフリーマーケットのようなイベントで、どなたでも入場歓迎(無料)です!

https://bunfree.net/event/kyoto04/

当日は永田家で13時から割付・再校作業もあります。
文学フリマは11時スタートなので、再校作業の前にお立ち寄りいただければ嬉しいです。

それと、今年はブースに会員のフリーペーパーのコーナーを設けようと思っていて、
短歌作品や文章を載せた手作りのフリーペーパーを大募集します。
つくってみたいという方は「塔」巻末のピンクの頁の「会費問い合わせ」のところに
記載されている大森静佳の連絡先までご連絡ください。送り先などお伝えします。
個人で作成しても、何人かのグループで作成しても、どちらでもOKです。
ただしサイズはA4で一枚、あるいはA3で一枚のどちらかにしてください。
締切は来年の1月12日(日)です。
各自で100枚印刷(コピー)したものをレターパックなどに入れて郵送してください。

どうぞよろしくお願いします。

 

IMG_8783

鞍馬をゆっくり見てまわった後、バスで移動してお昼ごはんです。川のせせらぎで涼みながら、高雄の川床料理を楽しみました。

IMG_8782

鮎を焼いているところ。透きとおった水の流れる川底にも、なにか魚たちが泳いでいるのが見えました。食事の後、すこし奥まったところにあるお手洗いに行く途中、山の斜面のようなところに沢蟹を発見。興奮して何枚も写真を撮っていると、皆がいるほうでどよめきが。なんとそっちには一瞬、翡翠が飛んできたそうです。見逃した…

IMG_8442

再びバスに揺られて、今度は下鴨神社へ。ここは大学の近くなので、私も何度も来たことのある場所。ここでは何といっても皆で「水みくじ」を引いたのが楽しかったです。境内の小川に浸すと、ゆっくり文字が浮かび上がってくるという、特別なおみくじなのです。

その後、京都の街なかをバスでめぐりながら晴明神社や京都御所に寄り(この頃になるともう疲れて写真を撮るのを忘れていた)、さらに御所の近くの「塔」短歌会事務所も見学しました。事務所には選者や会員の歌集歌書、「塔」のバックナンバーなどが揃っています。図書館のように貸出もおこなっています。毎日開いているわけではないので、来所ご希望の方はHPの「イベントカレンダー」で開所日を確認してからお越しください。

http://toutankakai.com/event_calendar/

IMG_8418

17時に京都駅で解散。帰りのバスのなかでは、池本さんも電子辞書で何かを調べようとされたまま夢の世界へ。全国大会2日間、そしてオプショナルツアーをご一緒した皆さん、ありがとうございました。

 

 

もうずいぶん前のことのような感じがしますが、全国大会翌日のオプショナルツアーに参加してきました。今年の参加者は18名。11月号にレポートが載ると思いますが、せっかくなので当日の写真をもう少しご紹介します。

全国大会終了後の18時から、ツアーの参加者全員で一緒に晩ごはんを食べます。ここで、自己紹介タイムがあるのがとてもありがたい。この晩ごはん&自己紹介タイムは、オプショナルツアーに毎年参加(!)されている池本一郎さんのアイデアだそうです。全国大会ではお話できなかった方や初対面の方ともゆっくり話せるのが、オプショナルツアーのいいところ。

IMG_8415

中華料理&紹興酒で夕食を終えた後、有志で二軒目の「餃子の王将」へ。そこでもさらに紹興酒を注文したところ…なんと「塔」の文字が入った紹興酒が出てきた!

翌日早起きしないといけないので、この日は22時半ごろに解散。

EC3HnwWUYAEvetN

さて翌朝。9時に降りていくと、ホテルの入り口には、「塔短歌会」のプラカードをつけた専用のバスが止まっています。最初の目的地は、鞍馬寺。ロープウェイで登った後、けっこう石段が多く、天気もよかったので、大汗をかく。あちこち散策しながら、クワガタやトカゲも見つけました。

IMG_8423

鞍馬山にある「冬柏亭」は、与謝野晶子の書斎。もともと杉並区の家にあったのが昭和51年にここへ移築されたそうです。すぐ近くに晶子と鉄幹の歌碑も。

 

何となく君にまたるるここちしていでし花野の夕月夜かな  晶子

遮那王が背くらべ石を山に見てわが心なほ明日を待つかな  寛

 

(その2へつづく)

 

 

IMG_7996

先週の土日は、鳥取で毎年この時期に開催されている砂丘歌会にはじめて参加してきました。
参加者はこれまでで最多だという32名。
北海道、岡山、京都、大阪など遠方からの参加者、また鳥取のみなさんともはじめて、あるいは久しぶりにお会いできて、楽しい2日間になりました。

13時スタートの歌会は、32名×2首=64首でみっちりと。
その後、小雨がふっていましたが砂丘の散策にでかけました。
長靴を借りて、馬の背をのぼっておりて。日本海にもさわりました。

IMG_7975

18時ごろから宿舎の「ニュー砂丘荘」で夕食。
カニ、イカのお刺身、ハタハタのフライなど、どれも美味しい…

IMG_7976

その後、マイクロバスに乗って蛍を見に行きました。
十年くらい前は何千匹も舞っていたとの話ですが、最近は数が減ってしまって、
それでも50匹ほど、川辺の暗闇に点滅する蛍たちを見ることができました。

宿舎に帰って、さらに23時ごろまで懇親会。
翌日の午前中は砂丘にある「砂の美術館」を訪れました。
今季の展示テーマは「南アジア」で、とくに入り口の巨大なガンジー像が印象的。

IMG_7997

日曜の午後は鳥取駅前の「新日本海新聞社ホール」でおこなわれた、
現代歌人集会春季大会に、そのまま多くのメンバーが出席しました。
テーマは「前川佐美雄と塚本邦雄〜鳥取からはじまった〜」。
メインの講演は三枝昂之さんで、パネルディスカッションには塔の荻原伸さんも参加されました。

レジュメに引かれていた前川佐美雄『積日』(1947)の歌から。
『積日』は、前川佐美雄の鳥取への疎開の日々がうたわれた歌集です。

昨夜食ひしくぢらの肉をおもひ出づ杉菜にほそき雨降るときに

田のあぜに草食(は)みてゐる牛なればこの牛を横に押してとほれよ

佐美雄の疎開先は、塚本邦雄とともに「メトード」をたちあげた杉原一司の家の2階。
小林幸子さんの「八角堂便り」(「塔」2012年4月号)もご参考に。

http://toutankakai.com/magazine/post/458/

砂丘歌会は毎年6月に開催されていて、会員はどなたでも参加できます。
まだ行ったことのない方、来年はぜひ!

IMG_7478

永田和宏さん監修のテレビ番組「平成万葉集」

◯ 4月14日(日)17時〜(NHK総合)

お正月に放送されたプロローグ篇の再放送です。
ダイジェスト版のようですが、今回は地上波で観られます。

90分×3本シリーズ(NHK-BSプレミアム)

◯ 第1回「ふるさと」 4月17日(水)21時~
◯ 第2回「女と男」 4月24日(水)21時~
◯ 第3回「この国に生きる」 5月1日(水)21時~

どうぞご覧ください。「塔」会員や会員の歌もすこし登場するようです。

https://www4.nhk.or.jp/P5397/

写真はまったく関係ないですが、沖縄の海辺で拾った貝殻。
巻き貝の割れたところから中身が浸食されて、ちょっと何かのオブジェみたい。

IMG_7365

今年もあっというまにもう4月です。京都では桜が見頃を迎えようとしていますが、なかなか気温があがらず、服装に悩む日々です。「塔」4月号(15日前後発行)は創刊65周年記念号。65周年記念評論賞、会員エッセイ、座談会とボリューミーな号になりますので、どうぞ楽しみになさってください。

さて、最近「ワードバスケット」というカードゲームを知りました。しりとりの進化形のようなゲームです。

やり方

・カードには「あ」〜「わ」のひらがな一文字ずつが書いてあります。

参加者全員に5枚ずつ手札を配る。
残りのカードの一番上の一枚をめくって、バスケット(箱)のなかへ。
そのカードの文字で始まり、かつ手札のどれかの文字で終わる3文字以上の単語を言いながら、カードをバスケットに出す。
最後の手札だけは、4文字以上の単語で終わらないといけない。
一番早く手札を全部使い切ったひとが勝ち。

という感じです。

IMG_7364

たとえば、上のような状況の場合は手札の「り」を使って、「ひよどり」などと言えばOK。ときどき「7+」などと書いてあるカードが混ざっていて、これは「7文字以上の単語のみOK」という意味だそう。人名や地名も可です。私は昨日、「い」で始まって「お」で終わる言葉、「伊藤左千夫」であがりました。

ノーマルだと3文字以上4文字以上あがりですが、少し上級者向けには4文字以上5文字以上あがりにするなど、いろいろとアレンジもできます。とにかく早く思いついたひと勝ちなので、脳がフル回転。YouTubeなどで、マニアのひとたちの超高速のゲームを見ることもできます。普段はあまり使わないけれど実は自分の記憶の底に眠っている言葉というのが、ふっと口をついて出てくるのがちょっと面白い。

IMG_6739

新年あけましておめでとうございます。
塔短歌会は今年で創刊65周年を迎えますね。
65周年記念大会は8月24日(土)・25日(日)に京都でおこなわれます。
皆さん、ご予定を空けておいてください。詳細は5月号に掲載されます。

私は大晦日の前夜から食中毒になってしまい、寝込んだままの年越しでした。
実家に帰省したのですが、蕎麦やお餅も食べられず、テレビを観るどころでもなく。
実家で寝込むだけ寝込んで、昨日の夜、京都に戻ってきました。

さて、テレビといえば、今夜21時〜BSプレミアムで「平成万葉集」という番組があります。
当日の宣伝になってしまいすみません。
永田和宏さんの監修です。

永田さんが12月号の編集後記で書いてくださっているように、
村上和子さんと私で、テーマに沿った歌を収集する作業などをお手伝いしました。
「塔」の会員では逢坂みずきさんなども大きく取り上げられていますので、
皆さまぜひご覧ください! 私はこれが新年初のテレビになりそうです。

以下のページで予告動画を視聴できます。

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=17182

4月に地上波でも再放送があるそうです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_0902

【歌集、お持ち帰りくださいの会】

日時:12月12日(水)17時~
場所:塔短歌会事務所(烏丸丸太町)
*事務所の地図 
http://toutankakai.com/information/

蔵書整理で出てきた古い歌集や事務所の本棚に入りきらない歌集を
読んで頂ける方に無料でお譲りします。
塔の歌人のものも、塔以外の歌人のものも、貴重な歌集がたくさんあります。

ご興味のある方は17時に事務所にお集まりください。

IMG_0282

先週、福井県敦賀市でおこなわれた若越歌会に行ってきました。「若越」の「若」は若狭、「越」は越前のこと。以前、小浜市に住んでいたときには毎月参加していた若越歌会、今回はひさしぶりの参加で懐かしい気持ちでした。選者派遣で、大阪から江戸雪さんも来られました。参加者18名。

「よっぱらいサバ」というのをご存知でしょうか? この日の詠草に出てきた言葉です。「鯖街道」で京都とつながる小浜のサバはもちろん有名ですが、「よっぱらい」とは? お酒の肴に最適!という意味かなと思いましたが……違いました。酒粕を餌にして育てた養殖のサバだそうです。小浜のサバの水揚げ量が減っていることを受けて、今年から始まった取り組みで、酒粕は京都・出町柳の酒造がつくった純米大吟醸をつかっているとのこと。ということは、このサバたちは永遠に二日酔い? 体調は大丈夫なのかな。酒粕のおかげで脂がのって美味しい、と話題のよっぱらいサバ、いつか食べてみたいと思います。

歌会後は、三方五湖を案内していただきました。この日はとてもいい天気で、レインボーラインの山頂公園から五つの湖がくっきりと明るく見渡せました。山頂までは、一人用のリフトで登ります。このリフト、からだを固定するベルトも何もなくて、ちょっと怖かった。

IMG_0283

全体にロマンチックな雰囲気の山頂公園で、ここだけぽっかりと場違いな感じのタヌキ親子。「大名たぬき角兵ヱ」という、土地に伝わる民話のタヌキです。

IMG_0269

先週の日曜日は岩倉で割付・再校作業でした。参加者約20名。
東北の梶原さい子さんも来られていて賑やかでした。

ちょうど当日は、祇園祭の宵々山。
夕方から四条通りが歩行者天国になります。
いつもはタクシーを呼んでもらって地下鉄国際会館駅まで皆で帰るのですが
この日はどの会社のタクシーも宵々山とその渋滞のためにことごとく出払っていて
結局、車で来られていたひとが手分けして送ってくださったり、何人かは徒歩で帰ったり。
私は徒歩組。夕方17時でもまだ外はうだるような暑さです。
普段からどんな天気であっても「徒歩」を貫かれている山下洋さんと辻井昌彦さんについて行くと、途中で蓮の花のスポットを見せていただきました。
住宅地のなかに突如として現れる蓮畑。ちょっと涼しい気分に。
蕾を売っていたので買おうかどうか一瞬迷いましたが、この後ぎゅうぎゅうづめの電車に乗ることを考えて断念しました。

ところでこの日の割付作業では、ちょっとした珍事件が発生しました。
月詠用紙に、流行りの「フリクションペン」(消せるボールペン。確かに便利です)で詠草を書いてこられた方があったのですが、なんとこの夏の気温の高さのために、歌がすべて消えてしまっていたのです…!
温度の変化によって、勝手に字が消えてしまうことがあるみたいですね。

永田家の冷凍庫で冷やすこと30分…幸い字は復活しました。
(ネットに載っていた方法を、その場にいたひとたちで試しました)
よかった。皆さん、こういうこともあるので詠草などは「消せるボールペン」では書かないよう、お願いいたします!

ページトップへ