ブログ

4月下旬、会員のFさんから朝顔の種をいただきました。
ここ数年、園芸なんてやったことのない私でしたが、久しぶりに挑戦。
5月のゴールデンウィーク明け頃に、植木鉢2つに蒔いてみました。
それから、毎朝話しかけながら水を遣ったり、摘芯をしたり、伸びてきたら支柱を立てて蔓を誘引してあげたり。
なかなか楽しいものです。

そして、先週、早くも花が咲きました!
植えてから1ヶ月ちょっとで咲いたので、こちらもびっくり(⑅ ॣ•͈૦•͈ ॣ)꒳ᵒ꒳ᵎᵎᵎ

その後も、順調に咲き続けています。

IMG_5152

IMG_5153

これは今朝の様子。
小ぶりの朝顔ですが、なかなかきれいに咲いているでしょ?

朝顔を育てるなんて、おそらくは小学校1年生のとき以来だと思うのですが、そう思うと思い出すことがあります。
絵日記です。
当時、私は親から言われて、毎日絵日記を書いていたのですが、学校に行っているときはともかく、夏休みは、そうそう毎日書くことがあるわけもありません。
それで、書くネタに困ると、いつも「きょうは、あさがおが、○つさきました。」とごまかしていました。

証拠品

IMG_5154

絵も字も、絶望的に汚いですが(泣)、それでも小学校に入って4ヶ月足らずの子が一生懸命書いたと思うと、ちょっとかわいくないですか(笑)

この日の日記には、余談がありまして、実はこの前日の日記には
「あしたは、おとうさんとさっちゃん(注:妹)と、あおきこうえんのプールにいきます。とってもたのしみです。」
とあります。
なのに、何故そのプールのことが出てこないのか。
それは、この当日、私は高熱を出して寝込むはめになってしまったからなのです。
もちろんプールには行けませんでした。

そのことがとても悔しくて、当時の私は「プールにいけなかった」ことを日記に書くのがどうしても嫌で、それをごまかすのに、朝顔のことを書いたのです。
まさに「困ったときの朝顔頼み」。
でも、このときの悔しくて情けない気持ちは、何故か今でも鮮明に覚えています。
どうしてこんなどうでもいいことを覚えているのか、自分のことながら、ちょっと不思議です。

近畿地方は2週間ほど前(6月7日)に梅雨入りが発表されました。
確かに、その日は結構な雨降り。
しかし、それ以降本日に至るまで、大阪では一滴も雨が降っていません!
外出するときには、お天気なのは助かるのですが、こうも雨が降らないと、水不足などが心配になってきます…。

さて、梅雨と言えば 青梅 です。
昔はよく、この季節になると梅酒を漬けていました。
焼酎(ホワイトリカー)が定番でしたが、プランデーで漬けたことも。
自分で作った梅酒は、本当に美味しかった ~(=^・・^)ノ>゚)##)彡
特にロックで飲むのが好きでしたが、寒くなったらお湯割りで飲むのもおつでした。

しかし近年は家でお酒を飲む機会も、とんと減ってしまい…。
そこで、今年はこれを漬けてみました。
2017.06.19 梅はちみつサワー

梅はちみつサワー です。
(余談ですが「うめはちみつさわー」と入力したら「梅は緻密サワー」と変換された!)
元々お酢を飲むのも好きなので、挑戦してみました。
青梅+はちみつ+お酢を一緒に漬けるだけですが、果たしてどんなお味に仕上がるか。
7月下旬ころには飲めるようになると思うので、今から楽しみです。

…と、ここまで書いたら、気象庁が梅雨入りの時期を見直すかも、というニュースが。
うーん、そうですよね。

DSC09250

金沢の暗がり坂を下りて、浅野川に出たところで、
ばったり出会ったのです、大きな芋虫に!
長さは七、八センチほどもあり、あまりに美しく、
つい立ち止まって、カメラに収めました。
アゲハの幼虫でしょうか。どんな蝶に変身するのでしょう。
美しい芋虫が、美しい蝶になるとは限らないらしいですが・・。

 うちがはにこもるいのちの水の色の青条揚羽(あをすぢあげは)
 みづにひららく          尾崎まゆみ『明媚な闇』

DSC09445

今日は和菓子の日、なんだそうである。
先・先回の川越の続編みたいになってしまうけれど、川越は
お菓子の街としても知られていて、私がここに出かけたのは、
(実は多摩地区に住んでいる私にとって、川越はかなり遠い町)
お菓子について調べるため、でした。いろいろ購入してもきました。
が、圧倒的にサツマイモ素材のものが多いんです。
かつて、畑作地帯だったことの反映でしょう。

 子らがためスヰトポテト買ひ持ちてしばし銀座を歩きつつ居り
                   斎藤茂吉『寒雲』

DSC03078

見た途端、うなされそうなこのド迫力の物体は、南日本からインドネシアに分布す
る毒をもつ海蛇。そして沖縄の伝統的な高級食材でもある。元は茶色の濃淡の縞が
ある。燻製によって、ご覧のような黒檀状の皮膚に。滋養に富み、コレステロール
降下作用、血栓防止作用なども期待され、強壮、疲労回復効果もあるのだとか。
(いえいえ、私など、とてもまだ、味わったことはありませぬ)。池澤夏樹氏が
『神々の食』のなかで、その味を紹介されています。

おもな産地は久高島。ノロと呼ばれる女性神官が支配していた島で、イラブー
の捕獲権もノロが占めていたらしい。住人にもほぼ女性で、男性は、
老齢者と遠洋での荒仕事に耐えられない、病弱な青年だけだったのだとか。
ひとつの食材が語る、島の複雑な歴史・・・。

  久高なる 島の青年(ヲグナ)の言ひしこと さびしき時は、思ほえにけり
                       釈 迢空 『海やまのあひだ』

DSC09437

日本で一番印象の薄い県として常時一、二位を争うのが栃木、群馬、
らしい。首都圏に住んでいると、実は埼玉の方が存在感が希薄かも。
でも、もちろん、面白いところはたくさんあって、例えば川越。
古くは、鎌倉と上州を結ぶ、交通の要地。古い町並みが今に残る。
写真はその一部です。有名なのは、町の中心部にある、
「時の鐘」と呼ばれる建物なのですが・・・。

 川越の街のゆくてに時の鐘黒くそばだつをあやしまなくに
                    佐藤佐太郎『地表』

私が訪れたときは改装中で、撮影できませんでした、残念。
ところで、「塔」には埼玉の歌会が二つもある。存在感、濃いですよね。

DSC00749

主食が米とパンとに分かれるのは、大雑把に見て、
インドのデカン高原あたりから、らしい。東が米、西がパン。
パンの生まれ故郷である中東では、やはり圧倒的に美味だが。

種類も豊富に、かつスタイリッシュに発展したのは、欧州において、
でしょう。パンに限らないことかもしれませんが。
写真は、中欧の、とある街角のパン屋さんのショーウインドウ。
パンはこんな芸術的な素材でもあるんだなあ、とちょっと感動。
ご飯は、美味しいけれど、形象化は、難しいですよね。

  一日の中なる世紀よパンかごに黄金(こがね)なす穂のエジプトあふれ
                           井辻朱美『地球追放』

うちの二頭のワンコもこのところ、
耳だ、皮膚だ、脚だ、ワクチンだと
病院に行くことが増えてきました。
そこで見つけたワンコの年齢表。ん?
大型犬のうちは今年そろって96歳…。
なんかしらんけど、敬礼!な気持ちっす。

IMG_2701IMG_2699

通勤経路であったり、ときどき行く出張先までの道みち、草むらがあって、花が咲いていたり、いろいろな虫がいる。このところはテントウムシ。
 
足をとめて写真を撮ったりしていると、通り過ぎてゆく人に怪訝そうな顔をされたりすることもある。
 
テントウムシの代表的なのはナナホシテントウとナミテントウ。ナミテントウは星が2つのもの、4つのもの、もっと多いものであったり、ナナホシテントウに似て赤い地に黒い星であったりする。先日は多星タイプのナミテントウも見たが、すぐに逃げられてしまった。

tentou1 tentou5
tentou2 tentou3

 
テントウムシの歌はたくさんある。その一部を。
 

斑(ほし)ぼしを七つ数へて掌(てのひら)ゆ発たせてやりぬ春の天道虫(てんたう)/河野裕子『歳月』
風立ちて昏れゆく海に対いいて掌(て)の上にあり天道虫ひとつ/田中栄『冬の道』
天道虫手にのせやれば幼子はおどろきて泣く逃げられて泣く/大塚洋子『雲迅く』

 
小さくてかわいらしいから手にのせて遊ぶ。星の数を数えて、あらためてナナホシだねえと言ったり。
刺したり噛んだりすることもないから、と子どもの手に乗せてやったり。それでも、びっくりしてしまうことはあるのだろう。
 
とはいえ、びっくりするのはテントウムシのほう。
 

運命の如く出あいし我の掌に軽しかるしテントウムシの仮死/高安国世『虚像の鳩』

 
昆虫学の言葉では「仮死」ではなくて「擬死」というらしい。死んだふり。
 

ほそながき枯れ草の上くりくりとテントウムシの赤翅(あかばね)うごく/吉川宏志『鳥の見しもの』
せかせかと天道虫は窓を行き枠に当たりて向きを変えたり/天野和子『絵本を開く』

 
わりあいよく動く。人に見られていることに気付いたりするとき、とくに「せかせか」と動いたり。半球型だから「くりくり」でもある。
 

丹沢に異常発生の天道虫鎌倉までを手提げに入りて/中西よ於こ『薔薇葉』
雲迅く飛ぶあしたにてオリーヴの葉裏に遊ぶ天道虫あり/三井修『砂の詩学』

 
地名の入ってる歌を2首。集団で冬越ししていたりするのを見付けてびっくりすることがあるが、異常発生ということもある。ひとつふたつなら可愛いが、たくさんあると、ちょっと圧倒されるようなこともあるだろう。手提げに入っていたのはそんなたくさんではないだろうが。
三井さんの作品は第一歌集。商社マンとして中東方面に駐在していた頃の作品。オリーヴの葉裏にもテントウムシがいるということは、彼の地にもアブラムシがいるということか。そうではなくて、草食性でオリーヴの葉を食害する種類(そういうのもいる。よくいるのはテントウムシダマシ、その他にもテントウムシに似た虫が)だったのか。
 

天道虫(てんとむし)は赤色だと一口にいうてはならぬバーミリオンもあればカドミウムオレンジもある/北川色糸『光追う日日』
足もとを見下ろしたれば蕗の葉に赤一色の天道虫が/花山多佳子『木立ダリア』

 
同じナナホシテントウやナミテントウでも、赤の色は少しづつ違う。さらに、別種の黄色いテントウムシもいるらしい。画家でもある作者は色にこだわっている。
花山さんの見た「赤一色」は何か。ナミテントウのバリエーションの中で、ときどきそういうのもいるらしい。
 
気をつけてみていると、いろんなものがいるのだろう。
 
 
最後に、蛹と幼虫。これはたぶんナミテントウ。ぼんやり成虫に似た色あいであったりするという。ナナホシテントウとナミテントウは、幼虫のときからアブラムシを食べるのだとか。

tentou4 tentou6
ページトップへ