ブログ

漫画雑誌は風邪を引いて寝込んだりした時くらいしか
買ってはもらえなかったけれど。購入している友人に
頼み込み、月遅れの号を貸してもらったりした小学生時代。

手塚治虫は勿論好きだったけれど、当時は牧美也子、
わたなべまさこ、水野英子、らの他、少女漫画を描いていた
男性作家も多く、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、ちばてつや、
横山光輝など、今思えば、錚々たるたるメンバーが力作を
発表していた時代だったので、もう、幅広く夢中でした。

中高時代は部活とか受験とかで、一時漫画からは離れて
おりましたが、学生時代に家庭教師していた中学生の子に
手塚治虫の「火の鳥」を紹介(!)されてから、また火が付き
神田の古本屋街を歩き回って買ったのが写真の『火の鳥』です。
虫プロ商事株式会社発行のCOM名作コミックスの中の二冊、
B4判の大きさで読みやすく、今も大切にしてます。
実は、もう一冊買ったのだけれど、教え子の
中学生に「持っていない編なので譲って」と頼まれ、泣く泣く。
(断ったのに返してくれなかった)まあいい歳こいて、ですよね。

その後、妹に紹介されてブラックジャックにもどっぷり浸かり。
最近ですが、人と話していて「ブルガリヤで」と言おうとして
「ブリガイヤ」と発音してしまい、(あれ、ピノコが乗り
移った?)と思ってしまったことも(汗)。

 手塚治虫の描きたるごとき犬と会ふくしやみしながら行く冬の土手
                  栗木京子『水仙の章』

水牛も、勿論牛の仲間。写真は十数年前の、沖縄の琉球村で撮影。
砂糖黍を搾汁するために、かつては水牛が使われていて、その
様子を再現したものです。本物の水牛が登場していて、なかなか
見ごたえのある場面になっています。製糖業は沖縄の主要産業で、
今も細々とながら作られています。水牛には頼っていないですが。

水牛はアジアでは重要な労働力。農耕などで大活躍していますね。

こちらは三十年近く前に訪れた、インドネシア中部での農耕風景。
古いフィルム写真をデジタルで撮影しなおしているので、かなり
ぼやけていますが。力持ちの水牛を御す農家の人も大変そうです。
水牛の歌が見つからなかったので、恐縮ながら拙作を。

  軍用車続くと見えて陽炎に水牛の群れ横切りゆくのみ
                  岡部史『韃靼の羊』
タイ北部の町、ウドンタニというところで見かけた風景から。
この町はベトナム戦争時、アメリカの基地として利用されていました。
牧歌的な周囲の風景からは違和を感じるほど見事な舗装路が、真直ぐに
続いていたことを思い出します。

アメリカン・バイソンと呼ばれる、この動物も牛の仲間。
アメリカ野牛などと訳されていますが、現在では野生の
バイソンは、基本的に生息していません。
かつては西部の草原を「幅五マイル(約八キロ)にも群れを成し、
一時間以上も途切れすに移動するさまが見られた」(『Official
GuideBook of Audubon Zoological Garden』より)
ほど大量に生息していたとのことですが、西部開拓が
はじまると、まずは肉や皮革が目的で、次いで遊戯的に(!)
さらには原住民(インディアン)のなかで友好的ではない部族を
懲らしめるため、彼らの生業に繋がるとして殺戮、絶滅に追い込まれた
のです。現在は動物園や保護センターなどで見られるのみ。

私は学生時代に「動物と子供たちの詩」という映画を観、ここで
バイソンが殺戮されていく様子を知って、衝撃をうけたことを
覚えています。鑑賞前はこののどかな題に、全く違う映画を想像
していたのに。とても悲惨で辛い映画でした(ちなみに主題歌を
歌っていたのは、かのカーペンターズでした)。

写真が顔の部分しか用意できなかったので、全体像を図示してみると、
こんな感じ。きっと穏やかな性格の牛だったのではないかな。
上半身だけパフスリーブ付きのおしゃれなセーター着てるのに、パンツ
はき忘れちゃった、みたいなお惚けスタイルで、笑いながら、泣けそう。

岡部史です、こんにちは。
年末にはいつも翌年一月のフリマで配るフリペのために、
みんなで干支の歌を作っていましたね。それさえ、この度はなく(さびし~)。
今年の干支は牛。ということで、牛の仲間を呼んでみることに。

写真は、インドの町なかをふらつく野良の牛です。セブーと呼ばれるコブ牛?

  野良牛がゴミ屑の山に頭(づ)を入れて食ひゐる横に犬も来て食ふ
                        河野裕子『庭』

ヒンドゥー教徒の間では神様の乗り物、ともいわれ神聖視されているので、
インドで牛は、食用されていないのです。
ちなみにマクドナルドがインド進出を果たしたのは九十年代の半ばでしたが、
その時、ラム挽肉百%によるハンバーガーが開発されたそうです。インドを
訪ねた今世紀の初めの頃に、このラムバーガーを味見してみましたが、
なかなか美味でした。

野良の牛の多いインドですが、他にも野良の動物は沢山いて、普通に街中を
歩いているんですね。

ララララ、ヤギさんも~。
こちらは、インド北部(アグラから南に200キロくらい)に位置する、
ジャンシ―という街の駅で撮影したもの。線路歩いていて、危ないよ~。
でも列車はいつもゆっくりなので、ヤギさんものんびり。

こちらは猪の親子。熱心に線路の間から食べ物を漁っている様子。
同じジャンシー駅でのスナップです。ちなみにこの駅では列車が
二時間も遅れ(理由はわからない)、その間、十種類くらいの野生動物に
遭遇しました。地球はみんなのもの。インドに行くとそんな感じがします。

きょうの鴨川。
見慣れない水鳥がいる。
ときどき水に潜ったりしている。
 
家に帰って調べてみると、これはたぶん カワアイサ(川秋紗)の♀。
頭の毛=冠毛がふさふさしているが、♂はそうでもないらしい。

このあさけ水面に細き筋ひきて秋沙が飛べり水に触れつつ/落合けい子『じゃがいもの歌』

頭上には、こんなのとか

こんなのとか


 
にぎやか。

コロナ感染を警戒してなのか、寒さのためか、人間は少なめでした。

七草を入れたる粥のよろしさよ松の明けたるわが身を浄む/三井修『海泡石』

正月らしい正月でもなかったが、それでも節目ふしめを、それらしく。

ゆふかげの差しつつ寒き葭の間(ま)の水には群れて幾つ軽鴨/岡部文夫『晩冬』

カルガモが2羽。
もうすこしくっついたら温かいだろうと思うが、それぞれ。
顔を羽の中に入れている。

寒に入って寒々としている。
雪の多い地方はたいへんなことでしょう。
気をつけてお過ごしください。

葉牡丹の冬によろしき株立(かぶだち)は紫ふかし葉をかさねつつ/北原白秋『白南風』

新年のごあいさつ……というには、いささかタイミングを逸してしまった感じもありますが、今年最初の投稿になります。
コロナ禍で、いろいろと先が見えない世の中ですが、感染に気をつけながら、今年も歌をつくり、歌をたくさん読んでまいりましょう。
 
たくさん言葉を。
 
そう、葉をかさねるように。
 
頭韻タイトルは、今回は引用歌からそのままいただきました。

 いやー寒いです。
 今日などは少しゆるんだのですが、間もなくまた寒波が来るということで、怖れているところです。朝のつるつるにまいってしまって、凍結恐怖症気味です。

 

 こちらはつらら。
 きれいでは、あるのですが。

   さびしさを軒のつららにたぐえし日さびしさを鋭きものとは思わざりしが
                           大島史洋『炎樹』

 
 
 

 本日、冬至です。〈陰きわまりて、陽に転ず〉の日、ですね。
 かぼちゃや小豆を食べたり、柚子湯に入ったりと、いかにもパワーのありそうなものたちに託された思いを感じます。
 ということで、かぼちゃと小豆は昨日のうちに炊いてたのですが、柚子は全部使ってしまっていました。というか、無農薬の、すばらしいいただきものを、お湯にいれるのはとてももったいなくて……。
 はちみつ漬けとゆず酒へとあいなりました。

  鳥栖まぬ巣箱の夜明け鳥栖まぬ巣箱の日ぐれ冬至のひと日  柏崎驍二『月白』

  柚子の実がさんらんと地を打って落つただそれだけのことなのよ 
                              山崎方代『方代』

ページトップへ