塔短歌会について

ご挨拶

「塔」短歌会は1954年に、高安国世によって結成されました。高安の没後は、永田和宏・河野裕子によりさらに大きく発展し、会員数は1000人以上となりました。 全国に支部があり、歌会が行われています(海外にも会員はいます)。そして毎月、約200ページの短歌誌「塔」を刊行しています。 「塔」には、若者から高齢者まで、幅広く多様な会員がおり、自由な活動を続けています。いろいろなことを質問できる、ベテランの歌人も多いです。まったくの初心者でも安心して参加できる、暖かな雰囲気のある会だと思っています。

短歌は、31音というわずかな音数で自己を表現する詩型です。言いたいことをすべて述べることはできません。そのため、文字にされていない思いを、深く受け止めることができる読者が必要となります。批評が、非常に重要になるわけです。 「塔」では、お互いに自由な感性で批評し合うことによって、短歌をより豊かに味わい、高めてゆくことを目標としています。 「塔」に入会すれば、毎月10首以内の歌を投稿することができます。優れた作品や問題作は、さまざまな批評を受けることになるでしょう。ただ、このシステムが成立するためには、あなたも、他人の作品に対して、積極的に批評していくことが求められます。共同して歌を批評し合うという精神が、「塔」を支えています。 批評、というと難しそうですが、そうではなく、歌を読んで自分が感じたことや考えたことを、わかりやすく伝えていこうという思いがあれば十分です。

また、短歌は、長く作り続けることが大切です。毎月作った歌を「塔」に発表することで、かけがえのない生の時間を、新鮮な言葉として留めていくことができます。10年、20年、30年以上と「塔」に参加することは、あなたの人生を必ず豊かなものにしていくと信じています。 短歌は、ささやかな詩型ですが、長い歴史をもち、奥が深く、かぎりない可能性を秘めています。短歌に関心をもたれた方は、「塔」に参加されることをお勧めします。あなたが、私たちとともに、新しい短歌を創り出していくことを願っています。

「塔」主宰  吉川宏志

吉川宏志

吉川 宏志

1969年、宮崎県東郷町生まれ。1987年、「京大短歌」に参加。「塔」入会。歌集に『青蝉』(現代歌人協会賞)、『海雨』(山本健吉文学賞・寺山修司短歌賞)、『燕麦』(前川佐美雄賞)など。歌書に『風景と実感』がある。京都市左京区在住。

■自選3首

・風を浴びきりきり舞いの曼珠沙華 抱きたさはときに逢いたさを越ゆ 『青蝉』

・花水木の道があれより長くても短くても愛を告げられなかった 『青蝉』

・夕雲は蛇行しており原子炉技師ワレリー・ホデムチュク遺体無し 『夜光』

概要

塔短歌会は、故高安国世(京都大学教授、ドイツ文学)によって、昭和29年に創設され、月刊誌「塔」を発行しております。高安の死後、永田和宏が主宰を継ぎ、2015年からは吉川宏志が主宰となりました。この数年、続けて新人賞作家を輩出するなど、活発な活動を展開しております。会員数は1000名余、小学生から90歳以上の方まで、また、沖縄から北海道さらに海外まで、年齢的にも地域的にも幅広い会員を擁しております。「塔」は、創刊以来の自由な気風がモットーであり、それを反映して、大学生を中心に、会員の一割を占める20~30代の若い歌人の活躍が、大きな特徴であり、また注目を集めております。

発足の言葉

僕たちは短歌を愛して集った。そして僕たちの考える短歌には自らその伝統があり規制がある。しかし僕たちはただ先人によって示された道を、芸道のように踏襲するだけで足れりとするものではない。時代時代によって人間の精神も異ることは歴史を顧れば明らかである。或る時代に確立した文学精神を模倣することに終始するのは愚である。僕たちは短歌の、抒情詩の根源に参入すると同時に、絶えず前代の批判と新しい精神への飛躍を志さねばならぬ。僕たち自身が既に来るべき次代によって批判されねばならぬ。信頼をもって集った者同志の、こうした自由な精神の交流を僕たちはここに期待する。広く豊かな心を養って、僕たちはこの困難な時期に、生活に光と力をあらしめたい。また僕たちの短歌が、常に真実を見ぬく力と、虚飾ない美の感覚とを喚起することを疑わない。

1954年高安 国世

選者の紹介

  • 永田 和宏

    1947年滋賀生まれ。「京大短歌会」で高安国世に出会い「塔」入会。歌集に『饗庭』(若山牧水賞、読売文学賞)『風位』(迢空賞、芸術選奨文部科学大臣賞)など、評論集に『表現の吃水』など。朝日歌壇選者、宮中歌会始詠進歌選者、紫綬褒章受章、講談社エッセイ賞受賞など。京都大学名誉教授。京都産業大学総合生命科学部教授。

  • 池本 一郎

    1939年鳥取県生まれ。中学時より作歌。京大在学中、高安国世に師事。61年「塔」入会。70年第一歌集『未明の翼』刊。76年帰郷。現代歌人協会・日本歌人クラブ・現代歌人集会等会員。歌集『藁の草』『樟葉』『草立』『萱鳴り』ほか。NHK学園・大阪芦屋等短歌教室講師。
    ■自選3首
    ・アパートの角曲がるまで父であるそこからポプラが一本みえる  『池本一郎歌集』
    ・あおむきに洗われている母の四肢かの始祖鳥の絵図のごとしも 『池本一郎歌集』
    ・取れるだけ取る稀有のこと月下にて我が田に水を引くうれしさは 『草立』

  • 花山多佳子

    1948年東京生まれ。昭和43年「塔短歌会」入会
    。河北新報「河北歌壇」選者。NHK学園「友の会」選者。歌集に『樹の下の椅子』『草舟』(ながらみ現代短歌賞)、『空合』、『木香薔薇』(斎藤茂吉短歌文学賞)、『胡瓜草』(小野市詩歌文学賞)、現代短歌文庫『花山多佳子歌集』『続花山多佳子歌集』。
    ■自選3首
    ・しかたなく洗面器に水をはりている今日もむごたらしき青天なれば
    ・プリクラのシールになつて落ちてゐるむすめを見たり風吹く畳に
    ・大根を探しにゆけば大根は夜の電柱に立てかけてあり

  • 栗木 京子

    1954年名古屋市生まれ。大学在学中に短歌と出会い高安国世に師事。歌集に『夏のうしろ』(読売文学賞・若山牧水賞)、『けむり水晶』(迢空賞・芸術選奨文部科学大臣賞)、『水仙の章』(斎藤茂吉短歌文学賞・前川佐美雄賞、紫綬褒章)など。歌書に『名歌集探訪』『現代女性秀歌』など。読売歌壇、婦人公論短歌欄、NHK学園友の会などの選者。
    ■自選3首
    ・観覧車回れよ回れ想ひ出は君には一日(ひとひ)我には一生(ひとよ)『水惑星』
    ・音出さぬときレコードは垂直に立てられて夜の風を聴きをり 『夏のうしろ』
    ・まはしつつ電球はづすゆふぐれは足首細き少女にもどる 『水仙の章』

  • 真中 朋久

    1964年生まれ。茨城県出身。1991年に「塔」入会、歌集『雨裂』(2001年)により現代歌人協会賞。歌集は他に『エウラキロン』(2004年)、『重力』(2009年)により寺山修司短歌賞受賞。『エフライムの岸』(2013年)。朝日カルチャーセンター講師、毎日新聞「兵庫文芸」選者。気象予報士。
    ■自選3首
    ・君が火を打てばいちめん火の海となるのであらう枯野だ俺は  『雨裂』
    ・そのかみの使徒の旅程をたどりたり海荒るる章は読み返しつつ  『エウラキロン』
    ・直言をせぬは蔑するに近きこととかつて思ひき今もしか思ふ  『重力』

  • 小林 幸子

    1945年奈良生れ。72年前登志夫に会い作歌開始。92年「ヤママユ」退会。94年塔に入会。同人誌「晶」編集発行。歌集に『夏の陽』、『枇杷のひかり』、『あまあづみ』、『千年紀』、『シラクーサ』、『場所の記憶』(葛原妙子賞受賞)、『水上の往還』。歌書に『子午線の旅人・前登志夫の風景』。
    ■自選3首
    ・草のはな咲きあふれゐる裏庭にかぞへきれない墓標が立てり  『場所の記憶』
    ・しろじろと地下房の壁に十字架の懸かりてゐたり 爪で彫られき 『場所の記憶』
    ・いくたびもここへもどらむ 八月の光のなかの線路の終り 『場所の記憶』

  • 三井 修

    1948年石川県生まれ。歌集に『砂の詩学』(現代歌人協会賞受賞)『洪水伝説』『アステカの王』『現代短歌文庫・三井修歌集』『風紋の島』(日本歌人クラブ賞受賞)『軌跡』『砂幸彦』『海図』(島木赤彦文学賞)、歌書に『永田和宏の歌』。北陸中日新聞選者。
    ■自選3首
    ・ハンドルの半ばを砂に埋めたる自転車があり肋のごとくに
    ・自らの軌跡を見つつ航くことの淋しもよ夏のボートの青年
    ・おそなつの地磁気の間(あい)を幽(かす)かなる力もて蝶は渡りゆくなり

  • 山下 洋

    1953年京都府生まれ。1977年故・工藤大悟に誘われ京大短歌会入会。翌年塔入会。歌集に『たこやき』『オリオンの横顔』。編書に工藤大悟作品集『紫紺海小曲集』。
    ■自選3首
    ・向こう岸にもぼくがいて呆然と見ているような冬河である
    ・帰りきて制服のまま寝入りたる少年は雨の匂いをまとう
    ・何かになろうとして生きてきた訳じゃない桜紅葉を見上げて思う

  • 前田 康子

    1966年兵庫県伊丹市生まれ。大学の講義で現代短歌を知り作歌を始める。歌集に『ねむそうな木』『キンノエノコロ』『色水』『黄あやめの頃』。朝日カルチャーセンター講師。
    ■自選3首
    ・紋白蝶もめんのように懐かしい畑の上を振り向かずゆく  『黄あやめの頃』
    ・携帯を片手にたたむそのなかに言葉は小さな押し花となる 『黄あやめの頃』
    ・言い返せなかった口をロバのごと動かしてみるマスクの中で (近作)

  • 江戸 雪

    高槻市出身。短歌を始めたのは二六歳のころ。歌集は『椿夜』(ながらみ現代短歌賞、大阪市さくやこの花賞)『声を聞きたい』など五冊。その他『今日から歌人!』。コープカルチャー西宮講師。
    ■自選3首
    ・傷つけたことよりずっとゆるされていたことつらく椿は立てり 『椿夜』
    ・地球儀に春のつめたき指のせてインド半島の尖りうつくし 『駒鳥』
    ・なぜ夕焼けをおぼえていたいとおもうのかあちこち揺れる樹のそばに立つ 『声を聞きたい』

  • 永田 淳

    1973年滋賀生まれ。1987年塔入会。歌集に『1/125秒』(現代歌人集会賞)『湖をさがす』。朝日カルチャー京都教室講師、京都造形芸術大学非常勤講師。
    ■自選3首
    ・可視光線可聴音域真実は落葉の上につもりゆくべし 『1/125秒』
    ・そしてまた湖を探しにゆくだろうこくりと骨を鳴らしてのちに 『湖をさがす』
    ・背伸びして腕をのばせば星がまだつかめた頃の話をしようか 『湖をさがす』

月刊誌「塔」のご紹介

毎月、会員から寄せられた短歌を、選者が選をして掲載しています。他にも、主宰が選出した作品を紹介する「新樹集」「百葉箱」や、特集、評論など充実した内容となっています。会員向けに毎月送付されるほか、ジュンク堂池袋本店(東京)、 ちくさ正文館本店(名古屋)、三月書房(京都)、葉ね文庫(大阪)で一般向けにも販売しております(1000円)。


作品欄作品は、月集・作品1・作品2・若葉集に分かれています。新しく入会された方は1年間、若葉集へ掲載されます。若葉集の欄は、下記の6名の選者が交代で選を行ない、選歌後記をつけて掲載します。各欄のイラスト2ケ所の前と後にその月の優秀作品が置かれています。

 若葉集選者  小林幸子・三井修・山下洋・江戸雪・前田康子・永田淳
 月集選者   永田和宏・池本一郎・花山多佳子・栗木京子・真中朋久
 作品1選者  永田和宏・池本一郎・花山多佳子・栗木京子・真中朋久
 作品2選者  上記選者11名
新樹集
百葉集
毎月の作品1・作品2・若葉集の全作品から、主宰が新樹集(10名)と百葉集(20首)を選出します。
風炎集表題つき20首。編集部からの依頼によるもの。
特別作品自主投稿作品。表題つき15首以上。選者は小林幸子・三井修・山下洋・江戸雪・前田康子・永田淳。
評論現代短歌論、近代短歌論、古典研究、歌人論など。自主投稿を歓迎しています。
方舟自主投稿によるエッセイ欄。
時評短歌時評、誌面時評など。
書評会員歌集についての批評、近刊歌集の紹介など。
作品評前々月の作品の批評欄。合評も含めて約25ページと充実しています。

「若葉集」について

塔短歌会の歌誌には「若葉集」という欄があります。これは、他の結社・歌誌には見られない独特なものです。これから本格的に短歌をはじめてみたいという方には最適なシステムです。

  • 若葉集の趣旨

    永田和宏(当時主宰)2005年1月号より

    お気づきのことと思うが、このところ毎月の誌上で新人の歌がきわめて多く、毎月の選歌をしていてもなかなかその歌と名前を覚えることができない。これだけ新人が多いのは活気のある証拠でうれしいことであるが、せっかく新しい仲間が加わったのだから、その新しい顔と作品をみんなに注目して欲しいと思うのである。このような思いから、本年四月号より、入会一年目のニューフェースだけの欄を新設することにした。

    「新樹集」「百葉集」に準じて「若葉集」と名づけることにする。初投稿から一年間だけ、この欄に入ってもらってお披露目をしようと、そしてその間に、みんなに名前と歌を覚えてもらおうというわけである。同期という存在はいつまでたっても特別な思いがあるわけだが、この同じ欄に名前を連ねることによって、同期という仲間意識も、そしてライバル意識も育っていくといいだろう。

  • 若葉集のメリット

    塔短歌会には現在約1,100名を超える会員が所属し、毎月の歌誌に投稿しています。そのような中では、上記説明のとおりどうしても埋没してしまって、「せっかく入会したのに」と孤独を感じてしまうかもしれません。その点、「若葉集」というのは、入会した1年目の間に所属する欄のことです。これにより入会1年目の間は、入会1年目の人たちばかりの欄の中で選者に選歌してもらうことになります。逆に言えば、若葉集という欄を見れば、すべて入会して1年未満の方なのだとどの会員からも分かるわけです。

    また、毎月の選歌の後に書かれる、選歌の評の記載分量も他の欄の2倍(自分の歌が取り上げられる可能性が2倍)になっています。

添削指導

塔短歌会には「添削部」があります。添削を希望される方には、5首以内で添削の依頼をしていただけます。
詳細は、月刊誌「塔」内にある「添削指導のご案内」をご覧ください。

ページトップへ