ブログ

昨日、平成22年度NHK全国短歌大会が行われ、一般の部の応募約24000首の中から選ばれた大賞5首に、小林真代さん(福島県)の作品が入りました。
 初めての試合は小林VS小林うちの子は負けたはうの小林
おめでとうございます。
大会の模様は、2月6日(日)午後3時よりNHK教育テレビにて放送されるとのことです。

コメントを残す

  • 水野洋一 より:

    私は今回は応募するのを忘れておりましたが、福島から高速バスで東京に行き出席しました。入場券はありましたので。一番驚いたのは、いつも仙台歌会で一緒の小林真代さんがNHK全国短歌大賞に輝いたことです。作品は【初めての試合は小林vs小林うちの子は負けたはうの小林】
    馬場あき子先生と俵万智さんから、
    特選に選ばれました。仲間として、
    大感激でした。
    また、宇治市の山下裕美さんは、今年からNHK短歌大賞が、選者別の
    大賞となった最初の年度で、今野寿
    美賞を受賞されました心よりお喜びを申し上げます。作品は
    【海からの転校生は黒板を全部使って名前を書けり】選者がていねいに
    解説していただいたのが非常に印象的でした。会場では小林幸子先生、
    佐藤南任子さん、永田淳さん花山周子さんにお会いすることができました。数千人が集まったNHKホールなので挨拶できなかった方にはご容赦を水野洋一

  • さとうなみこ より:

    すみません。NHK学園のすることは交通費が出ないところがネックです。いつの年も塔の方が大勢入賞するので自分のことではないのに得意です。ちなみに私は10年くらい投稿しましたが秀作止まりで、ついに登壇はできませんでした。裕子先生に
    結句の力がぬける、と言われたのも
    そのころからです。印刷物で選歌されるのですが歌の作りからすぐ誰らしいというのはわかるみたいでした。

  • 永田淳 より:

    野島光世さんも特選に入ってましたよ。永田和宏選(笑)。
    もちろん、匿名での入選ですよ。
    他にも塔の方は入選多数。お名前を挙げるとキリがありませんが。
    当日はNHKホールで行商していたのですが、毎年顔を見せてくださっていた塩谷いさむさんがお亡くなりになられ、寂しいものでした。

  • 松村正直 より:

    石川県の山上秋恵さんも「NHK短歌」大賞(加藤治郎賞)を受賞されました。おめでとうございます。

  • 中村 より:

    小林&山下さん、おめでとうございます。私は残念ながら今年も入選止まりです…トホホ。どうも自分には短歌の才能が無いような気がします。始めたのが30すぎと、他の人より遅いスタートだったからな〜

  • 小林真代 より:

    ありがとうございます。
    大会直前まで大賞とは教えてもらえなかったので、心底びっくりしました。
    長く長く短歌を続けていきたいので、これからもよろしくお願いします。

  • やましたひろみ より:

    さとうなみこさん、ありがとうございます。交通費は自分持ちと聞いて出席を断念してしまいました…。
    小林真代さん、おめでとうございます!いきいきとした、とてもいいお作品だと思いました。
    さとうさん、歌紙「うらおもて」拝読しました。お歌もエッセイも読み応えたっぷりで、2も楽しみにしています〜。

  • さとうなみこ より:

    小林さんに声をかける時間がありませんでしたがおめでとうございます。この様子は2月6日の午後三時から教育テレビで放映されます。いつもと違い早朝ではないので見てください。ご欠席でしたが京都の山下裕美さんもNHK短歌大賞を受けておられます。

ページトップへ