ブログ

tower

「天網」というのは、悪人や悪事をのがさないように、天が張りめぐらした網のことで「老子」に出て来るが、近年ではこれを「インターネット網」のこととして言及されることもあるが……と思いながら、坂井修一さんの子の作品も、既に20年以上前のものだったのかと、すこし感慨深い。

英雄の尿(いばり)のごとくかがやくは天網かはたインターネット/坂井修一『スピリチュアル』

デジタルの、しかもどこでも接続できる携帯電話であったり無線LANであったりというのが当たり前になってきたが、それ以前の、通信手段といえば「電話」であった。ふだんの生活と関係するのは公衆回線網であり、同じしくみで通信経路を固定した専用線上に、役所や銀行のシステムが構築され、テレビ局の中継通信なども行われた。

市内の電話回線は電柱にかけた電線。中・長距離はマイクロ回線。

太い網のつなぎ目が鉄塔(のある建物の中の設備)。細かい網は町の中の電柱を張り渡した電線の束で、ところどころに電線を繋ぎ合わせるボックスなどが吊られていた。

マイクロ回線というのは、無線。無線というと、どこでもつながるような印象があるけれど、大容量の通信を行うためには、基本はパラボラアンテナとパラボラアンテナが対向する必要があるから通信経路は直線。その直線を中継局で中継してゆくことになる。

電話局には大きな鉄塔が立って、その上に所せましと巨大なパラボラアンテナが、あちらこちらを向いていたのだ。

こういう鉄塔があることが、役所か電話局の目印のようでもあった。

いま、高速・大容量の回線は、ほとんどが地上(といっても、たいてい地下だが)光ファイバーによるものとなった。だから鉄塔の上のパラボラアンテナもおおかた撤去されて、携帯電話網のための鉄塔と化しているものが多い。

   *

ところで、電話網や電話局の作品を拾っていたら、こういうものも見付けた。1962年の歌集。

窓透きて立つ電話局夜のふけを自動交換の灯が点滅す/高安国世『街上』

電話回線網の草創期は、人手による接続。電話交換手(多くは若い女性)に口頭で呼び出し先を告げてつないでもらうしくみ。これが日本では関東大震災以降、大都市の市内回線が自働交換機に置き換えられてゆく。
自動交換機もいくつか世代があるようだが、市外通話も含めて自動交換機による接続が完了するのは1970年代の後半だという。

「自動交換」などというところに関心がゆくのは、まだ新鮮なことだったのだろう。

それと、こういった機械の稼働が、窓から(ブラインド越しに?)見えるというのは、長閑な時代だったのだとも思う。

通信網のような重要なインフラは、耐震性のある建物の、窓のない部屋や地下室で厳重に運用されていて、こんなふうに目に触れることはほとんどない。

   *

「老子」のそれは理念としてのそれ。だが、情報網をいかにかいくぐるかということが地上勢力の「戦場」にもなるし、秩序を保たなければいけない立場にしてみたら、監視しなければならない、という考え方も出て来るものだ。是非や効果は別問題だが。

コメントを残す

  • 黒田長宏 より:

    携帯や電子メールやLINEなどが無い時代には、交際相手の家に電話したら親が出て恐縮しながら親と話をしたとか、なぜ電話してしまうのか冷静に考えると変なのだが、交際したい相手の電話番号を知る事が出来ると、家族が出たらどうしようなどと言う思いも重なって緊張しながら電話してしまったら、親が出て、娘に何用だと怒られたとか。

    1990年代。通信手段が個人から個人に直接不便無く出来てしまう時代が来てしまった。そして、家族という壁の存在はますます薄れて、目標の異性との関係だけがインスタントに出来上がってしまうようになった。自由すぎる節度無き関係が生じやすくもなった。

    インターネットはこじれた相手の裸の写真を不特定多数にばらまいてしまったり、知らない悪質な男、または悪質な女に誘い出されて命まで奪われてしまう事件さえ起こすようになってしまった。

    一方でネットが無かったら出会っていなかったであろう夫婦の出会い方もある。

    「天が張りめぐらした網」は、網自体は無意識なままに、多くの男女にいたずらをする。

    男女に限らずとも、肉眼で見て接近して語った事のない人達とも、昔からの知り合いであるように思ってしまいながら、ブログやコメントが行き交わされていたりもする。

    • 黒田長宏 より:

      性教育の事しか考えていないので前回はまた堅いコメントをしてしまったが、また堅いなどと言うと下ネタなのかと誤解されそうだが、日本語の構造がそうなっているので仕方がない。今回はただ、真中さん、それはてんきの話じゃなくてでんきの話でしょというツッコミが脳裏に閃いてしまったため、その為だけにまたコメントをしてしまった。私も50歳を目前にして、ずっとADSLとスカパー!でやって来たのだが、わけあって、光ファイバーとひかりTVにチェンジする事にして待っているところである。ダイアルアップ接続とパソコン通信から、まだまだそういう所だけは進歩の余地があるようだ。個人的にはもう発展しそうには無い。

      • 黒田長宏 より:

        今日の勤務を終えると、いよいよ明日の午前中に光ファイバーの工事が来る。思えば、高倉健の富士通の大きなパソコンと電話線を繋いだらパソコンからサイトが出て来た衝撃から、たしかダイアルアップ、ISDNと通過して、Yahoo!が大宣伝していたADSLにしてから随分経過して、このまま行くかと思っていたら、事情で詳細は述べないが、私はもうADSLで不都合なく、観たいのは私では無かったのだが、Jリーグがスカパー!で放映しなくなるのだが、観る方法が変わったというので、それがダ・ゾーンだった。ラ・セゾンはアンルイスだった。それで突然光ファイバーに進出する事になってしまった。ここ1、2か月はその準備で買い物をいろいろした。いよいよ明日か。

        • 黒田長宏 より:

          ほんのわずかの齧る程度ではある事の、1995年にはネットサーフィンをしていた為、短歌周辺についても、ネット歌人とかそういうスタイルでやっている人達の活動を垣間見た事も途切れ途切れにあった者だが、10年ぶり以上か、検索してみたら、題詠マラソンとか言っていたと思う、大勢がやっていて派手に思えた企画もFacebookに移動して13年位も続けているらしいし、短歌人では、参加は加盟者だけだが閲覧は誰でも可能という歌会をしているというのも、情報洪水の中から残り続ける河沼のようなものなのだろうか。

          ADSLとスカパーの新基本セットで長年の間不満も無く、これからもそのネット環境でいるのだろうと思っていたことさえ思っていなかった時に、詳細は省略するが、周辺からJリーグがスカパー!で観られなくなってしまったという変化が起きて、私はJリーグの公式戦も特に観ないので関係無かったのだが、リクエストとしてそういう流れが来てしまい、とうとう光ファイバーに移行する事を決断し、ここ1ヵ月はそれが刺激的だった。科学技術は不都合を解明しないと達成出来ないからである。ダイアルアップ接続の時代から始まり、ISDN、ADSLとやってきて、それぞれ設定には壁が生じて、それを突破しなければネットを観られないという経験はしてきた事の、今回も幾つもの壁にぶち当たり、カスタマーセンターの人達10人近くにお世話になりながらも、私的にはこれでいいやくらいの移行が出来たように思う。詳しい人にはまだ不満なレベルなのかも知れないが、知らぬが仏である。

          Jリーグをネットで観るのは、正式名称は面倒なので自己流に書いてしまうが、「ダ・ゾーン」で観なければならない事になり、ADSLのパワーでは足りなかったが、しかも観るのは私では無いので無線にするしかないので、ひかりファイバーにしたのだったが、その達成と、アマゾンのファイアスティックというのを選択した。中継器というのも知り、途中に置いた。動いた。当初の目的は達成である。

          私にとっては副産物のほうが大事だった。「ダ・ゾーン」も2つまで同時に観られるので私も別の画面から観られるし、サッカー以外もあるのだが、ひかりファイバーのプロバイダーをぷららにしたのも大きいと思う。最初、auひかりにしたのに、裏切ってしまった。それはひかりTVの内容が若干違うからであった。スカパー!の新基本パックにあってない番組があるので困るのだったが、ぷららだとひかりTVに同時加入したら割引があったのだ。それだと、ADSLとスカパー!と新基本パックの組み合わせの料金よりも光ファイバーになるのに、安くなってしまうか同等くらいになってしまうのだ。問題は、結局は料金の兼ね合いになっていく。

          今から思えば、auでも同じような展開になれたのだったが、それでもひかりTVでも洋楽の分野が弱く、それを補充というか続行したくてスカパーの5番組選択で併用する欲望が残り、結局、1000円か2000円以前よりネット使用料が高くなってしまったが、チャンネルが増えたし、光ファイバーなのだから、同額を目指した時点で贅沢でもあった。

          おまけに、ひかりTVは、一つの契約でトリプルチューナーなら別の場所でも観られる。光ボックスプラスという装置でそれも出来るようになった。しかし、母があまり興味を示さず活用出来ていない。妻が出ていかねば観ただろうに。

          あとでチューニングをしなおしたら出てしまったようだが、アナログ録画機械から、
          NHKだけが観られず、10年以上、NHKだけ録画出来なかったのに、結局出来るようになったようだが、ひかりテレビなら地上波も観られる。これにも壁が出来ていて、ルーターにあるチェックを入れないと観られないのだったが、なぜか事前に予知していてカスタマーセンターに教わらずに出来た。auひかりでは地上波は観られない。よってNHK録画を目指してauでなくて良いのだと思っていたのだが、従来の情報環境でもチューニングしていたら録画出来ていたのか・・・。

          録画面でも、DVDで十分だったのだが、ひかりTVからの録画はブルーレイである必要があり、ブルーレイの書き込みからプレイヤーまである機械は、東芝が出したが東芝が原発でずっこけたからか、その機械も販売中止で、それに中古でも3万円以上もする。東芝製品は原発を止めないと買いたくないから家には東芝製品が無いし、不便なのだが、ソニーがパソコンからテレビを観たり録画出来るPCTVplusというソフトがあり、それなら3千円で得られる。2週間はお試し期間になっている。それと、書き込みの装置を買い、プレイヤーを買い、それぞれ一番安いクラスで買い、とうとうDVDの人から、ブルーレイも併用する人になってしまった。50歳目前でである。

          こんなにネット環境が劇的に変えたのだから、いっその事と思い、テレビで大画面でダゾーンもdtvも観てやろうと思い、ファインスティックの新型も出るということでそれでも良かったのだが、ドスパラのスティック型パソコンマウスキーボード付きというのがあって、そこから観られると思い、そっちまで買ってしまった。分割払いでである。

          ADSLの最高12Mまでのものが、ひかりだと100Mとか200Mとか日中に出たりすると数字は怖いと思ったが、夜は極端に落ちてしまい、1M以下になってしまうのだが、なぜかひかりTVは動く。dtvはダゾーンと合わせると200円か300円か忘れたが安くなる。dtvは無線だと止まった。しかし、有線にしたら、動いた。途中止まったが、クリックし直すと再開し、動いたままのところで眠くなってやめた。日中は問題ない。余計なくらいのパワーだ。2度もファイアスティックの新型の予約をしながらキャンセルした。今のところ、この判断で良かったと思うのだが。贅沢な悩みである。

          このように、お金が無いと選択肢を非常に気にするしかない。お金持ちだったら、別に何人も設定してくれるプロを呼んで金を払って設定してもらっていいし、ひかりTVとスカパー!の新基本パックを併用してしまうという壮大な無駄をしてもいいし、
          購入する装置も最先端で一番良いものを買えば良いし、そもそも、光ファイバーの契約を2つすれば良いわけである。

          お金さえあれば何も考える事など無い。金を払って思う存分楽しめるのである。

          そういう人生はもう、望むことは無理だ。

          どうしたら安く達成できるか、それでも無駄を生じながら、苦心して判断して選択して臨むしか無いのである。それでも今回の出来事は贅沢で刺激があった。こういうのを創れてしまう人達とは頭脳に雲泥の格差がある事の、自分自身のネット環境を達成するために壁を破る体験は面白い事だった。目的は番組を観て楽しむ事なのに、もう疲れてしまい、刺激も過ぎてしまった。自己満足の為に情報洪水にどっぷり浸っても、社会の為になっているのだろうか?と思うような気持ちから、こうしてネットに書くことで、なにかヒントになっていただけたらと、教わるだけの年齢では本来無くなってしまった年齢に於いて思い、そういう気持ちで文章に記す。本当は社会の大勢では無くて、こうした私のような拙い人生経験でも我が子くらいに伝えらえたら人生成功だったのかも知れないが、いまだ我が子さえ存在せず、妻とは勝ち目のないような確率での最高裁上告に臨んでいる。そんな中で、ADSLからひかりファイバー、FTTHと言うべきなのか?それにしたのは楽しいタイミングだったし、今後も頑張って生きていかねばいけないと思う。

ページトップへ