ブログ

(神戸の休日①の続き)

写真 2018-05-20 11 40 56 - コピー

写真 2018-05-20 12 07 29 - コピー

というわけで、目的その②は、ほっともっとフィールド神戸に行くこと、でした。
お目当ては、プロ野球のオリックス・バファローズvs埼玉西武ライオンズの試合です。

ほっともっとフィールド神戸は、私が行ったことがある中で、一番好きな球場です。
(そんなにたくさんの球場に行ったことがあるわけではありませんが。)
土と天然芝のグラウンドは、それはそれは美しい!
特に、こんなよく晴れた日の眺めは最高です。

この球場はオリックス・バファローズの準本拠地球場。
ただし、私は埼玉西武ライオンズの30年来の大ファンです。
(注:埼玉生まれの埼玉育ちなのです。)
なので、来るのはもっぱらライオンズ戦。

しかし、残念なことにここでライオンズ戦があるのは、せいぜい年に1~2度。
今年は、この土日の2連戦だけ(あとは全部京セラドーム大阪)。
なので、今回は少々無理をして、この日曜日に来たのです。

観戦した席からの眺めは、こんな感じです。

写真 2018-05-20 11 37 47 - コピー

私のお気に入りの、3塁側フィールドシートです!
フィールドシートは、グラウンドレベルで、つまり選手が実際に試合をするのと同じ視線で見ることのできる座席で、フェンスやネットもないので、ここで試合を見ると本当に迫力があります。
ちなみに、今でこそ様々な球場にフィールドシートがありますが、日本で初めてフィールドシートを導入したのは、このほっともっとフィールド神戸です。

プロ野球の試合前の練習は、通常、ホームチーム→ビジターチームの順番なので、開門したときにはビジターチームの選手が練習しています。
なので、贔屓のチームがビジターの試合を見に行くのは、実は練習風景を見ることができて、ちょっぴりお得なのです。
でも、普段はテレビの中でしか見たことのない選手やコーチたちが、目の前で練習していたり、誰かと話していたり、ウロウロしていたりするのを見るのは、とても不思議な感じがして、なんだか現実感がありません。
陳腐な言葉ですが「夢の中の世界」といった感じがしてしまいます。

写真 2018-05-20 11 38 02 - コピー

それとフィールドシートで観戦することの特典のひとつは、運がよければ選手にサインしてもらえることです!
時間がある選手は(中継ぎのピッチャーが多いですが)、比較的丁寧にファンに接してくれて、時間が許す限りサインにも応じてくれます。
声を掛けるのはちょっと、否かなり緊張しますが、本当にうれしいですよ。

試合中は、当然のことながらファウルボールが飛んでくることもあります。
この試合では、ライオンズのメヒア選手が打ったライナー性のファウルボールが、もの凄い低さとスピードで突き刺さるがごとく飛んできて、もの凄く怖かったです。
運良く、座席ではなく、座席と座席の間の通路に飛んだので、誰にも当たらず済みましたが。

試合は、残念ながらライオンズが負けてしまいましたが、お天気にも恵まれて、神戸の休日②を十分堪能させてもらいました。
来年もまた見に行けたらいいな。

コメントを残す

  • 大橋春人 より:

    サザンのライブの前に入りましたが、グラウンドと観客席の距離が近くていい球場ですよね。
    なかなかスタジアムまで行けないのが残念です…。もっぱらDAZN観戦です(笑)

    • 小川和恵 より:

      >大橋さん
      そうなんです!グラウンドと客席が近いのが、本当にいい感じ。
      今回行ったのはデーゲームでしたが、ナイターはナイターで、またいいんですよ。
      夏の花火ナイターとかは、最高です(屋外の球場ならでは!)

      でも、なかなか行けないですよね…。
      私も、普段はスカパー!頼みです。

ページトップへ