ブログ

_DSC8421

河野裕子短歌賞の応募締め切り(8月21日)が近づいております。皆様、ぜひこぞってご応募ください。応募用紙は「塔」6月号に同封いたしましたが、なければ

https://www.eventscramble.jp/e/kawano

にてダウンロードできます。昨日から宣伝(昨日は自分の誕生日の宣伝)ばかりで申し訳ありません。私の誕生日プレゼントだと思って応募してください!(笑)

金曜日は毎週恒例のバスケ自主練の日です。5年ほど前から子供の学校のPTAのバスケ同好会に入っております。ここしばらく右膝および右脚が痛くて自粛していたのですが、一昨日に整体に行ってだいぶよくなってきたので再開です。
小学校5〜6年生の頃に近所をボールをつきながら歩いていたぐらいで、中学に入って1年間だけバスケットボール部に入ってました。経験はそれだけで、30年ほどの時を隔てて新たに始めました。

ってことで、10月号の選歌後記が書けたら行くのだ!

コメントを残す

  • 永田淳 より:

    今年の命日、父はドイツ→フィンランド→ドイツと学会に行っている最中でした。亡くなった時刻の夜の8時頃、「今、ドイツの空港に着いたところで飛行機の中」と電話がかかってきました。皆さんに覚えていただけているのは有り難いことですね。
    今日もバスケに行きます!

  • 藤田咲 より:

    PTAのバスケ同好会って、すてきですね。
    …今日は、河野裕子さんの命日ですね…。
    私が初めて自分で買った歌集は、河野裕子さんの『蝉声』でした。(「せみ」の字が正しく変換できませんでした(^^;)
    残念ながら一度もお目にかかれませんでしたが、お母さまの歌集やエッセーなどを読むのがとても楽しみでした。たくさんの人の心の中に、お母さまは今も生き続けていらっしゃるのですね。

ページトップへ