ブログ

山上憶良賞

第5回山上憶良短歌賞、現在、作品募集中です。
締切は11月30日、テーマは「家族」。
選者は永田和宏氏ほかです。

来年3月26日には永田さんの講演会と表彰式が
鳥取県倉吉市で行われる予定となっています。

コメントを残す

  • 濱田 道子 より:

    家猫がずでんと横に寝ころんで家族であると主張している

  • 黒田長宏 より:

    選ばれる短歌の予想をするとあたたかな作品群となるだろうが、現実は、3組に1組が離婚となり、子供は援助交際をしたり、風俗店でバイトしたり、不倫だの、子供はいらないだのと言う人たちが、戦後、大家族を分解して自由な恋愛からの核家族化にしようとしながら、それが男女間の虚無的な恋愛の延長のような、付いて離れる社会になってしまった所に、増大してしまったように思える。そんな人たちの増えた中で、あたたかな作品群は何を意味し、そんな人たちに何を与えられるだろうか。憶良の時代のほうがよほど不自由だっただろうに。

ページトップへ