ブログ

「塔」3月号の百葉集に選ばれている
「しらさぎ」は吹矢のごとく降る雪を逃れて北陸トンネルに入る
                   石橋泰奈

が、あちこちで話題になっているようです。
・岡部史のおかしな日々(3月24日)
  http://fumiokabe.blog.so-net.ne.jp/2015-03-24
・山と短歌が好きなちょっと変わった税理士の「つれづれ日記」
 (3月26日)http://sekino.ldblog.jp/archives/43357564.html
・黒田英雄の安輝素日記(4月7日)
  http://hideo.269g.net/article/19357437.html
実は、先月の割付・再校作業でも、この歌の解釈をめぐって議論になりました。確かに両論ともに一理あって、歌の読みは面白いですね。
今月から、吉川宏志さんを中心に、京都旧月歌会が終った後に事務所で「百葉集・新樹集を読む会」が始まります。前月号の百葉集・新樹集の歌について、参加者で意見交換をしようというものです。
初回は4月18日(土)17:15頃より。
「塔」3月号の百葉集・新樹集の歌について語り合います。
皆さん、どうぞご参加下さい。

コメントを残す

  • 松村正直 より:

    清水さん、コメントありがとうございます。
    選歌後記については特に指示や申し合わせがあったわけではないのですが、選者の方が工夫されているのでしょうね。

  • 清水良郎 より:

    ここ数カ月、「選歌後記」欄に具体的な助言、改善点の指摘が多く書かれるようになった。とてもいいと思う。

  • 松村正直 より:

    くぼさん、ありがとうございます。
    17:15頃です。
    訂正しておきました。

  • くぼしげき より:

    初回は4月18日(土)15:15頃より。になっています。
    17:15ころより。ではないでしょうか。
    老婆心ながら・・・。

ページトップへ