ブログ

田中栄さんの遺歌集『海峡の光』には、岬町の身近な風景を詠んだ歌が数多くある。田中さんのお宅を訪ねた後に読むと、一層心にしみる。
  冬海の岸に溜まれる水澄みて今日も映せり妻との歩み
  港のうち繋がれし漁船きしみつつ積まれし蛸壺に冬の日がさす
  定期航路なくなりし港しずまりて水母漂う西日に透きて
  わが歩行の町なかにある鉄工所いつか閉され赤銹流す
  廃線になるかも知れずふるさとの鉄路のうえを歩く鶺鴒

南海多奈川線は、みさき公園駅〜多奈川駅の2.6キロの短い路線。2両編成のワンマン電車が往復運転をしている。途中に深日町駅、深日港駅の二駅があり、かつてはこの深日港(ふけこう)から淡路島や徳島へ向かう定期船が出ていたそうだ。
『海峡の光』(3500円)はまだ在庫があるので、お読みになりたい方はお知らせ下さい。

コメントを残す

  • 中村 より:

    深日港は有名ですよね〜
    まわりにいる淡路島や四国出身者がたまに懐かしそうに深日の思い出をたまに話します。

  • 花山周子 より:

    写真いいですね。
    行ったことがないだけに、
    ありがたいです。
    集中には「妻」を詠った印象深い歌も多くありますね。
    妻逝きて残されしわれを想像す「死に上手」などある筈がなし
    「妻」が病んだときの歌なのですが、
    時間が経った今読むと、感慨深く思います。

ページトップへ