ブログ

 狭いベランダの鉢に「ボリジ」というハーブの種を植えてみました。
投稿歌のなかにボリジがこぼれ種で咲いたという歌があり、そんなに元気な植物なんだと、気になっていました。
茎、葉は剛毛が生えますが、(ボリジは剛毛の意)花は美しい青で「マドンナブルー」「スターフラワー」ともいうらしいです。
古代の十字軍が遠征のときにこの花をワインに浮かべて飲んだらしいです。
ケルト語では「勇気」、ウェールズ語では「喜びの草」で効能はいろいろあり、抗欝剤的な成分があり、関節痛ややけど、アトピーなどの皮膚疾患にもいいらしい。
剛毛といえば、私はズッキーニが好きなんですが、ズッキーニの生えているところを初めて見たときは驚きました。剛毛の葉がワーッと生えてズッキーニがにょきーと実ってました。(京都府立植物園の入口に何となく植えてある)
ボリジの育つ速度は、ヒマワリなみで毎日観察するのが楽しいです。

コメントを残す

  • maeda より:

    谷口さん〜種がたくさんできるみたいですよ!花が咲く日が私も楽しみです。
    えみさん〜花は砂糖漬けにしたりアイスキューブやポプリにもできます。早く咲かんかなあ・・・。私はのほほん人間なので花さえあれば生きてゆけます・・。

  • Emi より:

    あれれ 名前が何度打ち込んでもeになってしまいました。Emiです(^^ゞ

  • e より:

     
    どんな花姿なのかとても気になったので早速検索してみました。
    その姿(色)を見て納得。
    とてもさわやかなブルーは、前田さんのイメージととてもよく似合っているお花だなあ〜と思いました♪
    〜ボリジブルーは前田さんブルー〜
    このお花にまつわる古代ギリシャの兵士のエピソードに触れ、先日の歌会でのお言葉がよみがえってきました。
    「この歌はココで勝負しにきている」
    私は「この歌(この歌のこの部分)で勝負する」なんて考えたこともなかったので、目からウロコでした。
    このお花のチョイスといい、もしかしたら前田さんも今、全エネルギーを傾け、何かに「勝負」されているのかとその意気込みも感じられました♪(見習わねば^^;)
    お花の収穫後にはお風呂に浮かべるのですか?

  • 谷口純子 より:

    数ヶ月前、苗で買ったボリジは五月になってからぐんぐん伸びて、あっという間に青ムラサキの星形の花をつけました。五枚の花弁に茶色の尖った萼が添い、黒い柱頭(よく見ると濃い紫)がつんと立っていて小粋です。アールグレイの香りがする筈なのですが、いまのところちょっと期待はずれ。

ページトップへ